大久野島で見つけた記録!

 この25、26日、広島県のホロコースト記念館や大久野島、毒ガス資料館を訪問した。
 紀行文ではないので、毒ガス資料館で見つけた一つの資料のことだけを記しておきたい。
 一言触れておけば、大久野島は毒ガス島とも呼ばれる。それはアジア太平洋戦争時に国際法違反を承知の上で大量の毒ガスを製造していたからだ。 
 製造に従事した人の多くが死亡、あるいは後遺症に悩まされ、中国大陸ではその効能を試すために人体実験を行い、かつ、毒ガス使用によって多数の中国人を死に至らしめた。戦後、放置された毒ガス弾の被害は今も続く。
 国際法違反の毒ガス製造の事実を隠蔽するため、大久野島は地図からも抹消されていた。
b0142158_1291748.jpg

b0142158_12102968.jpg

 興味深い展示はいくつもあったが、中でも目を引いたのは毒ガス使用命令書だ。見学者の多くはさらりと目を通して流れてゆくので惜しいと思い、音読すると耳を傾けてくれる人が多数おられた。
 ここでは、この一文を書き出しておきたい。

極秘
大陸指第110号
    指  示
大陸命第39号及び第75号に基づき更に左の如く指示す
1、左記範囲に於いてあか筒軽迫撃砲用あか弾を使用することを得
 ⑴使用目的 山地帯に蟠踞する敵匪の掃討戦に使用す
 ⑵使用地域 山西省及び之に隣接する山地地方
 ⑶使用法  勉めて煙に混用し厳にガス使用の事実を秘匿し其の痕
       跡を残さざる如く注意するを要す
2、別紙の如くあか弾及びあか筒を交付す
    昭和13年4月11日 
               参謀総長戴仁親王


 僕の興味を引いた幾つかの点を列挙しておく。
 あか筒あか弾とは、上段の写真にある毒ガス弾を発射する砲筒(軽迫撃砲)と弾頭のことだ。使用することを得とあるので、一見「使っても良い」とも読めるが、実は「使え」という命令にほかならない。
 蟠踞(ばんきょ)する敵匪とは時代がかった言葉だが、広大な土地に根を張っている敵ということだ。敵匪(てきひ)という言葉はもう死語と言ってもいいのだろう。手元の2、3の辞書にはない。が、およその意味はわかる。である匪賊(ひぞく)のことだ。匪賊は辞書にある。徒党を組んで略奪・殺人などを行う盗賊のことだ。日本の侵略に抵抗する正規・非正規の中国人部隊をことごとく敵匪、盗賊とみなし、蔑み、毒ガスを用いて殲滅しようと企んだのだ。
 その使用地域を見て驚いた。山西省及び之に隣接する山地地方とあるではないか。山西省(さんせいしょう)は華北鉄道の沿線にある、どちらかといえば辺境と言っても過言ではない地域だ。解放軍の根拠地の一つであり、ボクの生まれたのは山西省楡次県(ゆじけん)楡次城内なのだ。
 最後のくだりには極めて重要な内容が含まれている。
 勉めて煙に混用し厳にガス使用の事実を秘匿し其の痕跡を残さざる如く注意するを要す
 極力、煙に混ぜて使い、厳に毒ガスを使用したという事実がバレないように注意せよ!というのである。
 なぜこのような仰々しい注意書きが必要だったのか。
 1899年のハーグ陸戦条約は最初の明文規定として化学兵器の国際規制が決められていた。1925年には第一次世界大戦での化学戦での悲惨な結果を踏まえ、ジュネーブ議定書が締結されていた。ジュネーブ議定書の正式名称は「窒息性ガス、毒性ガスまたはこれらに類するガス及び細菌学的手段の戦争における使用の禁止に関する議定書」というもので、1928年に発効している。
 大久野島を地図から抹消してまで毒ガスの製造を秘匿し、戦地においてはその使用を厳に秘匿と命じたのも、国際法違反を承知の上の暴挙であり、愚行であることを百も承知していたからだった。
 さて、最後に参謀総長戴仁親王のことだ。現場ではこの親王の名を何と読むのかわかる人がいなかった。で、手持ちのタブレットで確認してみると閑院宮載仁親王(かんいんのみや ことひとしんのう)ということがわかった。皇室の一員たる参謀総長による命令だったのだ!
by itya-tyan | 2016-09-29 15:46 | くらしと政治の原点 ー 憲法 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://isao3264.exblog.jp/tb/26234670
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。