b0142158_09240926.jpg

 *一応、経過の報告をしておきましょう*
 一昨日に続いて、昨日は午前中自宅で難行苦行!
 午後は病院にて胃カメラ、そして大腸検査。
 胃カメラの時から鎮静剤を使ってもらったのですぐ眠ってしまい、気がつくと胃の検査は終わっていました。何箇所か組織検査用に摘出されたようです。
 大腸検査の方は、かなり奥までカメラが挿入されるため、あちこちのカーブで突き当り、痛くて思わず「ウン、ウン」と唸ってしまいます。モニター画面で進行が見れるので、その画面を眺めている方が気を散らすことができ、痛覚を抑えられます。ポリープなどがあれば即摘出をお願いしてあったのですが、一箇所も摘出せずに済んだようでした。
 主治医の先生の姿が見えたので、まだボンヤリしつつも「ありがとうございました」と声をかけると「今、結果を説明してもすぐ忘れるだろうから、またにしよう」と言われました。
 一連の検査が終わっても鎮静剤の効果は強く残っておりフラフラします。病院では最低2時間所用のベッドで横になってから帰ることになっています。この2時間がクセものでした。鎮静剤はある種の劇薬のようで、いろいろな夢めいたものを見たり、いろいろなことを考えたりするのですが、体が全く動かせません。こういう薬が濃厚に効くのは歳のせいだろうか?と考えたりしました。
 帰路、ホンの一口のお茶がうまかった。帰宅は遅くなり、念願の夕食だったがまだ鎮静剤の効果が残っているらしいことと、長時間にわたる絶食、排便の結果なのか、うまく食欲がわかない。フラっとする。就寝しても寝付けず今朝まで難行苦行は続きました。もうすぐ、昼食ですが、これで落ち着くかな〜?といった気分です。

 長らくアップしていなかったので、どうしたのか?と訝り、心配してくれた方々もおられるようです。
 申し訳ないことでした。が、当方は一応元気です。
 この間、特筆すべきことをあえて言えば、大阪革新懇、赤旗近畿のページ、大阪民主新報などに依頼されて寄稿したことでしょうか。
 しかし、今日のアップは少々なさけない話です。実は今日から明日にかけて難行苦行を強いられる日なのです。
 一つは先日町内会の会議後、懇談していた時、百円玉位の大きさのクラッッカーをかじって歯が欠けてしまったことです。今日はこの一週間入れていた仮歯を出来上がった本歯に入れ替えてもらいました。そのために半日まるまるかかったのです。
 もう一つは、今日から明日にかけての苦行です。明日は下部内視鏡スクリーニングと、上部内視鏡スクリーニングをうけることです。特に下部内視鏡の方は今日の朝食から食事制限があり、夜にはピコスルアルファー内容液の服用、明朝はモサプリドクエン酸錠の服用に続いてムーベンの大量服用と排便という大げさな準備をしなければなりません。
 こんな準備をしたうえで病院に赴き、スクリーニングを受けるのです。特に病状があるわけでなく、定期検査の一種なので心配はしていませんが、その手順の煩雑さは、慣れているとはいうものの苦行には違いありません。
 と…、ボクには珍しい私事のアップでした。でも、まぁ、同情は不要ですよ!

b0142158_11083864.jpg
 FBで見つけたのですが、トランプ氏の就任演説を、関西弁に全訳してくれた人がいました。 とても面白いので、ここに引っ張ってきました。FBをしていない友達のために…!
アメリカの第45代大統領にドナルド・トランプ氏が就任しました。以下はトランプ新大統領の就任演説の関西弁訳全文です。

