秋深む!

b0142158_14151353.jpg

 10月も5日になると朝夕はめっきり涼しくなりました。寒く感じる時間帯も増えてきます。
 今朝の通勤車中は晩夏、初秋、中秋、色とりどりに装った人たちであふれています。
 見渡すと「まだ夏!」。夏着のTシャツそのままの青年男子。
 「もう冬!」と言わんばかりのコートを着込み、ブーツを穿いた若い女性たち。
 「秋です!」と中秋・晩秋を思わせる出で立ち、おめかし風の中年・初老の女性たち…。
 概して男性が色とりどり。
 夏ズボン、合い服姿の人。スーツやコートの下は半袖カッターという人も…。かくいうボクも今朝は何を着れば良いのか迷って、長袖のTシャツに夏用、麻のコートを着込んでいるのです。
 でもまぁ…、車内は秋色濃しという色合いに着実に替わりつつあります。ところが、電車は軽く冷房が入っているのです。上着を手に涼しげな顔つきの人。寒そうにしっかり前立てをかき合わせる人、これもまちまちです。
 こうやって秋は日増しに深まっていくのでしょうか?
 ホントに!調節の難しい季節ですねぇ…!
 観察するに、昼間のお出かけ、夕刻早く帰宅できそうな人は夏着に近く、夜遅く帰る見込みの人は冬着に近いようです。装いのとりどりは、暮らし向きのとりどりに彩られているのですねぇ…!

 朝と言っても少々遅めですが30分ほどの間、通勤車中を眺めながらできた句です。
 作者の自解は禁物でしょうが、感慨の一端を記してみました。

 
by itya-tyan | 2011-10-05 14:29 | 喜怒哀楽をともに… | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://isao3264.exblog.jp/tb/16392426
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。