新潟・佐渡、4泊5日の旅

 11月1日から5日にかけて4泊5日の旅をしてきました。
 目当ては佐渡ですが、1日は旧知のIさん夫妻宅に前泊。当日は酒蔵での「紅葉コンサート」でジャズの歴史を辿り、童謡や叙情歌のアレンジしたものを鑑賞しました。
 佐渡は初めて。もう行くことが無いかも知れないので、2泊3日はとりたいと所望し、Iさんの企画にまかせて、何から何までお世話になり、さながら大名旅行の風情でした。
 2日に新潟港から両津港へフェリーで渡り(2時間半)、内海府(うちかいふ)海岸、外海府(そとかいふ)海岸を経て、七浦海岸、相川の民宿で一泊。3日は七浦海岸から真野湾を経て小木港で旅館泊。4日は小木港から矢島・経島、宿根木を経て国仲平野、両津港というコースです。
 天候は心配していた通り、2日、3日は大荒れ。冷気厳しく、雨あり、風あり、霰も雪も虹も見るという多彩さ。おかげで「海は荒海、向こうは佐渡よ!」という気分、日本海の冬の海を充分に堪能できました。4日はうってかわって好天気。同じ佐渡でもこんなに違うのかと思うほど…。
 Iさんの名ガイド、名ドライバーのおかげで見学、体験できたことの数々。感謝に堪えません。詳しくは書けませんが、記憶の断片を記しておきます。
 先ず弾崎灯台(はじきざき…)、「喜びも悲しみも幾年月」の銅像と歌に迎えられる。二つ亀、大野亀、どちらも岩の島。外海府の岩礁、奇岩の見事な景観。佐渡金山の坑道めぐり。七海海岸夫婦岩。大膳神社・能舞台に上がり込み狂言の真似をして戯れる。妙宣寺・五重塔。佐渡博物館。佐渡歴史伝説館。西三川ゴールドパーク、砂金拾い体験。小木港・たらい舟、漕げたよ!矢島・経島ではおけさ柿をご馳走になったうえ、4つ買って5つ貰う。宿根木の町並み(重伝建)、公開民家「清九郎」見学。案内してくれた80歳の女性が「貧富の差の大きい町だった」という。「世捨て道」などという通りもある。佐渡文弥人形芝居、当日は山椒大夫を鑑賞。人形を操り写真を撮って貰う。トキの森公園、ケージのトキにしばし見入る。学名nipponia ・nipponと言うのに日本産は絶滅、中国から寄贈をうけたトキしかいない。広大な国仲平野、島の中とは思えないほど大きな平野だ。加茂湖(汽水湖か)を経て両津港に至る。
 5日は後泊の後、I夫人の指図で手作りパン焼き。昼弁当に持ち帰り、車中で食す。およそ7時間の行程ですが、余裕をみて出発できたので夕方6時半には家に着いていました。
 
 
by itya-tyan | 2009-11-07 15:45 | 喜怒哀楽をともに… | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://isao3264.exblog.jp/tb/12279894
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 咲月 at 2009-11-16 07:37 x
「海は荒海、向こうは佐渡よ~」日本海の荒海を体験出来たようで 逆に生憎のお天気も良かったのかもしれませんね^^
地元のお知り合いが居れば 一般の観光とは違った配慮があって それもまた素敵な思い出になりますね^^ 文面からとても良い思い出になったことが伝わってきます~~(^^♪

文弥人形 操ってる写真でも拝見したいところですが~~^^

それでは また♪

 
Commented by itya-tyan at 2009-11-18 15:50
咲月さん! 確かに、旅は地元の人の案内にかぎりますねぇ!楽しい、有意義な旅でした。写真のアップはあらてめて…。   啓白 m(_ _)m