ロバーツ最高裁判所長官、カーター元大統領、クリントン元大統領、ブッシュ元大統領、オバマ大統領、そんでアメリカ国民の皆さん、世界の皆さん、ほんまおおきに。
ワシらアメリカ国民はな、きょう、あかんようになってきてるアメリカをもう一回うまいこといくようにして、国が国民の人らに約束したことをしっかり守るために、国と一緒にがんばろうや言うて約束したんや。
ワシらと一緒に、アメリカちゅう国と外国のみんなと一緒にこの後何年かは、どないしようかいうて決めるつもりやで。
そやけど、ワシらみんなに待ってるのは平たんな道ちゃうで。たぶんにっちもさっちもいかんように思うことも出てくる思うわ。
そやけどな。ワシらはきっと大丈夫や。それはなんでか?
それはな、ワシらアメリカ人はや。4年ごとに、きっちりお行儀よう、喧嘩せんようにこうやって政権を移行する為に集まるやろ?そんなことできるんやから大丈夫やで!
ワシらトランプ政権はね。この政権引き渡しの間の、オバマはん、そしてオバマはんとこの嫁はんの、、あのー。。あれ、、あれ?なんていうたかなぁ。。そや。ミシェルさんな。そうそうミッシェルさんや。
あの二人からほんまようしてもろた。ワシほんま嬉しかった。あの人らほんまようできた人やで。ほんま立派。

そやけどここからや。こっから大事やで。きょうの就任式。これはただの就任式ちゃうで。特別な日や。なんでかわかるか?
今日はな、単にワシらが、ひとつの政権いうもんを次の政権の方に渡す、まぁそれか、1つの政党から別の政党に引き渡すとかそういうもんとちゃうねん。言うたら「大きな力」、かっこよういうたら「パワー」やな。
それをここワシントンの政治屋からアメリカの国民。そう。あんたらにワシが返させた日やからや。

ほんま長かった。ワシントンのほんま一握りの連中が国の政治のおかげでええ思いする一方で、アメリカのみんながぎょうさんその分のツケを払わされてきたんや。
ワシントンはええよ。そら賑やかで金持ちになったかもしれんよな。そやけどあんたらはその分金持ちになったか?楽になったか?ぜんぜん何にもありつけてないやんか。
政治屋はそらええ思いしてきたかもしれんよ、そやけどみんなはどや?仕事はのうなってもうたし、勤めてた工場も閉まってもうてもうあらへんやんか。
今ええ思いしている連中は自分らのええようにしてきたかもしれんけどね。ワシらのことをちょっとでも考えて守ってくれた?そんなん聞いたことないで。
エラい人らが勝った勝った!言うてるのはワシらが勝ったいうのとまったく別もんやんか。
エラい人らがワシントンでやれパーティーやお祝いやどんちゃん騒ぎしとる一方で、実際がんばって現場で必死に闘ってるぎょうさんの人達。「家族」そう。「家族」や!家族がお祝いするような気分にひっとつもならんかったやんか。
でもな。心配あらへん。今日からガラっと変わるで!ワシが今日から言うたら、「今!」「ここから」始まるんや。
なんでかいうたら、この瞬間自体がワシのもんとちゃう。みんなの瞬間だからや!。ちょっとええカッコいうたな。でもこれはほんまやで、今日はここに集まっているみんなのもんやとワシは思っとるよ。
そんで、忘れてないで。アメリカのなかでワシの話をテレビやネットでも見てる皆んなのもんでもあるんやで。
今日という日は、「みんなの日!」もう「みんなの日」ちゅう祭日にしてもええくらい。みんなへの大感謝デーや。そんでな、このアメリカ合衆国は、みんなの国なんよ。
ほんまに大事なことよこれは。どっちの政党が政権をとるかみたいな話ちゃうねん。ええか?「このワシントンのキンタマをみんなできっちり握っとんのか?」それがいっちばん大事なことなんや。

