安保法制=戦争立法は憲法違反

 安保法制、3学者全員「違憲」 憲法審査会で見解

b0142158_18431062.jpgNHK始め各紙が、衆議院憲法審査会の参考人質疑の席上、出席した3人の学識経験者全員が「憲法違反に当たる」という認識を示されたと報道しています。
b0142158_18474259.jpg

 出席したのは、自民・公明・次世代推薦の長谷部恭男・早大教授、民主党推薦の小林節・慶大名誉教授、維新の党推薦の笹田栄司・早大教授の3人でした。
 朝日新聞によれば、お三方の発言の大意は以下のようです。
 憲法改正に慎重な立場の長谷部氏は、集団的自衛権の行使を認める安保関連法案について「憲法違反だ」とし、「個別的自衛権のみ許されるという(9条の)論理で、なぜ集団的自衛権が許されるのか」と批判。
 9条改正が持論の小林氏も「憲法9条2項で、海外で軍事活動する法的資格を与えられていない。仲間の国を助けるために海外に戦争に行くのは9条違反だ」との見解を示した。
 笹田氏も、従来の政府による9条解釈が「ガラス細工と言えなくもない、ぎりぎりで保ってきた」との認識を示し、今回の法案について「(これまでの定義を)踏み越えてしまっており、違憲だ」と指摘した。


 こういうわけですから、自民党は「人選ミス」などと大慌て。公明党は「うちは関与していない」といいわけ。かねて自民応援団丸出しの「産経」も「人選ミス」と報道。肝心の論点についてはまともな報道をしていません。
 こんな具合です。
 自民党は参考人の人選を衆院法制局に一任したという。ただ、長谷部氏は安保法案に反対する有識者の団体で活動しているだけに調整ミスは明らか。…… 公明・井上幹事長が“人選ミス”に苦言
 「人選ミス」「調整ミス」なんて言い逃れたり、菅官房長官のように開き直ったりしているばあいではありません。
 戦争法案を撤回すべき時ではないでしょうか。少なくとも超党派で廃案にすべきです。

 ボクは厳粛な気持で安保関連法案に反対し、そのすみやかな廃案を求める憲法研究者(173人)の声明(クリック)を読み直しました。
by itya-tyan | 2015-06-05 19:21 | ちょいまち草 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://isao3264.exblog.jp/tb/24555833
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。