どこへ行くのか大阪市!

 住民投票の時間が終わりました!
 開票結果を待ちつつ、思うこと…!
 結果は…?
 拮抗しているということだが…!
 ボクは大阪市解体に「反対」なので、「反対」票が少しでも多くあって欲しい!
 でも、様子を懸命にみると僅差で「賛成」する人が多いのかも知れない。

 もし「賛成」という人が少しでも多ければ、一見「大阪市廃止」は確定したかのように見える。
 だが、ホントにそうだろうか?
 手順をキチンと詰めてゆくと、橋下氏、維新のゴマカシは次々と露呈するだろう。
 ボクらはそこを詰めてゆく。
 手続きに「2年」の期間がある。「抵抗」の時間はある!
 決して「敗北」ではないはずだ!

 で、「反対」という人が多ければ、ここにも多難の道が待っている。決して「バラ色」ではなかろう。
 確かに橋下氏の傲慢な「地方自治体論」の過ちを批判する点では一致できた。
 この一致点は末永く大切にしたい。
 とは言え、国政の上では「戦争立法」、『原発」、「沖縄」、「TPP」etcを巡って。きわめて緊張した環境にある。

 ボクは「叡智」という言葉に安堵する。
 「叡智」!
 違いを乗り越え、「異論」を尊重しつつ、真剣な議論・論戦のうえで、当面、極めて重要な課題について「一致点を見いだす」努力を惜しまない。そんな努力の仕方を、今回の「住民投票」をめぐる取り組みが教えてくれた。

 どんな結果が出るのか。不安ではあるけれど、今、この瞬間に書いておきたいことなのです!
by itya-tyan | 2015-05-17 21:39 | 喜怒哀楽をともに… | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://isao3264.exblog.jp/tb/24487580
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。