体調に変化あるゆえ、ちょっと一息…!

 先週土曜日午後、あれ?風邪かな?腹具合おかしい…、と思った。
 日曜日何とか過ごし、月曜日は所定通りに出勤。でも、おかしい!
 早退してかかりつけの町医者に駆け込む。
 体温計をみると何と37'5もあるではないか。何の自覚症状もない。
 で、処方されたクスリの世話になっている。
 アジスロマイシン3日間毎朝服用。服用3日で一週間効果あるとか。
 カロナール錠朝夕一錠。熱を下げ、痛みをやわらげるという。
 毎食後エクセラーゼ、ビオフェルミンR。消化、整腸作用を期す。
 昨日と今日は休めたが、明日は休めない。で、ちょっと緊張気味。

NHK新会長の”失言”会見を嗤う
 こうして、やむなくボンヤリしている間に、NHK新会長の暴言、無責任発言がおこっている。どうみても”失言”などではすまされまい。そもそも「視聴者から受信料を徴収する」という意味は何なのか。それは「受益者負担」ではない。もちろん「公租公課」でもない。「公共放送」であるための担保ではないか。
 籾井氏の発言はこの原理に背いている。安倍自民党らの「期待」に添っている。まさに「国営放送」への道であり、「大本営発表」に等しい「政府広報機関」に堕する道である。そもそも「中立」を装って政府の言動を「後方支援」することで「役割」を果たしてきたNHKがあからさまに政府・権力の「代弁」をしてどうするというのか。政府・権力の代弁機関に「公共放送」を喧伝する資格はない。NHKには徹底的な検証と自省が求められる。もちろん、この作業は籾井氏のもとでは全く不可能である。彼の辞任は当然だが、健全なジャーナリストの台頭なくして事態は解決するまい。

ピート・シーガー氏逝く
 そんなことを考えながらボンヤリしていると、ピート・シーガー氏の訃報にも出会った。ボクにとっては感銘の深い人だ。アメリカで、アメリカという国で、日本とは全く作法のちがう国ながら一時は共産党に籍をおいていたこともある。スターリンに対する幻滅と厳しい批判がその一因だとするなら共感もできる。
 そこにはベトナム反戦にとどまらない、プロテストの歌があった!
 ともあれ、彼が歌いこんだそれぞれの歌にはボクらの青春の一部が刻みこまれているだけでなく、さらに若い人々にも繋がってゆくものが潜んでいるのではないだろうか?聞いてみたい。
 そこで、この2曲はぜひ…!
 Where Have All The Flowers Gone?(クリック)
 we shall over come(クリック)

都知事選にひとこと
 都知事選の行方も気にかかる。マスコミはもっぱら支援の枠組みに注目、細川だ、桝添だとさわいでいる。争点は無きに等しい報道ぶりだ。ようやく、PCを通じた「公開討論」があるらしいが、宇都宮氏以外は無責任な態度だった。
 従来ともすれば、虚像の焦点をつくりあげて「戦局」をいじくり続けたマスコミも今回は「焦点」「争点」の捻出に悩んでいるかのごときだ。
 となると、政党間の枠組みでなく、ホントに都民生活や国民生活、民主主義の根幹にかかわる問題に根ざして考え、行動しているか、その陣営、候補者が問われることになる。尻上がりに宇都宮氏の真髄が浮き彫りになってくるのではないだろうか?
by itya-tyan | 2014-01-29 21:21 | 喜怒哀楽をともに… | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://isao3264.exblog.jp/tb/21952120
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。