詩人狭間二郎氏と俳優菅原文太氏のこと

b0142158_21564979.png 菅原文太氏がオール沖縄、翁長陣営応援の演壇に立ち、訴えたことはとても貴重だった。直後に逝去されたことは返す返すも残念という思いがしたし、追悼の念もひとしおだった。双璧高倉健氏の逝去と相次いだことも含めて…。
 その菅原文太氏の父、狭間二郎氏について今日の新聞にこんな記事が掲載されていた。
b0142158_22131588.jpg

 晩年は洋画家と評価された人だが、ボクにはむしろ詩人としての記憶の方が強い。そして知らないわけでは無かったのに、この二人が父子だとの認識は乏しかった。
 この記事に感銘を受けた所以である。
by itya-tyan | 2015-01-14 22:20 | 喜怒哀楽をともに… | Trackback | Comments(3)
トラックバックURL : http://isao3264.exblog.jp/tb/24010082
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by noriishihabi at 2015-01-16 10:33
つくづく人には歴史がある!と思う。
私にもあります?
頑張った歴史?
感銘受けます。チョイスの適確さ。楽しみです。
Commented at 2015-01-16 10:36
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by itya-tyan at 2015-01-18 10:28
noriishiさん!コメありがとう!これからも、時々によろしく!