2017年1月20日はな、みんながこの国を取り返した日として多分忘れられん日になるで。この国から忘れられていたと寂しゅうなってた人もな、もう心配はいらんよ。この国があんたらを忘れられることはないんや。
もう大丈夫や。みんながあんたらの話しをちゃんと聞いてくれるようになるよ。外国の人らかて例外やない。これまで見たことのないような動きになるし、あんたらもその仲間の一人として、びっくりするようなぎょうさんのことが起きるよこれから。
これからの起こるぎょうさんのことにはな、ただなんとのう起きるんちゃうで。信念があるねん。どんな信念か?そらな。国はみんながようなる為にがんばって働くもんやいうことや。
アメリカのみんなはな。チビらをええ学校入れたったり、嫁はん子供、歳行った親父やお袋のために犯罪者に怯えんでええような住む場所と、そんで自分たちのためにええ条件の仕事をしたいと思うやんか。
そらね。別に恥ずかしいことでもなんでもない。当たり前の話しやで。むしろよう弁えたようできた人やで。これほんま。
そやけどな。あんまりやと思うやろ?全然違うやんか、自分らの周り見渡したら。
母ちゃんと子供は貧乏で見るに堪えんし、国中に錆びたボロ工場が「これわしらの墓石かいや!」いうくらい溢れかえっとるわ。
なんや学校一つ行かせるにも、物事一つ教えとうてもカネカネカネでとても払えん。やればようできるような若っかい子らもな、ちゃんと実になることも勉強できとりゃせんやんか。
挙句の果てには犯罪やー、ギャングやー、シャブや言うて死なんでええような、ぎょうさんの人間が殺されとんねん。あの子ら生きとったら思ったらワシほんまよう言わんわ。
このアメリカの殺し合いはな、いま!ここで!そや!いま、ここで終わるで!
ワシらは一個の国や。えらい目おうとる人らの痛みはワシらの痛みなんや。で、みんなの夢はワシらの夢。そんでな、いまえらい目おうとるみんながな、ええ生活になるのはワシらみんなの成功や。
ワシらはな、心は1つ、故郷も1つ、そんで今日ほんまの意味で一連托生いうやつになったんや。

きょうのワシの宣誓はな、すべてのアメリカのみんなに尽くすと決めた宣誓や。何十年もな、ワシらは、アメリカの会社や仕事を潰しながら、他所の国の連中にええ思いさせてきたったんや。
よその国の兵隊をようしたったのに、情けないことに、うちらの身内の兵隊をえらい目に遭わせてきたんや。
よその国の国境を守ってやっとるのに、自分らの国境はガバガバのツーツーにしてきたんや。
そんで、何兆ドル!何兆ドルやで!そんな大金をよその国でばらまいとるのに、アメリカの会社やら仕事はめちゃめちゃに廃れてもうとるがな。
ワシらがよその国にええ思いさせたっとるのに、ワシら身内のカネも昔の力も、そんでなによりも「ワシら世界一のアメリカ人や!」いう自信はどっか行ってもうた、ほんまそれこそ遥かかなたの銀河系でっちゅうくらい遠くに行ってもうたわ。
置いてけぼりにされた何百万人ものアメリカ人の働くおっさんのことも考えんと、1つ、もう1ついうて簡単に工場を閉鎖しやがって、みんなおらんようになってもうた。
別に贅沢しとるわけとちゃう普通の家の人らのちょっとばかりの蓄えを、がんばってる人らの家からもぎ取って、よその国にバラまいとるようなもんやで。
でもな。そんなことももう昔話になるで。
今日からな、ワシらはこれから先のことを見ていくんやで。きょうここに集まってくれたみんなにな、新らしい「これっ!」ちゅう方針を出すで。
全部の街、ぜんぶの外国の首都、そんで権力が集まる全部の場所で、この話は「ほんまかいや!?」言うて噂になるで!
今日この日からな「新しいビジョン」ちゅうやつが、がワシらの国を治めていくんや。

この瞬間からな。アメリカ第一や!安全第一ちゃうで「アメリカ第一!」。
貿易とか税金、よその国から入って来るヤツ、よその国との揉め事一切のすべての決めごとはな、アメリカの働くみんなとアメリカの家族がええ思いできるように決めていくからな。
よその国が、ワシらが考えたモンを作って、ワシらの会社をくすね取って、ワシらの仕事をめちゃめちゃにするという盗賊みたいなことから、ワシらの国境を守らんとあかん。
「保護主義」っちゅうやつや。これこそアメリカがもういっぺん強おて、金持ちになれる方法や。
ワシは全力!フルパワーでみんなのために戦うで。何があってもみんなに「あのおっさん口だけやんけ」とは言われんようにするわ。
アメリカはもう一回勝ち始めるで。ちゅうか、今まで見たことないくらい勝ちまくるで。
ワシらは仕事を取り戻すで。ワシらは国境を取り戻すで。ワシらは豊かさを取り戻すんや。そして、ワシらの夢を取り戻すんや。

