弦月の話

 今朝の新聞、釣り欄に今日の月のイラストが出ていました。
 で、月が変わって行く姿、特に「上弦の月、下弦の月」の違いを聞かれました。簡単な図を書いて説明しようとしましたが、勉強したのはずっと昔のことなので、うまく説明できません。
 探してみると分かりやすいものが幾つか見つかりました。

   これは2012年11月の月齢カレンダーです。 
b0142158_15284910.jpg

上弦と下弦(ウィキペディァより)
 新月から次の新月までの1朔望月の中で弦月は2回あり、1つ目(月相7)を上弦の月(じょうげんのつき)、上弦月(じょうげんげつ)または単に上弦(じょうげん)、2つ目(月相21)を下弦の月(かげんのつき)、下弦月(かげんげつ)、または単に下弦(かげん)という。
 これらの「上」「下」は順序が先・後であることを意味し、1ヶ月を3旬に分けたときの上旬・(中旬)・下旬と同じ用法である。なお太陰太陽暦(および太陰暦)では、上弦の月は上旬、下弦の月は下旬に現れる。
 上弦の運行は太陽に6時間遅れていて、12時にのぼり24時に沈む。そのため夕方や夜浅くに見やすい。下弦は6時間進んでいて、0時にのぼり12時に沈む。そのため深夜過ぎや未明に見やすい。
 上弦で輝いているのは、月の後方半球(公転運動の後ろ側)、東半球、北を上にしたときの右半分である。下弦で輝いているのは、前方半球、西半球、北を上にしたときの左半分である。輝いている部分の面積は同じだが、海と陸の配置により、上弦のほうがわずかに明るい。
 俗に、月の上半分が輝いているのが上弦、下半分が輝いているのが下弦と言うことがあるが、「上」「下」は前述の通り順序を表しており誤りである。そもそも、同じ月相の月でも、昇った直後と沈む直前とでは上下がほぼ逆になる。(下線は筆者)

* 間違いやすいのは「弦」を「弓の弦(つる)」が上にあるか、下 にあるかを基準に「上弦」「下弦」が分かれると考えることです。
  そうではなく「月が半円形に見える」ことを「弦」または「弦  月」というのであり、先に来る(上の)「半月」が「上弦」であ  り、後に来る(下の)「半月」が「下弦」であるということです。

 探していると、とても分かりやすくて、少し楽しいものが見つかりました。ぜひ試してみてください。
 月の満ち欠けです(クリック)。
 太陽、月、地球の関係、実際の見え方まで分かったでしょう?
by itya-tyan | 2012-11-03 16:08 | 喜怒哀楽をともに… | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://isao3264.exblog.jp/tb/19425180
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ふーちゃん at 2012-11-04 23:33 x
今晩は、ふーです、おじゃまします。
なんか真理をシンプルに説くちゃーちゃんらしからぬカキコかなぁ。
ふーは陰暦の1(朔)日が新月で、7日が上弦、15日が望月、で、23日前後が下弦としています。
で、形は三日月を基準にしています。三日月は向かって右側を黄色く塗ります。上弦の月も同じだと思います。左側を塗ったのは逆さ三日月とか云ったりもします。下弦の月も同じだと思います。
あと、ちゃーちゃんが書いてるように上下は見る時間で変化するみたいですね。が、何時の上弦の月とかは聞いたことがありません。
ひょっとすると、陰暦で暮らしていた頃には上弦を見るなら夕方で下弦は明け方とかあったのかもよ。(^_-)☆バチッ
Commented by itya-tyan at 2012-11-05 09:47
ふ〜ちゃん!コメありがとう!
そうですね、朔、上弦、望月、下弦、朔の全体像の説明を省いていましたネ!ちょっとお恥ずかしい引用だったかも知れません。
さすが、ふ〜ちゃん!見逃さないな〜!アリガト〜!