この村長さん!素晴らしいよネ!

長野県中川村・曽我逸郎村長が、「村議会6月定例会 『国旗と国歌について村長の認識は』との一般質問を頂きました」というコメントを村のオフィシャルサイトに掲載されています。
断片は承知していましたが、こんな形で公式にアップされているとは知らなかったので感銘を受けました。
紹介したいと思います。
*なお、質問者の高橋議員は無所属の方です。
 また、原発にかかわる発言についての後日談、追記もありました。
  本文はこれです!(クリック)
by itya-tyan | 2012-06-27 12:21 | ちょいまち草 | Trackback | Comments(9)
トラックバックURL : http://isao3264.exblog.jp/tb/18499054
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 中原 あきら at 2012-06-30 09:05 x
なんと立派な首長がいるものですね!
この人物こそ、「誇り」です。
Commented by itya-tyan at 2012-06-30 11:19
曽我村長は謙虚な方らしく、HPには実名がほとんど登場せず、売名的なことはなさらない方だとお見受けしました。これも凄いです。
Commented by nori at 2012-06-30 21:49 x
私は悲しいことに教える立場にあります。
でも、必ず真実を教えています。
ポケットの小石を入れて、これが「さざれいし」だよ。
これが大きくなるには、たくさんの時間がかかるんだよ。
それを礫岩というんだよ。

その上で、歌わせています。
私は歌いません。



つらい仕事です。
でも、私の良心の葛藤を理解してくれる校長のもとでは、大きな声で歌わせるようにしています。


年に一回しか学校に来ない教育委員に文句を言わせないないためです。
管理的な校長のもとでは、何といわれてもお通夜のような君が代を歌わせています。


つらい、つらい仕事です。
今の学校現場はこんなものです。



おかげで心と身体の病気は治りません。
たぶん良心のある教職員はこんな状態でしょう。
Commented by itya-tyan at 2012-07-01 00:05
noriさん!
葛藤の深さに共感してしまって、即座に応答できかねます。
しっかり考えて返信コメントします。
*友立つは 葛藤の淵 学びの舎
Commented by 中原 あきら at 2012-07-03 23:55 x
ホントだ! お通夜のようだ!!
式の流れの中で、「あの時」だけが、異様な違和感…幼稚園の入園式や小学校の入学式など、幼い子どもほど、「?」な顔して、歌う大人の顔を見ている…私も決して歌わないけれど、「?」な顔の子どもたちと、目を合わせるころができません。
Commented by itya-tyan at 2012-07-04 12:40
* こんな歌詞でも口ずさみますか〜!

 〽 お通夜のようだ
   千代に八千代に
   さざれ意志の
   巌となりて
   強制をやめさす日まで 〽
Commented by 中原 あきら at 2012-07-04 23:23 x
お~、いいねぇ~!(^^)!
共産党のCさんが、演説で「教育は、心とたましいをつくるものだ」と力を込めて話していた姿…胸に迫りました。
良心のある先生、折れないで、くじけないで…と願うばかりですm(__)m
Commented by nori at 2012-07-08 18:45 x
みなさまありがとうございます。
和歌山はまだまだ大阪にくらべてましな方かなと思っています。
おかしいことに、私が君がを指導する際には教頭先生が「いらんこと言うたらあかんで。」とあわてふためいています。
でも、私の仕事は真理と子どもをつなげること、人格の完成を目指すこと。
嘘は言えません。
これが「さざれ石だよ。」
ポケットに小石を、ハートに真実を。
Commented by 中原 あきら at 2012-07-28 23:42 x
子どもは、「本質」と「真理」を見抜きます。
noriさんの❤も、きっと「見抜いて」いることでしょう!
同時に、あわてふためく教頭の、薄っぺらな人間性も…!