正社員採用を促進?

  契約はクビ斬りオッケー正社員

 今日は一日アタマにきています。
 先ず、この記事を読んでください。
b0142158_21472038.jpg

* 雇い入れる際に解雇しやすくしておけば、正社員として雇用しや すくなる!
* 退職条件をあらかじめ雇用契約で明記し、… 正社員を増やす!
* 正社員の採用も解雇もしやすいルールの浸透をはかる!


 これが「正社員採用を促進」する政府の方針だというのです。
 今、政府というからには「安倍・自民党内閣」でしょう。政府は「正社員」とは何かを真面目に考えているのでしょうか?「いつでも解雇してください」と契約して「正社員になる」というのは、どういうことなんでしょう?これが「正社員」と言えるのですか?

 巧妙なことに「すでに正社員になっている人には影響はない」というのです。「現役」の人には口を出させたくない、「組合」はモノを言うな!というわけでしょう。

 今、学業もそこそこに「就活」に励まざるを得ない学生諸君!
 つまるところ、君たちが対象だということなのだ!
 泣き寝入りするには、あまりにも悔しいではないか!

 懸命に子育てに励み、ようやく成人になろうという子どもたちを抱えるお父さんや、お母さん!
 こんな理不尽な契約を理不尽とも思わない野蛮な政府と企業の思惑のもとに、若者たちを社会に「旅立たせよ!」とはあまりのことではないのでしょうか?

 こんな政策を「誘導」している財界、唯々諾々と従っている政府に(結局自民党ということになりますが、軌を一にする政党も多々あり…)断固とした批判をぶつけたい!
 ボクは今、そんな思いにかられています。
 
 それにしても、こんな記事を一面の囲みに載せている読売新聞って何なのか?この「詭弁」、パラドクス、論理矛盾を暴露するひと言もない!記者諸君の見識、デスクの見識が根底から疑われても仕方あるまい。

 もやもやした憤りに包まれるボクなのですが、読者のみなさんは一体どう読まれたのでしょうか?

*原文はリンクで紹介するのを旨としていますが、この記事はネットから消えてしまう日のあることを想定してコピーを貼り付けました。もちろん原文のママです。
*画像はクリックで拡大できます。適当なサイズになおしてご覧ください

 
 
by itya-tyan | 2013-03-13 22:48 | 喜怒哀楽をともに… | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://isao3264.exblog.jp/tb/20148342
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。