こんなの記者会見じゃないね!

橋下大阪市長が記者にケンカを売るの図!

内容も問題なのですが、政治家は自分の信条に確信を持ちつつも、異論のある人たちの意見も冷静に聞き取るべきものです。


強引な論難!けんか腰!(クリック)!

見たくもありませんねぇ…!
でも、見ておいていただきたい…!

彼の論難の筋立ては「条例に基づいて」、具体的な指示を出したのは教育委員会だから「文句があるなら教育委員会に聞け!」というものであり、あからさまな責任逃れだ。
この問題では分が悪いことを承知しているのであろう!

橋下氏の末期症状と見えなくもない…。
by itya-tyan | 2012-05-09 10:58 | ちょいまち草 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://isao3264.exblog.jp/tb/18263268
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by nori at 2012-05-09 21:05 x
家庭教育支援条例もひどかったですが、この記者会見もひどいですね。

よく娘と石原慎太郎と橋下徹どっちが嫌い、という論争をしていたものですが、最近は私も橋下徹大嫌い派です。

石原さんは天然の差別主義者ですが、橋下氏は劇場型。
自分の専門分野の法律やメディアの分野の経験や知識をフルに動員して、弱い者いじめと自己保身にがんばってます。


でも、条例や法律の上に日本国憲法があるのを忘れているのか、無視しているのか。
弁護士といのは、憲法の順守を求められないのですかね。
それを無法者というのではないのでしょうかね。


大阪市民、府民に目覚めてほしいと思います。
Commented by itya-tyan at 2012-05-09 22:17
noriさん
ひどいでしょう?
ボクなりの連載企画を考えようかな、と思っています。