致仕

 致仕(ちし・チジとも)という言葉を見つけました。致死ではありません!
 今夏65歳を迎えてしばし…。嘱託とはいえ「もう辞めないと…」と思い、何度も「後釜を探して欲しい」と言うのですが取りあってくれません。「断固とした辞意表明をしないからだ!」、「お前が辞めさえすれば後釜は見つかる(思い上がるな!)」と叱責に近いアドバイスをしてくれる仲間や先輩も少なからず…。進退に思いを致す昨今なのです。
 気がかりで、年齢を表す言葉を探して見ました。還暦、つまり60歳。干支の12×5=60は馴染み深いのですが…。65歳にはそれらしい言葉がありません。ならば、12×6=72には何か表現があるのかと探したのが動機でした。72歳にもそれらしい言葉がありません。
 代わりにでてきたのが70歳を表す言葉の幾つか…。古希はよく知られています。「人生七十古来稀なり」(杜甫)です。さらに致仕という言葉が出てきました。「昔は七十歳が退官の年齢であった」、致仕とは「70歳のこと。官職を辞めるという意」、「大夫は七十にして事を致す(職を辞する)」(礼記)などとあります。
 そ〜かぁ〜! 70までねぇ! あと4〜5年かぁ〜! 何やら観念しそうな昨今なのです。
 
by itya-tyan | 2009-12-08 22:24 | 喜怒哀楽をともに… | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://isao3264.exblog.jp/tb/12465528
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。