私はお墓にひなんします

◇女性が家族に宛てた遺書の全文
(原文のまま。人名は伏せています)

 このたび3月11日のじしんとつなみでたいへんなのに 原発事故でちかくの人達がひなんめいれいで 3月18日家のかぞくも群馬の方につれてゆかれました 私は相馬市の娘○○(名前)いるので3月17日にひなんさせられました たいちょうくずし入院させられてけんこうになり2ケ月位せわになり 5月3日家に帰った ひとりで一ケ月位いた 毎日テレビで原発のニュースみてるといつよくなるかわからないやうだ またひなんするやうになったら老人はあしでまといになるから 家の家ぞくは6月6日に帰ってきましたので私も安心しました 毎日原発のことばかりでいきたここちしません こうするよりしかたありません さようなら 私はお墓にひなんします ごめんなさい

☆ もちろんご承知の方は多いのだろう。
 比較的詳しいと思える報道記事もあったから…!
 でも、93歳の女性がこんな一文を遺して自殺されたという事実…!
 悔しいではないか?
 報道によれば、毎日、日記をつけておられたともある。
 記事の詳細・断片はともかく、この一文だけはここにアップしておきたかった!
 私はお墓にひなんします
 これほど痛々しい言葉があるだろうか?
 この痛々しい言葉を胸に…!
 情けない政治の現実を直視しながら…!
 ボクらは生きて行かねばならない…!
 今日のこの現実から…
 明日へ! あさってへと…!
by itya-tyan | 2011-07-10 19:59 | 喜怒哀楽をともに… | Trackback | Comments(5)
トラックバックURL : http://isao3264.exblog.jp/tb/15920028
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 小雪 at 2011-07-11 21:23 x
ウルウルしました。
『お墓に避難します!』重たい言葉ですね。
福島の姉『福島の野菜、食べているワ』でした。
毎週の様にゴタゴタしている政界、これも気が重くなる。
Commented by 中原 あきら at 2011-07-11 23:40 x
ほんま、ムカつくなぁ…!
誰がこんなこと書かせたんや!
誰が「お墓にひなん」なんかさせたんや!
テレビを見ていて、腹立たしく思います。

それにしても、人間には、「希望」というものがこれほど大切で必要なことだとは思いませんでした。

「希望」とは少し違うけど、今日をどう過ごそうか…明日の予定は…などと、日々、ぼんやりとでも先の見通しを持って暮らしていたんだと思い知りました。

先の見通しがないことは、人間から生きる意欲を奪うものなのですね。

私は日本共産党のおかげで、命拾いしましたよ。
Commented by itya-tyan at 2011-07-12 13:24
☆ 小雪さん
 コメありがとう!
 やるせない思い…を、超えてゆく…!
 楽な話ではないけれど、一歩一歩!
Commented by itya-tyan at 2011-07-12 13:28
☆ あきらさん ようお越し!
 高齢の方々から希望を奪う! 「姥捨て!」の逸話を思い出します!
 
Commented by 中原 あきら at 2011-07-12 22:55 x
昔話の「姥捨て山」は、最後はハッピーエンドだったんですよね…確か。
年寄りを粗末に扱う者が、誰を大切にできるものかと思います。

強い者はカネや権力に飽かせるんでしょうが、弱い者には団結の力があります。
今は、そこんとこが弱められてるんだけど…断ち切られた鎖を一つ一つつなぎなおす仕事が必要ですね。