安保法制=戦争立法は廃案に!

たとえ明日世界が滅びるとしても、
   私はリンゴの木を植え続ける

   ルーマニア人作家 ゲオルギウ・「第2のチャンス」より

我々は地獄の釜の縁に立っている。
踏み外せば奈落の底に真っ逆さまだ

   元BC級戦犯 飯田 進・朝日新聞15.07.11.b版より

 今日も自民党のHPにはこんな画像がアップされている。
 苦々しいかぎりだ!
b0142158_743871.jpg

 不戦の誓い、平和な暮らしだと…!
 白々しい!
 反対、説明不足と批判する国民世論を一顧だにしないのは誰か!
 国会では、ここまで言明している。
 まさに戦争への道まっしぐらだ!
b0142158_7465592.jpg


 もう一度、飯田進氏の言葉に耳を傾けよう!
 勇ましいことを言う人たちは戦争を知らない。殺さねば殺される異常な世界に対する想像力がなさ過ぎる。なぜ、戦場から帰ったアメリカ兵たちは心を病むのか。それは、常識の通じない戦場に身を置いたからだろう。憲法が生まれた経緯は、どうでもいい。でも、確かなのは、憲法のおかげで戦後の70年間、日本は戦争に巻き込まれずに済んだということだ。その憲法を大事にしないで、どうするのか。

   反戦 厭戦 非戦  
   みんな手をつないで
     平和の声を高らかに

by itya-tyan | 2015-07-11 08:52 | 喜怒哀楽をともに… | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://isao3264.exblog.jp/tb/24677548
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。