行ってきました!8.30国会包囲行動

b0142158_1628466.jpg

 国会包囲行動10万人、全国100万人行動が呼びかけられた時、この歴史的な取り組みに呼応して東京へという思いが募りました。
 大阪でも3万人行動が呼びかけられていることもあり、ためらいがちに提案したのですが、段取りをつけてくれた仲間のおかげで参加できました。
 当日、地下鉄の車中で治安維持法国賠同盟の黄色いゼッケンをつけ始めると、「みなさんも行かれるのですか」「大阪からですか」と何人もの人が声をかけてくれます。文字通りの「総がかり行動だな〜」という実感が胸をうちます。
 ボクらは一路「国会議事堂前」を目指しますが、手前の「霞ヶ関」で下車する人もたくさん。地下鉄の駅からすでに人、人、人。その混雑を縫うようにしてできるだけ議事堂の近くへと歩を進めるのですが、なかなかたどり着けません。途中では、主に男女の青年達がハンドマイクでラップ調のコールを繰り返します。
 b0142158_16423164.jpg人混みを必死でかき分けながら唱和します。もう、先へ行くことを諦めて立ち止まって唱和する人も大勢います。
 青年達は汗みずく。みんな真剣な面持ちです。頼もしいなぁという実感に満たされます。
 うちわ太鼓を叩きながら唱和するお坊さん達の一行も…。
 「私たちは創価学会員です。公明党の山口代表に届ける署名を集めています」と三色旗を掲げて訴える一行には癒される思いがします。「がんばってるな〜」と声をかけました。
 大きな風船の固まりが議事堂前の車道に広がっているるらしい様子が覗えます。すると少し人の動きがスムーズになり始めました。辿っていくとどうやら中央分離帯らしいところで動けなくなりました。正面に議事堂が見えています。そこからは最早動けません。
 朝ちゃんが撮った写真を一枚、メールで送ってもらいました。それが上記の写真です。
 集会が始まっているらしく、挨拶・決意表明らしい声の断片が聞こえるのですが、ここからはラップのコールにかき消されて話の内容は分かりません。
 しかし、周辺のだれもが「行動に参加している」という充実感に満ちた表情をしています。
 上空を取材らしいヘリコプターが何度も旋回しています。「上から見るとどんな風に見えるのだろう。全体像はどううなっているのだろう」とヘリコプターを見上げるのですが、その様子は夜遅くに帰宅してから、大阪で配布されたという「しんぶん赤旗」の号外を見るまで、そして今日の詳報を読むまで判然とは分かりませんでした。
b0142158_1771670.jpg

 写真右下の木の側にある白い一角が「給水所」ですから、ボクらはかなり前の方まで迫っていたことになります。それ以上前に行けなかったのも当然でしょう。
b0142158_1861589.jpg

 「安倍やめろ!」の横断幕(空断幕?)は畳数枚分はあろうかと思われるほど大きく、沢山の風船でつり上げられ、数人の青年達が支えていました。格好の目印になったことは言うまでもありません。ボクらはその直近のところにいたのです。
b0142158_171851.jpg

 ボクは1という意味、一人という意味を考えました。今日のボクは12万分の1です。7人で来たので一行は12万分の7です。こうやって一人一人が結集・参加するもとで12万人の行動が成立しているのです。全国で何百万人の人が心配したり、憤ったり、スタンディングや集会、署名に参加・協力していることでしょう。
 京都の駅頭でクルマ椅子に乗って無言のアピールを続けている井上吉郎氏の姿を思い出しました。彼にはいつも励まされているのです。
 大阪の行動も大成功。参加した人たち自身を大いに励ましたであろう感想にも沢山接しました。
 この取り組みの画期的な成功のうえに、経過・結末がどうなろうとも、新しいうねり、出発が始まったと確信できる日となりました。
 安保法制=戦争法は廃案。葬り去るしかないのです。
by itya-tyan | 2015-08-31 17:41 | 喜怒哀楽をともに… | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://isao3264.exblog.jp/tb/24842943
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。