ワシら、どーんと新しい道路とか、高速道路作ったり。ばーんと橋かけたり、どっかーんって空港とかトンネルとかそんで、ばぁーーーって鉄道を、このワシらの国にぶわぁーーーーって引きまくるよ。
ワシら、生活保護でぼけっと金だけもろとるような人間を引っ張ってでも仕事につかせるようにするで。
アメリカ人の手で、アメリカの働く人らによって、ワシらの国をもう一回立て直すんや。
ワシらのルールはホンマ簡単。たった2つや。これを守らんやつは承知せんで。
ひと~つ!アメリカのものを買う。ふた~つ!アメリカ人を雇う。
ワシらは、よその国の人間にも、友達や、仲ようしよや。とは言うよ。そやけどな、よその国も、自分たちがええ思いするように自分一番でやってもええいうことでもあるわな。
ワシらは、自分らの生き方を他の人たちに押しつけるようなことはせんようにしながら、自分たちが他人も羨むような生活ができるようになることで、他の人間たちの手本になったらええねん。

ワシらは古い同盟関係をより強うしながら、新たらしい同盟関係を作りたいねん。そんで、まともな国同士で示し合わせて、あのめちゃめちゃなイスラムのテロの連中を叩き潰してこの地球上から駆除したろ思っとるねん。
ワシらの根っこにあるもんはな、アメリカちゅう国に対する完全な忠誠心や。
そんでな、この国への忠誠心を通して、ワシらはお互いが「おっお前なかなかちゃんとしとる奴やないけ!」って思える世の中にしたいねん。
もしな。愛国心をバカにせんと心を開いてくれたらな。それこそ偏見とかが生まれへん世の中になるんちゃうかなと思うで。
聖書も言うとるやん。「神の民が団結して生きていることができたら、どれほどすばらしいことでしょうか」て。
ワシらみんながな、心を開いてよう話おうて、そら、気に入らんこともあるやろうけど、そんな時はちゃんと膝詰めて話おうたらええねん。でもな、最後はちゃんと団結せなあかんよ。
アメリカが団結したらな、だーれも、アメリカが前に進むのを止められるわけないで。
そこにビビったらあかん。ワシらは守られる。そんで守られ続けるんや。
ワシらは、最強の軍隊、そして、法律を守るために働いてる男の人、女の人に、守られとるんやで。
そして一番大切なことやけどな。何をかくそうワシらは神さんに守られとるんやで。

