がってぃんならん!

b0142158_11435310.jpg

 昨日、政府が「主権回復の日」式典を開き、沖縄では「屈辱の日」大会が行われました。
 ボクが高校1年生の時、「第二次安保条約」の改定が行われ、直接の街頭行動にはなかなか参加しなかったものの、戦後日本の歴史を必死に勉強したことを思い出します。
 以来、4月28日はいわゆる「サンフランシスコ『平和』条約」なるものの「発効」の日。沖縄・小笠原のみならず、千島全体にもかかわる国民的な「屈辱」とも呼ぶべき「体制」がここから始まった日と認識してきました。
 正式名称は「日本国との平和条約」ですが、アメリカの主導のもとに結ばれたこの条約は全面的な「戦後処理」をおこなうものとはならず、国連加盟国全体の支持を得ることができませんでした。
 一方では、この条約締結と同時に「日米安保条約」が結ばれ、あれよあれよと言う間に「警察予備隊」「保安隊」「自衛隊」へと再軍備の道が開かれていったのです。
 '51年当時は沖縄、小笠原、奄美群島などもアメリカの施政権のもとに置かれていましたが「第二次安保」締結後の'68年小笠原等が復帰。しかし、72年「日米沖縄協定」後も沖縄は今日のような状態に置かれ続けたのでした。
 正に「屈辱の日」と位置づけるべき日が4月28日だったわけです。
 学生時代、沖縄から来た後輩の学友はパスポートを持っていました。この学友が「沖縄・小笠原返還同盟」に加入したとき「これで当分、沖縄には帰れんなぁ!」と呟いていました。つい先日のことのように鮮烈な記憶です。
  
 憲法改悪の地ならし?天皇の「式典出席」
 
 もう一点、ボクが気にかかったのは天皇の式典への出席です。
 この間、体調不良のせいもあって外出せず、自民党の「憲法改正草案」を読み耽りました。
 憲法第7条は天皇の「国事行為」について「内閣の助言と承認」により、「国民のために」10項目の「国事に関する行為を行ふ」と定めています。
 その10項めに「儀式を行ふ」という項目がありますが、今回の「式典」がこの「儀式」に該当するとは到底考えられません。明らかに安倍内閣による天皇の政治的利用が疑われます。
 自由民主党が昨年4月27日(!)に決定した「憲法改正草案」ではどうなっているのでしょう?
 天皇への「内閣の助言と承認」という言葉遣いは「畏れ多い」というわけで「進言」という言葉に変えるとともに、「国事行為」とは別に「公的行為」という「第6条 5」をつけ加えています。
 「(国事行為のほか)天皇は、国または地方自治体その他の公共団体が主催する式典への出席その他の公的行為を行う」というものです。
 この点について自民党の「Q&A」は「公的な性格を持つ(天皇の)行為は、現行憲法上何ら位置付けがなされていない」ことを認めています。
 そして今回「憲法上明確な規定を設ける」ことについて「一部の政党は、国事行為以外の天皇の行為は違憲であると主張し、天皇の御臨席を仰いで行われる国会の開会式にいまだに出席していません。天皇の公的行為を憲法上明確に規定することにより、こうした議論を結着させることになります」と、その政治的意図をあけすけに述べています。
 一方で天皇を「元首」と持ち上げ、他方でその「公的行為」を「国」ばかりか「地方自治体その他の公共団体」の「式典」にまで広げ、むき出しの「政治的利用」をはかる。
 その先例としての今回の「天皇」の出席だった!
 これが今回、天皇が式典に出席する下地にあったとすれば由々しき事態と言うべきではないでしょうか?
by itya-tyan | 2013-04-29 12:18 | ちょいまち草 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://isao3264.exblog.jp/tb/20358458
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。