台風18号下の橋下徹くん!100本のtwitterに思う!

 昨日は散々な日でした。15日夜から台風18号のもたらす豪雨、突風(竜巻?)、河川の氾濫・浸水、土砂崩れ、陸も空も交通マヒ。3人死亡、5人不明と伝えられています。正に近畿、東海、北陸、東北、北海道を駆け抜ける、文字どおり日本列島縦断の大災害でした。
 様々な形で被害にあわれたみなさんに心からのお見舞いを申しあげる次第です。

 全国の大被害に比べると、大阪は被害のすくなかった方に入るでしょう。それでも、平時とは全く違う対応が求められました。

 大阪府のHPでは、第一報から第三報まで「被害状況等」についての情報がアップされています。これによると9月15日(19:00)から16日(12:00)までの総雨量391ミリ、最大1時間雨量50ミリで、人的被害2名、建物被害93棟(一部損壊10、床上浸水4、床下浸水73、その他施設6)等となっています。
 その他の被害では土砂崩れやがけ崩れ(58件)、道路冠水(48カ所)をはじめとする道路被害、10河川11カ所の河川被害、避難所開設や通行止め情報など、満載ともいえる状況です。
 これに対応するのに、防災・危機管理警戒班41名、水防体制等581名、計622名の体制がとられました。

 大阪市のHPは府ほど詳しくはありませんが状況はわかります。16日8時30分には「7時10分に大和川で危険水域に達し、さらに上昇する見込みである」として「避難勧告」が発令されています。
 対象の内訳は、住之江区約17,000世帯 ・41,000人、住吉区約61,000世帯・126,000人、東住吉区約15,000世帯・32,000人、平野区約38,000世帯・100,000人、合計約131,000世帯・299,000人にのぼりました。
 被害状況は道路冠水2件、通行止め1件、倒木36件、避難状況は避難所開設数46箇所、避難者数867名とのことで、職員には5号動員がかけられ2,000名が参集、対処にあたったとされています。

 この日、大阪市長橋下徹クン(維新の会代表)は9時32分から16時40分にかけて100本のtwitterを発信しています。

 第1信を読んで、ボクがとても奇異に思ったのは、30万人近くにのぼる避難命令をくだした人々へのお見舞いの言葉がまったく見受けられなかったことです。要旨は「避難勧告を出しました。詳細はホームページ等で確認してください。市長が個人的にツイッターで知らせるものではありません。市役所として組織対応していきます」というものです。「木で鼻を括る」としか言いようのない冷徹なものではありませんか。

 2分も立たぬうちに発信された第2信を読んで、さらに驚きました。「大和川の状況が落ち着くまで、僕も知事も、自宅で役所との連絡。状況が落ち着いてから、堺市長選挙のために堺市内に入ります。ゆえにツイッターで、堺市長選挙について述べます。久しぶりのツイッターだな〜。以前の感覚忘れちゃった。徐々に取り戻します」とあるのです。
 30万人に「避難命令」を出している市長が役所へも登庁せず、現場へも行かない。ツイッターで「堺市長選挙について述べます」とは何たる言いぐさであることか。「忘れちゃった」のは「市長の責務」ではないのか。

 こうなると、その後に発信された夥しいツイッターの解析がしたくなります。
 100本のツイッターのうち直接災害に触れたものは30本少々しかありません。その中にも「市長が現場を見たところで、大量の随行職員を引き連れ、職員から説明を受けるだけ」とか「危機管理にトップが現場に出るのは吟味が必要。そうでなければ単なるパフォーマンス」など、明らかに候補者活動を中断し現職市長として現場にでかけた竹山氏(市長候補)への攻撃を意図したものが含まれています。
 圧倒的に多いのは真っ向から堺市長選挙にかかわって具体的に触れている56本です。そのトーンはいずれも持論である「大阪都」構想を声高に叫び、時に言い訳をする極めて攻撃的な徹クン一流の言い回しです。

 第82信に、こんなやりとりが記録されていました。「災害で苦しんでいる人が居るのに、市長はツイッターをやっていると嫌みを言われないですか?」。答えて曰く「言われるでしょうが市長としてやるべきことはやっています。またツイッターは開きたくなければフォローを外してもらえばいいだけです。一方的に送っているわけではありませんもの」。見事な開き直りぶりですねぇ。

 一連のツイッターに目を通して、こんな災害のさなか家にこもり、隣とは言え他市の市長選挙をあげつらい、ツイッターに熱中している大阪市長とは何なのか、考え込んでしまいました。

 
by itya-tyan | 2013-09-17 12:25 | ちょいまち草 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://isao3264.exblog.jp/tb/21055377
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。