カテゴリ:ちょいまち草( 145 )

 安保法制=戦争立法の怪!
 国際社会に通用しない概念!
 英訳できない不思議な言葉!
 一体化と駆けつけ警護

 
 安保法制=戦争立法にいう「一体化」の適当な訳語が見つからず、外務省の公式HPではittaikaという言葉がそのまま使われているという報道に接しました。
 ボクは学生時代以来長くナマの英語に接したことはほとんど無く、難しいのだけれど、由々しき事態だと思うので、あえて外務省のHPの該当部分を探して見ました。

 該当部分自体は比較的簡単に検索できます。でも、全文を引用するとなると大変なので、局所だけを書き留めておきます。

 所在は例の「閣議決定」です。
 国の存立を全うし、国民を守るための切れ目のない安全保障法 制の整備について 平成26年7月1日 国家安全保障会議決定 閣議決定
 英訳は次のようです。
 Cabinet Decision on Development of Seamless Security Legislation to Ensure Japan's Survival and Protect its People

 その中に次の節がありました。
 (1) いわゆる後方支援と「武力の行使との一体化」
 1) So-called Logistics Support and "Ittaika with the Use of Force"

 
 文面を拾って行くと何カ所かに、次のような表現が出て来ます。
"ittaika with the use of force" (forming an "integral part" of the use of force)
 どう見ても、ヘンな言葉です。ボクなりの訳でも当たらずとも遠からずのはずですが…。
 "ittaika with the use of force" は 武力行使を持つittaika または武力行使をともなうittaika
forming an "integral part" of the use of forceとは武力行使の「不可欠な部分」を形成する
 と読めます。
 国会のやりとりでは安倍総理や中谷防衛相、岸田外務相らがあれこれ言い訳していますが、英訳してみればどうみても「武力行使」と一体「不可欠」と書かざるを得ず、何とか違いを強調しようとすると、ittaikaなどという造語を弄ばざるを得ないというワケです。

 同じようなことを「駆けつけ警護」という言葉についても発見しました。kaketsuke-keigoとあります。
 こんな具合です。
 "kaketsuke-keigo" (coming to the aid of geographically distant unit or personnel under attack)
 これはどんな意味でしょう?
 coming to the aid of geographically distant unit or personnel under attackつまり、地理的に遠いユニットの援助または攻撃下の人員のところに行く(来る)と読めるのです。
 とても「駆けつける」というニュアンスでないことは明らかです。「遠征」「派兵」そのものではないでしょうか。

 こんな姑息な言葉遣いを誰が「開発」したのでしょうか。国民をたぶらかすのは程ほどにしてもらいたい!改めて強く思った次第です。

b0142158_16425652.gif2015/06/17 公式動画
自民党
村上誠一郎議員が涙を流して独白  安倍政権の安保法制を批判

b0142158_16454512.jpg ボクは本当に驚いた。村上氏が頑張っていることは知っていたし、貴重な人だとは思っていたが、本当に義憤の涙を流して語っているではないか

 朝日新聞で自民党元副総裁山崎拓氏が「今回の安保法制は、米国のいわば『番犬』となるための法整備となりかねない。米国が国連決議なしに中東の紛争に関わる時、『番犬』として自衛隊が巻き込まれるのは馬鹿げている」「他国の戦争に出て行かないことこそ本当の平和主義」と語っていました。
 テレビの対談では自民党元幹事長の野中広務氏が「自衛隊を海外へ出したら、必ず戦死者が出る。大変な過ちを犯そうとしている。本当に戦後70年は何だったのか。悔しくて、悔しくて夜も眠れないほど悔しい」と語り、同じく元幹事長の古賀誠氏が「とんでもない法制化がすすめられようとしている。自民党の先生方、何で黙っているんだ。ここで声を出さなければ日本の平和はどうなって行くのか」と応じていました。

 しかし、現役の自民党国会議員がここまで語るのは見上げたものだと思わざるを得ません。
 ボクはとっくりとこの発言を視聴し、記事を読んだのです。いちいち頷ける話で感心しました。
 みなさんもぜひご覧下さい。願わくば「拡散」も…!
 自民党・村上誠一郎議員が涙を流して独白(クリック)
 「安保法制が合憲」だという憲法学者は3人?
 菅官房長官の発言について、水井多賀子さんがlite-raに書いておられる。
 
 驚くことに、菅官房長官はこうも言い切ったのだ。
「まったく違憲でないという著名な憲法学者もたくさんいる」
 じゃあ、その憲法学者を呼んだらよかったじゃん!とツッコミたいところだが、しかし待て。ほんとうにそんな人物が、たくさんこの世に存在するのだろうか。

 誰しもが持つ疑問だろう。

 いくら考えても調べても、思いつくのはせいぜい3名しかいない。それは、西修・駒澤大学名誉教授と、百地章・日本大学教授、そして八木秀次・麗澤大学教授だけだ。参考人として国会に呼ばれた憲法学者のひとりである小林節・慶應義塾大学名誉教授も、昨日の審議会後に「日本の憲法学者は何百人もいるが、(違憲ではないと言うのは)2、3人。(違憲とみるのが)学説上の常識であり、歴史的常識だ」(朝日新聞より)と語ったというが、きっと小林氏の頭のなかにもこの3名の顔が浮かんだはずだ。
 この3人ならボクも知っている。苦々しく思ったこともある。「明日の自由を考える若手弁護士の会」の皆さんとも一致している。衆目一致というところか!

