やっと見つけた三木鶏郎!ボクの焼け跡闇市幼少時代!

 ボクは1944年、昭和19年生まれだ。今年70歳になった。
 かなり以前からず〜っと気になっていたことがあった。
 ひと頃、「焼け跡闇市派」という言葉があった。それをもじって「焼け跡闇市少年時代」と自称する人たちがいた。とすると、ボクは「焼け跡闇市幼少時代」と言えるのかなぁ、なんて考えていた。
 戦時中の記憶はもちろんないが、引き揚げ時の悲惨さは「記憶」という形ではなく、異様な雰囲気の「体験」として擦り込まれている。
 物心がつき始める頃のことは、少し感受性のきつかったであろう自分のなかに鮮明に残っているものも多い。多感な少年時代の記憶と言うべきか。
 中でも、三木鶏郎(みきとりろう)の冗談音楽や「トリローサンドイッチ」というラジオ番組の記憶はかなり鮮明だ。
 シニカルな笑い、庶民生活のペーソスは子供心を捉えていた。だが、この番組は余りにも世相風刺、政権批判の色合いが強かったせいか、突然中断されてしまった。
 以来、「トリロー」の記録に触れることができなかった。
 だが待てよ!探せばあるはずだ!と検索してとうとう見つけた! 
 日曜娯楽版冗談音楽と時事コント「6年経てば6歳になる」というNHKの番組だ。
 30分ほどかかるのだが、聞いてみて懐かしく思った。そしてこれがNHKのラジオから流れていたのかと、感銘を覚えた。
 この放送があった頃、ボクは7歳だったが、かなりの事実を記憶している。
 取り上げられている一つ一つの事象には触れないが、今日のNHKとは隔世の感があることは確かだ。
 ぜひ、皆さんにも聞いて頂きたい。
 三木鶏郎 日曜娯楽版冗談音楽と時事コント 「6年経てば6歳になる」(クリック)
 
 こうして探していると、かのエノケンが歌う、三木鶏郎作詞・作曲のこんな歌も探し出すことができた。これも、今の時代に耳を傾けるべき価値のある曲だと確信する。
 これが自由というものか(クリック)

 探せばまだまだあるのかも知れない。探しつづけたいものだ。
by itya-tyan | 2014-09-22 18:50 | 喜怒哀楽をともに… | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://isao3264.exblog.jp/tb/23428783
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。