嬉しいことが重なりました

 先輩に贈った賀状、後輩に贈った賀状、それぞれを自分が開いているブログで紹介してくれていたのです。

 先輩は、既に80歳をこえておられるが時事評論も交えたユニークなブログを開いておられる方です。昨年は「80歳からのブログ」と題して本にまとめられたほどの健筆家です。1月5日付のブログである会合の模様を紹介して次のように書いておられます。
● 私は自己紹介のなかで、ある友人が年賀状で私のことを「光輝好例者」と書いてくれたことを紹介した。一瞬、ざわめきを感じた。念のため全文を記しておこう。「よき我らが先輩!!今年も光輝好例者でいてください」という励ましである。

 もう一つはまだ若い、いつも生真面目に頑張っている女性です。「月光仮面」とは少し面はゆいけれど、こんな文章です。
● お世話になっている先輩から年賀状が届きました。「ゆっくり!!のびのび!!元気に!!いきいき!!あわてず!!さわがず!!歩いて行こう!!」と書かれていました。困った時の、私の「月光仮面」からの言葉です。おっちょこちょいであわてんぼな私。ちょっとしたことで慌てふためいたり元気をなくしたり…そんな私を見てきての言葉だと分かります。

 80代の先輩、30代の後輩、その真ん中辺りにいる60代のボク、世代を超えて心通う嬉しさを味わいました。
by itya-tyan | 2009-01-08 17:01 | 喜怒哀楽をともに… | Trackback | Comments(1)
トラックバックURL : http://isao3264.exblog.jp/tb/10161777
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 471 at 2009-01-28 00:26 x
 おおっ…!ウレシイこと書いてくれてるじゃあ~りませんか!
 年代を超えて心が通うのは、違う場所で違った課題に取り組み、違う時間を過しながらも、政治革新という一つの目標をめざして頑張っているからなんですね…。そういう関係を持てる豊かさに、じわっと嬉しい気持ちを感じます。