季語つき川柳 '13.02.28

    当世雛飾り事情
b0142158_10265161.jpg

  * 画像はクリックで拡大できます。適当なサイズに直してお読みください。

 上の句には季語がありません。
 当初は、アイロニーをこめていろいろ「季語つき」を考えたのですが…。
 ひな飾り 官女囃子は リストラよ
 ひな祭り 親王雛は 二人だけ
 
    etc.
 でも、念のために…と考えてあちこちググっているうちに、笑えなくなってしまいました。

 始めは、こんなものでした。
 雛人形(ひな人形)の選びの基礎知識(クリック)。
 まぁ、罪がありません。

 その次は、こんなものです。
 おひなさま(親王飾り)。値段は幾らのものを買いましたか?(クリック)。
 結構、値段が張るので笑いの種にするのは恐縮です。初節句を迎える娘さんを抱える両親といえばまだお若いわけで…。値の張る雛飾りを若夫婦の財布で手に入れるのはなかなか覚束ないでしょう。

 最後に見たのが、このトピです。
 (助けてください)社宅に7段の雛人形どうすれば・・・。(クリック)。
 一見、贅沢な悩みのようにも見えますが、事態は深刻です。同じような悩みを持つ若い母親たちもたくさんおられるのでしょう。驚くほどたくさんの意見、励ましの言葉が寄せられているではありませんか。中には、相当激しいアドバイスもあります。
 読み進むうちにシュンとなってしまいました。
 ひな飾りやひな祭り、桃の節句に寄せたホノボノ川柳はごまんとあるのですが、こんな実態を反映した川柳はネットの世界からはほとんど窺えません。
 といって、単に揶揄や皮肉まじりの川柳を詠むのが作法であってはなりません。
 というわけで、今回は苦になる句を詠んでしまいました。
by itya-tyan | 2013-02-28 11:15 | 喜怒哀楽をともに… | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://isao3264.exblog.jp/tb/20083967
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 咲月 at 2013-03-02 08:13 x
社宅に7段雛の記事 笑ってしまいました^^;;
私のお雛様は「御殿造り雛」と云われるもので細かいパーツになってるもので 組み立てていくところから楽しみな雛様でした^^
結婚後 その雛の行方を尋ねたら ネズミのお腹に大分収まったらしく・・・
ネズミがかじったものでも娘心としては保存しておいてほしかったなぁ~と思ったことがありました。
結局子供は男ばかりですし 市販のモノにその種の雛飾りをみつけることもできず 手のひらサイズの土鈴造りで振ると音のするやさしい顔の雛をみつけたとき安価だったこともあり買ってしまいました^^
ここ2年ばかり出してなかったのですが つい先日 ちゃ~ちゃんのこの記事を読んで飾りました^^ コメントが今頃ですが お雛様と優しい時間が持てましたので感謝いたします~~♪♪♪
ところで この次の記事ですが ちゃ~ちゃんのところはきっと検索でずいぶんヒットするのですね。わたしのところは穴ぐら記事更新ですし長く書いてても数字がどこでわかるのかさえわかってないです^^;
本家としては もっとちゃ~ちゃん記事が読まれると嬉しいです~~\(^o^)/♪♪ 長文失礼しました。ありがというございます(^_^)v
Commented by itya-tyan at 2013-03-03 16:01
咲月さん!
昨日今日は午前中バタバタしていて今読んだばかり…。失礼しました。
「お雛様と優しい時間が持てた」とのこと結構でした。
わが家の雛は娘が小さいときに父や母が買ってくれた物です。ケース入り、オルゴールつき、一段かざりのささやかなものですが、それなりの値段はしたようで一応保存はしています。でも、肝腎の娘は家におらず、今年はとうとう飾る前に今日がきてしまいました。
「検索」のこと、どんな事情なのでしょうか?よく分かりません。ボクはマックなので、ウィンドウズの人と時々行き違いが起こって困ることがありますが…。
これからもヨロシク!    敬白