えらい長話になってもうたな。これで最後やさかいよう聞いてや。
ワシらは大きいこと考えて、大きい夢を見なあかん。
アメリカのみんなは、努力をしとる。ワシは知っとるで。みんなよう頑張っとる。
この国ががんばってありつづけるいうことをちゃんと理解しとるわ。
ワシらは、「あれが足らん、これが嫌や」言うて文句ばっかり言うて、やることもやらんと困っとる人間を放置するような政治家はもう絶対にうけつけんよ。
お利口やけど空っぽな話をする時間はもうやめや。
「やる!」言うたらやるときが来たんや。
もう出来もせんことをああだこうだ言うのはヤメにしょうや!アメリカの心意気!闘争心!この気合入ったワシらの魂を打ち負かすようなややこしい話なんかあるわけないねん。
ワシらはもうしくじるようなことはないで。ワシらはもう一回調子ようなって、みんなでええ思い出来るようになるで。
ワシらはこの新世紀のはじまりに、宇宙の謎を解き明かして、地球を病気の心配ないようにして、未来のエネルギーとか産業とか技術を利用できるようにしてるんや。ワシあんまり難しいことわからんけどな。
この新しい国の誇りはな、ワシらの魂を呼び覚まして、新しいものの見方をできるようになって、バラバラになっとるもんをもう一回繋ぎなおしてええ方向にいくんちゃうかな。
ワシらの兵士が絶対忘れんかった、「おじいちゃんの知恵的なやつ」を思い起こすときや。
それはワシらが黒い肌でも、褐色の肌でも、白い肌でも、ワシらは同じ愛国者としての赤い血を流して、偉大な自由ちゅうやつの恩恵をもろうて、そんで、偉大なアメリカ国旗を讃え尊敬するちゅうことや。
デトロイトの街はずれで生まれた子も、吹きっさらしのネブラスカのクソ田舎で生まれた子らも、同じ夜空を見てる、同じ夢で心をいっぱいにしてる、そんで同じ神さんから命をもろうた子やっちゅうことや。
だからこそアメリカ人のみんなに言うで。近い街にいる人も、遠い街にいる人も、小さな村にいる人も、大きな村にいる人も、山から山へ、海から海へとな、この言葉を伝えるわ。
あんたらはもう二度と無視されることはないで。
あんたらの声、希望、夢はアメリカの運命を決定づけていくんや。
そんであんたの勇気、ええ人さ、愛がワシらの行く道の案内人になるんや。いっしょに、ワシらはアメリカを再び強うしょうや。
ワシらはアメリカを再び豊かにするで。
ワシらはアメリカを再び誇り高い国にするで。
ワシらはアメリカを再び安全な国にするで。
そんで、一緒に、ワシらはアメリカを再び偉大にするんや。
おおきに。えらいおおきに。
神さんの祝福がみんなにあるように。神さんがアメリカを祝福してくれたらと思いますわ。

英語全文は以下をクリックしてください!

                                   


 1月20日、トランプ氏がアメリカ大統領への就任演説をしました。あちこちで論評されていますが、ボクなりに和訳全文を読んでみた感想と記録を残しておきたいと思います。訳は手に入った速さから「朝日新聞」のものを使いました。この記事には4本の小見出しが付いています。
b0142158_11312205.jpg
 
  全体はとても情緒的で、理性、論理性を欠いているように思えますが、朝日新聞による4本の小見出しは順に以下のようになっています。
  ワシントンから国民に権力を戻す
  「米国第一」だけがビジョンになる
  米製品を買い 米国人を雇用する
  ともに再び米国を偉大な国にする

  ともあれ、この小見出しの順にボクの気のついた点を記していきましょう。
 グローバル経済と新自由主義の行き詰まりは深刻
 トランプ氏は次のように述べています。
 私たちは、首都ワシントンから権力を移し、国民の皆さんに戻すのです。
 あまりに長い間、この国の首都の小さな集団が政府からの恩恵にあずかる一方、国民はそのつけを背負わされてきました。

 ワシントンは栄えましたが、国民はその富を共有しませんでした。
 政治家は豊かになりましたが、職は失われ、工場も閉鎖されました。
 既得権層は己の身は守りましたが、我が国の市民は守りませんでした。
 彼らの勝利は、皆さんの勝利ではありませんでした。彼らの大成功は、皆さんの大成功ではありませんでした。そして彼らが首都で祝っているとき、私たちの国のいたる所で苦しんでいる家族にとって喜ぶことはほとんどありませんでした。

 とても多くの市民にとっては、違った現実が存在しています。荒廃した都市部では貧困の中に閉じ込められた母子たちがいます。さび付いた工場群が、まるで墓石のように私たちの国土の風景のあちこちに広がっています。教育制度には、潤沢な資金があるのに、若く、光り輝く生徒は、あらゆる知識を得られないでいます。犯罪と悪党と麻薬によってあまりに多くの命が失われ、私たちの国からまだ実を結んでいない多くの潜在力を奪っています。
 ここには、確かに今日のアメリカ社会の歪んだ一端が表現されていることは間違いないでしょう。

