菅改造内閣は発足したけれど…!

☆ この声はどうなった? 単なるガス抜きだった?

●小沢元代表を敵と思っているのか、味方と思っているのか。
●党の内輪もめの印象を与えている。
●マニフェストに書いてないことをやって、書いてあることをやらず消費税増税というのは国民をバカにした話だ。
●政権交代は新自由主義との決別だった。今は新自由主義に戻っているのではないか。
●私たちは財源が生み出せると説明してきたが、本当にできるのか。
●総選挙でマニフェストを掲げて戦い、その約束を簡単に「検証しましょう」というのでは困る
☆ 12日の民主党両院議員総会の席上、菅総理をつきあげた議員達の声です。それなりに理屈が通っているように聞こえる意見もあったのだが…。この声が改造内閣に生かされたとはとても言えまい。

☆ 頂けないねぇ…、このぼやき!

●まじめに国会対応に集中しすぎたことが反省です
☆ 12日全国幹事長会議での菅首相発言。国会は国権の最高機関なのですぞ!真面目に国会対応に集中し、国民の願いや要望に応えて欲しいものです。

☆ 民主党!ここを問いたい!

●衆院選マニフェストの修正もありうる。
●マニフェストより上位概念となる綱領が必要だ。
☆ 「政権公約」すら投げ捨てて、「上位概念となる綱領」で結束できる党だというのかなぁ…? 
 実際にやっている通りに書けば「アメリカには逆らわない」、「財界のいうことを聞く」ということになってしまうでしょ!
 そう言えば、今回入閣した与謝野氏はかつて民主党のマニフェストについて「ほとんどが空想、だまし絵の世界だ」「選挙用の疑似餌みたいなもの」と酷評していたという報道もある。

☆ フェアでないマスメディアの誘導

☆ マスメディアはどうか?
 政治とカネ(小沢問題)の決着はいうが、消費税増税、TPP(環太平洋パートナーシップ)については当然のように増税と参加を促している。沖縄問題は「大変だろう」と予測するだけ…。
 自民党政治への回帰をズバリと指摘することを避けている。
 結局、御祝儀報道の域を一歩も出ることができない。
 マスメディアが世論誘導、世論操作の道具になりさがってしまうのはいただけない。

 * ちょっと一言。私見を述べました。 

by itya-tyan | 2011-01-15 16:25 | ちょいまち草 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://isao3264.exblog.jp/tb/14752868
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。