奇妙な共同記者会見ー安倍氏とオバマ氏

 NHKのスタジオパークに米倉斉加年氏が登場するというので待っていると、安倍氏とオバマ氏の共同記者会見でおじゃんになり、少々苦々しい思いで会見の顛末を観てしまった。
b0142158_18154642.jpg

 安倍氏は始めの方で「日米同盟は力強く復活しました」と発言した。この語り口は奇妙に聞こえる。「日米同盟は破綻していた」とでもいうのか。功を焦る余りの勝手な言い分だ。
 オバマ氏の口から「尖閣諸島も含めて日米安保条約第5条の適用対象となる」という言葉を引き出したことを誇っているのだろう。
 しかし、安全保障に関して「日米防衛ガイドラインの見直し、幅広い安全保障、防衛協力を推進していく」というきな臭い道を歩むとの言質を与えた上のことではないか。アメリカへの軍事協力をさらにすすめる危険な道だ。
 オバマ氏は「アメリカは今もこれからも太平洋国家です。アメリカの安全保障と反映はこの地域とは不可避です。離すことはできません」と自国の利益優先をはっきり明言した。
 ただ、オバマ氏は「(尖閣問題を)平和的に解決する重要性」を強調するのを忘れなかった。それは「われわれアメリカは、中国とも非常に緊密な関係を保っている」からであり、「中国が平和的に台頭することをアメリカも支持している」からなのだ。

■TPPについては閣僚級協議の結果待ちになった。
 日米の懸案事項となっていた環太平洋経済連携協定(TPP)をめぐっては首脳会談では結論を出せず、そのため日米の共同文書は棚上げになった。24日の閣僚級の協議の結果をふまえて発表するという。異例のことと言えるだろう。
 安倍氏は「今回の日米首脳会談を一つの節目として日米間の懸案を解決すべく、甘利経済再生担当大臣とフロマン通商代表の間で精力的かつ真摯な交渉を継続することにしました。私とオバマ大統領から、両閣僚に対し、残された作業を決着させTPP交渉全体を早期に妥結させるよう指示を出しました。24日は、この後も両閣僚で交渉が続けられます」と語った。
 「早期に妥結させる」とはどういうことなのか。フタを空けてみないと分からないが、粘りに粘ったポーズを見せた挙げ句、国民への公約も国会決議もねじ曲げる可能性は大きい。
 オバマ氏はここでも「私がこのようなことをするのはアメリカにとっても最終的には恩恵をもたらすと思うからです。アメリカ企業がアジア太平洋地域においてイノベーションを進め、自由にものを売り、アメリカの知的財産が守られることによってアメリカ国内に雇用が生まれ、アメリカの繁栄にもつながっていきます」とあけすけに述べ、「これは単にアメリカだけでなく、相手、日本も、マレーシアも、ベトナムにとってもよいことです」と強弁した。これもフタを空けてみないとわからないが、アメリカもホンの少し譲歩するのかも知れない。
 しかし、「妥結」した場合の本質は少しも変わらない。アメリカの利益優先は避けられまい。既にかなりの部分で日本の譲歩は始まっているではないか。

 ところで、オバマ氏一行の車列についてこんな報道に出会った。
 オバマ大統領の来日で交通規制 数百メートルに及ぶ「国賓」の車列とは【画像・動画】
 東京では昨日、今日、明日と大がかりな交通規制が行われていると聞くが、この一行のものものしさは驚くばかりだ。後ほど、その映像は紹介するとして、これほどのクルマと人を運んできたと言うのだから驚く。
 車列の紹介だ。
b0142158_1925949.jpg

1.先遣車:車列より約5分先を走り、ルートの安全を確認する。
2.先行車:先遣車と同様だが、車列より約1分先を走る。
3.先導車:車列を先行する。
4.大統領リムジン(スペア):他のVIPが乗車することもある。
5.大統領リムジン:大統領が乗車する。
6.シークレットサービスのSUV:ボディーガードが乗車
7.電波妨害装置搭載車輌
8,9.軍事要員や大統領医を含む主要スタッフが乗車する
10.突発事案対応車:武装した特殊部隊が乗車する車輌
11.偵察・警護要因が乗車する車輌
12.有害物質などの探知機搭載車輌。放射線量の測定も行う。
13,14.報道車輌
15.通信車:車列と外界との通信を制御する
16.救急車
 この他、警視庁の警備車輌や、ホワイトハウスのスタッフ、議員スタッフが乗車する車輌などが加わる。なお警備上の都合により、上記の配列は随時変更される。

 中には、電波妨害装置搭載車輌、軍事要員や大統領医を含む車輌、突発事案対応車(武装した特殊部隊が乗車)、偵察・警護要因が乗車する車輌、有害物質などの探知機搭載車輌(放射線量の測定も行う)まで走行するとはあきれ果てる。
 ここは一体どこの国なのか。
 この車列の記事はここです。(クリック)
by itya-tyan | 2014-04-24 19:30 | ちょいまち草 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://isao3264.exblog.jp/tb/22501803
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。