ランドセル俳人の5・7・5


b0142158_20525635.jpgこんな記事を見かけました。気になって早速手に入れました。即、読了しました。
いじめと闘う“小学生俳人”が話題(クリック)。
ほとほと感心しながら読みました。
小林稟くんの素晴らしい感性。母や祖母の接し方。現場の先生の不甲斐なさ(文面を読む限り。学校の先生には「反論・言い訳」があるのかも知れませんが…)。
素直に読んで、あらためて俳句というものの力を痛感しました。


   一読の価値あり。学ぶこと多し!です。
by itya-tyan | 2013-05-07 21:09 | 喜怒哀楽をともに… | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://isao3264.exblog.jp/tb/20403897
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by takaokasoden at 2013-05-09 21:30 x
おひさしぶり。友人編集の原発関連情報を転送する際、短い近況をつけているが、この程度では返事が少ない。ありがとう。
Commented by itya-tyan at 2013-05-10 11:49
☆そでん様
 コメありがとう!
 いつもいただくメールは読んでいるのですが、返信せず。
 申し訳ないことです!
 奥さんの「読者のひろば」への投稿も読みましたよ!