歪んだ被害者意識、国際社会への間違った認識 
 しかし、「米国第一」を唱える国際社会への認識は根底的に間違っており、このような認識を是とする国々はほとんどないのではないでしょうか。
 何十年もの間、私たちは米国の産業を犠牲にして外国の産業を豊かにしてきました。自国の軍隊の悲しむべき疲弊を許しておきながら、他国の軍を援助してきました。私たち自身の国境を守ることを拒否しながら、他国の国境を防衛してきました。そして、米国のインフラが荒廃し、劣化する一方で、何兆ドルも海外につぎ込んできました。私たちの国の富、強さ、自信が地平線のかなたに消えていったさなかに、私たちは他国を裕福にしてきたのです。
 
 *一つずつ工場がシャッターを閉め、海外へ流出していったのに、取り残された何百万人もの米国人労働者のことは一顧だにされませんでした。
 *私たちの中流階層の富は、彼らの家から引きはがされ、世界中にばらまかれたのです。

 この日から、「米国第一」だけになるのです。米国第一です。

排外主義の匂い漂う国境論、国益第一主義
 トランプ氏は貿易、税金、移民、そして外交問題に関するすべての決定は…米国民の利益が基準だとして以下のように述べています。
 私たちの製品をつくり、私たちの企業を奪い、雇用を破壊する他国の行為から、私たちは国境を守らなければなりません。防御が、大いなる繁栄と強さをもたらすのです。
 続けて、トランプ氏は米国は再び勝利に向かいます。これまでにないほどにと述べ、雇用を取り戻し、国境を取り戻し、富を取り戻します。そして、私たちは夢をも取り戻すのですと説き、そのルールとして私たちが守るのは二つの単純なルールです。米国製品を購入し、米国人を雇用することを挙げています。
 トランプ氏は私たちは世界中の国々との友好と親善を求めますとは言うのですが、私たちがそうするのは、すべての国々が自己の国益を第一に考える権利があるという理解のもとにですとも述べ、明らさまな国境論、国益第一主義を唱えています。
 この国境論と国益第一主義に排外主義の匂いを嗅ぎ取り、批判の矛先を向ける人々が少なくないのも頷けることではないでしょうか。

イスラム=テロリズムと断定、米国=「偉大な国」は神がかり
 トランプ氏は、イスラム=テロリズムという構図を描、撲滅を訴えています。 
 私たちは従来の同盟を強化し、新しい同盟を結びます。文明世界を結束させて過激なイスラムのテロリズムに立ち向かい、地球上から撲滅します。

 トランプ氏は一見当然のことを言っているようにも見えます。
 私たちは新たな時代の幕開けにいます。宇宙の謎を解き、地球を疫病の悲劇から救い、明日の新たなエネルギー、産業、技術を活用する時です。

 我が国の軍人が決して忘れることのない古い教えを思い出しましょう。肌の色が黒でも褐色でも白であっても、私たちには同じ愛国者の赤い血が流れているということです。私たちは皆、この輝かしい自由を謳歌(おうか)し、みな同じ、偉大な星条旗に敬礼します。

 しかし、この結びのくだり全体はとても神がかり的です。
 聖書の教えが引用され、最も重大なのは、私たちは神からも守られているということだとか、同じ夜空を眺め、同じ夢で胸を満たし、同じ神から与えられた命の息吹きで満たされるなど、宗教的な言葉が多用されています。
 トランプ氏の神とは、言わずと知れたキリスト教、特にカトリック系であることは論を待たないでしょう。そこには異なる価値観を持った諸文明間の共存という発想が極めて脆弱であることが見て取れます。偏狭と言っても過言ではないでしょう。
 こう考えてみると、アメリカ社会の慣用句ではあるのでしょうが、結びの「神のご加護」という言葉に深い意味が隠されているような思いがします。
 
 ともに、再び米国を偉大な国にするのです。ありがとう。皆さんに神のご加護を。米国に神のご加護を。
 Thank you. God bless you. And God bless America. Thank you. God bless America.

 とまれ!お笑いを一つ!
 God bless you.という言葉は、確かに「あなたに神のご加護がありますように!」という意味ですが…、
 God bless me.となると、「しまった!」とか「おやおや!」、「まぁ大変だ!」などという意味になります。
 トランプ氏にも「God bless me!」と言ってもらいたかったような気がするのは、ボクだけかなぁ…!