これが詩なのか。やっぱり詩だ!

 娘や息子達がそれぞれの居場所に帰りました。
 読み残した正月・三が日の新聞を読んでいると、こんな詩に出会いました。年譜のような記録の行間から不吉な予感を乗り越えきれるか?という懐疑と、許してはならないという決意が浮かびあがってきます。「詩人の魂」と読みました。

   初夢かまさ夢なのか紙一重

b0142158_21292651.jpg

   *画像はクリックで拡大できます。適当なサイズに直してお読みください*
by itya-tyan | 2014-01-04 21:43 | 喜怒哀楽をともに… | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://isao3264.exblog.jp/tb/21793615
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。