ハシズム・ハシスト、徹クン!

ハシズムという言葉が流行る大阪!
b0142158_10415653.jpg

大阪府の橋下徹知事が辞職、大阪市長選挙に出馬するという。
市内では市長・知事のダブル選挙、府下では知事選が行われる。
橋下知事は今年6月29日、自らの政治資金パーティーで「政治のあり方を決めるのは力。最後は多数決」「今の日本の政治に必要なのは独裁者」と怪気炎をあげた。己が独裁者であることを自認したのだ。
この言を待つまでもなく、「クソ教育委員」「クソ坊主」「外国に行け」「関空に米軍基地を」「大阪をギャンブルの街に」など数え切れない程の暴言の数々と強引な手法…。挙げ句の果ての教育基本条例・職員基本条例である。まさにハシズム・ハシストと名づけるにふさわしい。言い得て妙とはこのことか。
橋下氏は大阪府も大阪市も壊してしまう「大阪都構想」をかかげて選挙をやりたいらしい。だが「明治維新以来の140年、政治の大勢は変わっていない」などと断定、「維新」を唱えるのは異常だ。
彼の言い分には、普通に暮らしたいと願う99%の庶民の声、暮らしぶりを省みる普通の感覚が無い。戦後憲法の立脚点は生きること、学ぶこと、働くことを保障し、住民こそ主人公の理念にたった地方自治を明記している。
これを疎ましく考える財界やそのお先棒をかつぐイデオローグ達の言い分がそのまま橋下氏の言動に反映されている。
ポピュリズムを正当化するエリート臭がプンプン漂う。
こんなエセ政治家にはお引き取り願いたい。
今まさに大阪中にハシズムは恐い、危ういと危惧する声が広がりつつあるのだ!
by itya-tyan | 2011-10-27 11:43 | ちょいまち草 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://isao3264.exblog.jp/tb/16517016
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by nori at 2011-10-27 18:49 x
パフォーマンスで、日本を変えていこうとする橋下氏に対しては恐怖すら感じます。和歌山から何ができるのか、よくわかりませんが市長選、府長選なんでもいいから、応援したいです。
大阪府民の息子と娘にはとりあえず檄をとばしておきます。
自分も役にたてば、少しでも力になります。
Commented by itya-tyan at 2011-10-27 21:36
*noriさん コメありがとう!
 彼は憲法を「呪縛」ととらえる側の寵児でしょう。
 ボクらの側にこのような「寵児」は居ません。
 99%の側にいるのは「凡人」であり、「庶民」です。
 そのみんなが主人公だと思います。
 ささやかな力を集めて「巨大なカリスマ」に対峙しましょう!