軽味の川柳 2月

b0142158_1131834.jpg
b0142158_1124420.jpg

☆ 「関東煮」の句には解説が必要かもしれない。
 * 先ず「関東煮」。広辞苑には「関東焚」とあるが、俳句歳時記(角川)には「関東煮」とある。どちらも「かんとうだき」と読むことになっているが、大阪(関西?)では「かんとだき」と発音する。
 広辞苑「関東焚」の項には「関西で、関東地方の煮込みおでんのこと。関東煮」とある。が、説明があっさりし過ぎて愛想がない。
 俳句歳時記「関東煮」の項は少し長いが、ちょっと面白い。
 見出しは、「冬・おでん、関東煮<くわんとうだき>」で、「豆腐を串に刺して味噌をつけてあぶった味噌田楽の田に『お』をつけたもので、後にその変形である煮込み田楽をおでんというようになった。江戸で作られたらしく、関西では『関東煮』と称する。芋・豆腐・蒟蒻(こんにゃく)・はんぺん・竹輪などの種を煮込む。かつては田楽には菜飯、おでんには茶飯がつきものとされていた」とある。
 ただし、大阪人は「おでん」と「かんとだき」を使い分けることが多い。「おでん」は出汁の味を愉しみ、少し上品。「かんとだき」は文字どおりぐつぐつ煮込む。だから、醤油がしみこんだ茶色っぽい色合いになることもしばしば…。「かんとだき」は庶民の味だ。
 * 次に「コロ」。本当は「ころ」で良いのだが、「酒ころ」と読むと意味が通じない。句の中に「酒、ころ」と書くわけにもいかないので「コロ」と書いた。
 広辞苑には「ころ(鯨の皮)」の見出しで「鯨の皮を加熱処理して脂肪分を除き、乾燥させた調理素材。水で戻しておでんや煮物などに用いる」とある。
 要するに鯨油をとった後の油カスのようなものだ。鯨油などこの頃はトンとお目にかからない。が、子どもの頃、学校給食で食パンに塗る「鯨油マーガリン」が出てきたことや、香りの良くない「鯨油石鹸」などがあったことを思い出す。だから「ころ」は安かった。
 部位、鯨種によってザクザクした食感のものやニチャニチャした食感のものがあった。好みによるだろうが、ボクはザクザクした「ころ」が好きだった。
 ご時世かとは思うが、昔は安物だった「鯨」にまつわる食品は今や「高嶺の花」になってしまった。くどくど解説したのは懐かしさ半分、知らない人たちも増えているだろうとの思い半分だからだ。

 * 厳寒の夕暮れ、辛子をきかせた「関東煮(かんとだき)」をふーふー吹きながら一杯やるのは呑兵衛にとって至福の時だ。コロがあるとなおさらだがなぁ…。

 (クリックいただくと大きい画像が見られます)
by itya-tyan | 2011-02-01 12:20 | 喜怒哀楽をともに… | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://isao3264.exblog.jp/tb/14842276
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 小雪 at 2011-02-01 22:04 x
中国産と千葉産を買い、味比べよ。
勿論、国産に軍配は上がる。
美味しいけれど、倍の値段。
お給料、半額になったら考えちゃうよ。
丼勘定の私でもね…主婦はこうだと思う。
Commented by itya-tyan at 2011-02-01 23:09
☆ 小雪さん
 コメありがとう!
 悩ましい話ですねぇ…!
 国産の、穀物を、安心して、食したい…!
 日々に、そんな思いが募ります。
Commented by ふーちゃん at 2011-02-03 20:55 x
さすが、ちゃーちゃん、なかなかの句ですね。(^-^)

ありはなし なしはありとか 頓珍菅
選挙のときに約束したことは実行せずに、言いもしなかったTPPなんてぇのに執心してるなんてぇのは滑稽の極みです。選挙が待ち遠しいな。

吾んとこは鯨はほとんど食べません。(尾の身?の)刺身なんかが料理屋さんにおいてあるぐらいです。コロとかは知りませんじゃ。で、「おでん」ちゅうと昔は「味噌おでん」のことでした。コンニャクを湯で温めて味噌だれで食べる素朴な食べ物です。縁日なんかでよく食べました。

しかし、大根が入らない「おでん」が主流とは。
自分では味は出さずに他のネタの味を吸い込んで、さも自分が美味いように装う大根て人生の達人なんでしょうかね。日の本の首相くらいならできそうですね。(=^_^=)
Commented by ちゃ〜ちゃん at 2011-02-03 21:31 x
☆ ふーちゃん
 貴男になんと言われるかな〜?と気にしていました。
 コメもらってホッとしています。
 鯨、コロのことねぇ…。
 こんなに長い解説をするつもりはなかったけれど、書いてみると意外に長くて、自分でもビックリ!長々とした解説がいるようでは「句」の価値はない!と反省しきり。
 「かんとだき」には、もちろん大根が入るんですよ!
 で、じゃがいもなんかも「男爵」が美味いとか、いや「メークイン」だとか…、とにかくほぼ「なんでも、かんでも」入れまする。
 ご承知のとおり「ゲテモノ食い」のボク!
 そのうちタヌキも食ってやる!