翁長知事が国連で演説

「辺野古の状況を見てください」
    沖縄知事の国連演説、動画と全文

 遂に、翁長県知事が国連で実情を訴える演説をしました。
 約2分という短い時間でしたが実に見事な演説だったと思います。
 安倍首相のアメリカでのたどたどしい演説とは段違いでした。
 新しい、激動の一幕が始まるにちがいありません!
    
b0142158_1345043.jpg

 *英文原稿はクリックし、拡大して読んでください*

 日本語訳は以下の通りです。
 ありがとうございます、議長。
 私は、日本国沖縄県の知事、翁長雄志です。
 沖縄の人々の自己決定権がないがしろにされている辺野古の状況を、世界中から関心を持って見てください。
 沖縄県内の米軍基地は、第二次世界大戦後、米軍に強制接収されて出来た基地です。
 沖縄が自ら望んで土地を提供したものではありません。
 沖縄は日本国土の0.6%の面積しかありませんが、在日米軍専用施設の73.8%が存在しています。
 戦後70年間、いまだ米軍基地から派生する事件・事故や環境問題が県民生活に大きな影響を与え続けています。
 このように沖縄の人々は自己決定権や人権をないがしろにされています。
 自国民の自由、平等、人権、民主主義、そういったものを守れない国が、どうして世界の国々とその価値観を共有できるのでしょうか。
 日本政府は、昨年、沖縄で行われた全ての選挙で示された民意を一顧だにせず、美しい海を埋め立てて辺野古新基地建設作業を強行しようとしています。
 私は、あらゆる手段を使って新基地建設を止める覚悟です。
 今日はこのような説明の場が頂けたことを感謝しております。
 ありがとうございました。



 *上記は「沖縄タイムスの報道」を転用させてもらいました*
by itya-tyan | 2015-09-22 13:46 | 喜怒哀楽をともに… | Trackback | Comments(1)
トラックバックURL : http://isao3264.exblog.jp/tb/24922371
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by itya-tyan at 2015-11-08 15:27
1カ月前、このカキコに「あくあ」という方からコメントがあったので、「『あくあ』氏との連絡はとりようがありません」と断った上で、「『あくあ』氏が堂々と登場してくださるのであれば『意見交換のうえ』公開するかどうかを判断させていただきます」との返信コメントを掲載しておきました。が、1カ月たってもご登場いただけないので、関連コメントを削除いたします。