永井珪子さんの回顧展

 ここしばらくお会いできていないのだが、永井珪子さんから自選回顧展のご案内を頂いた。
b0142158_21414916.jpg

 80歳になられるという。そうだろう、ボクが30歳になるかならないか、という頃からのおつき合いだ。何度か個展を訪問し、何とも言えぬ感銘を受けた。
 今では、行動美術協会の重鎮と言っても良いのではないか。
 でも、ボクはその道のことは深く知らず、お姉さんともども親しくしていただいていた。よく考えれば過分のおつき合いだ。俗世間のことなど、あまりお構いのない迫力のある生き方をしておられる方たちだと思えた。
 姉、妹、弟さんたち、揃って美術家、芸術家だ。富田林の片田舎、今も農村そのものの風情の一角に暮らしておられる。その環境のもとにこんな斬新な作風の女流画家がおられることに不思議な感慨を覚えた。
 今回はぜひ参上しなければならないと、日程のやりくりを考えている。
b0142158_21553467.jpg


 今回の個展のことは、この爛の二人目のところ(クリック)に詳しい。
by itya-tyan | 2013-11-07 22:00 | 喜怒哀楽をともに… | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://isao3264.exblog.jp/tb/21426640
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。