「一生懸命」の真意

☆ 平和運動を世界に拡大させ、憲法9条を守り武器を捨てた「平和の国」としての日本を世界に訴えることを目指しています。
 また、日本の若者の成熟を期して、選挙権を18歳とする運動を始めたいのです。さらに、… 10年後に沖縄の米軍基地の撤退が実現されるための活動も展開します。
 このように、私にはいろいろな目標があり、課題も待ち受けています。これが「一生懸命」の真意なのだと思います。


 今朝届いた朝日新聞「99歳私の証 あるがまま行く」欄の日野原重明さんの言葉だ。今年100歳を迎えられるという。「これからの10年をめどに、私の人生のマラソンが始まりました」と「10年先まで」のプラン、決意を示しておられる。
 いたく感銘を受けた。憲法9条・平和を守る。18歳選挙権。米軍基地撤退。もちろんボクも志を同じくする。が、100歳を迎える方の決意は重く受けとめなければならない。
 「私にとって今年は新世紀の始まり、颯爽(さっそう)と走りだそう!」との結びには勇気をいただいた。
 ボクなりの決意も固め直したい。

 
by itya-tyan | 2011-01-15 14:31 | 喜怒哀楽をともに… | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://isao3264.exblog.jp/tb/14752408
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。