制服向上委員会の外国特派員協会での会見

 「子どものくせに 」と言われても意見言いたい
 制服向上委員会のメンバーが外国特派員協会で記者会見に応じたという。それだけでも快挙と言うべきではないか。そう思ったので1時間を超える時間は惜しいなぁ…と迷いつつ、youtubeを見つけて全体の経過を見ることにした。とは言え、節々に通訳が入るし、通訳の女性がいささか饒舌なので、実質的な時間はかなり少なかったのではないかと思う。
 席上、貴重な発言が続いたことは断片的には知っていた。
 メンバーがしっかり話し合ってメッセージを発信しようとしていることも…。だが、メンバーにくわわったことを通じて「家族との会話が豊富になっている」というコメントは新鮮だった。
 アイドル、歌い手が「思いを歌詞に」込め、メッセージを発信することはいけないのか、子どもだと言われるが子どもこそ、未来の担い手ではないのか、etc、みんな適切なコメントだった。
 ただ、とても驚いたことが一つあった。
 ネットの同時放映しているニコニコ動画が冒頭の「ダツ原発」の歌の部分をカットしたと質問者が指摘した場面だ。もし本当なら許しがたい。質問者は当然、確認した上で質問しているだろう。
 制服向上委員会のメンバーももちろん知らない。「知らない」と断りつつも正確な回答をしている姿は立派だったとしか言いようがない。
 興味と関心のある方に会見の全貌をご覧いただければ幸いだと思うので、ここにアップしておく。
  
by itya-tyan | 2015-07-29 22:55 | 喜怒哀楽をともに… | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://isao3264.exblog.jp/tb/24738712
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。