アメリカから母国へのメッセージ

昨日(6月2日)の朝日新聞beの「フロントランナー」に吉田潤喜(じゅんき)さんが紹介されていました。
1949年、京都生まれの62歳。在日韓国人2世で「不法移民から億万長者になりアメリカンドリームをかなえた『ヨシダソース』の創業者。米国では『ソース王』と呼ばれている」とあります。
ボクは吉田氏もヨシダソースも知りませんでしたので、同氏のいわゆる「出世物語」かと思いながら読み進み、途中からおやっという感じになりました。
苦労を苦労ともせず奮闘されてきた同氏のバイタリティーは大したものですが、人情味がとても厚く、関西弁の語り口にマッチしていて強く引き寄せられたのです。
そして、結びの節「日本の行方」を読んで感心してしまいました。
いまは米国籍を持つ同氏の母国日本への思いが見事に表現されているではありませんか。
b0142158_11195839.jpg

 * クリックで拡大、適当なサイズになおしてお読みください *
by itya-tyan | 2012-06-03 11:21 | 喜怒哀楽をともに… | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://isao3264.exblog.jp/tb/18386986
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。