 ところで…
 この3名は揃いも揃ってかなりのトンデモ発言を連発している面々なのである。

 トンデモ発言は本文で確認して頂きたい(該当部分は2㌻に)。
保守系学者までが違憲と…「安保法制が合憲」だという憲法学者は3人しかいなかった?(クリック)

 水井氏は知の力でもこの暴走を止められないとなると、今後、日本はどうなってしまうのだろうかと結んで居られる。
 痛切な指摘だが、ボクはだからこそ政府与党に強く撤回を求め、超党派の力で廃案にさせなければならないと考えている。

*ちょっとおアソビ!*
 2は多い、2 や 3 に多の意味が生ずる場合があると書いている人がいた。但し、これは言葉・文字の探究の話だ。菅氏の強調は幼稚すぎて当たらない*
 2は多い、2 や 3 に多の意味が生ずる(クリック)
 憲法調査会の席で、参考人3氏が「戦争立法は違憲」と述べた件について、菅官房長官は記者会見で、「全く違憲でないと言う著名な憲法学者もたくさんいる。」と述べたという!
 そりゃ、まぁそんなイデオローグはいるだろうとは思うが、大勢ではあるまい。どのくらいおられるのか?興味深い…!

 「明日の自由を守る若手弁護士の会」がブログにアップしてくれたので借用させて頂く!
b0142158_93012.jpg


 本文は、こちら…
戦争法案は合憲って語る憲法学者、「たくさん」いるなら出てこーい(クリック)
 安保法制、3学者全員「違憲」 憲法審査会で見解

b0142158_18431062.jpgNHK始め各紙が、衆議院憲法審査会の参考人質疑の席上、出席した3人の学識経験者全員が「憲法違反に当たる」という認識を示されたと報道しています。
b0142158_18474259.jpg

 出席したのは、自民・公明・次世代推薦の長谷部恭男・早大教授、民主党推薦の小林節・慶大名誉教授、維新の党推薦の笹田栄司・早大教授の3人でした。
 朝日新聞によれば、お三方の発言の大意は以下のようです。
 憲法改正に慎重な立場の長谷部氏は、集団的自衛権の行使を認める安保関連法案について「憲法違反だ」とし、「個別的自衛権のみ許されるという(9条の)論理で、なぜ集団的自衛権が許されるのか」と批判。
 9条改正が持論の小林氏も「憲法9条2項で、海外で軍事活動する法的資格を与えられていない。仲間の国を助けるために海外に戦争に行くのは9条違反だ」との見解を示した。
 笹田氏も、従来の政府による9条解釈が「ガラス細工と言えなくもない、ぎりぎりで保ってきた」との認識を示し、今回の法案について「(これまでの定義を)踏み越えてしまっており、違憲だ」と指摘した。


 こういうわけですから、自民党は「人選ミス」などと大慌て。公明党は「うちは関与していない」といいわけ。かねて自民応援団丸出しの「産経」も「人選ミス」と報道。肝心の論点についてはまともな報道をしていません。
 こんな具合です。
 自民党は参考人の人選を衆院法制局に一任したという。ただ、長谷部氏は安保法案に反対する有識者の団体で活動しているだけに調整ミスは明らか。…… 公明・井上幹事長が“人選ミス”に苦言
 「人選ミス」「調整ミス」なんて言い逃れたり、菅官房長官のように開き直ったりしているばあいではありません。
 戦争法案を撤回すべき時ではないでしょうか。少なくとも超党派で廃案にすべきです。

 ボクは厳粛な気持で安保関連法案に反対し、そのすみやかな廃案を求める憲法研究者(173人)の声明(クリック)を読み直しました。
 党首討論は正式には国家基本政策委員会合同審査会(党首討論)と言い、「合同審査」というのは衆参両院合同という意味です。
 その「党首討論」が今日、全く久しぶりに行われました。ボクは衆議院のHPで全体を見ました。
 民主党の岡田氏はそれなりに追及している風に見えなくもありませんが、「日米同盟」を是とする立場を最初に表明してしまい、戦争立法について「説明不足」「法解釈」の範囲にとどまり、迫力に欠けた感は否めません。
 維新の松野氏は与党であるのか、野党であるのか、とても不鮮明な発言のうえ、国会議員の定数問題でお茶を濁し、とても「国家基本政策」を論じているようには見えませんでした。
 日本共産党の志位氏の発言は、とても厳しい時間的制約のなか「戦後日本の立脚点」を安倍首相が踏まえていないことを端的に問う鋭いものだと実感しました。ご覧ください!
   

 ボクが注目したのは、安倍氏が2度にわたって「ポツダム宣言」を「つまびらかに読んでいない」「つまびらかに承知していない」と応じたことです。
 今となっては、知らない若者も多いのかも知れませんが、日本の「敗戦」「無条件降伏」とは「ポツダム宣言の全面受諾」のことです。これは戦後政治、国際社会の常識です。これを知らなくては、少なくとも戦後における政治家としての資格が問われます。
 つまり、安倍氏は日本の現代政治を預かる宰相・総理大臣はおろか「政治家として失格」であることを露呈したのです。

 志位氏が指摘したポツダム宣言やカイロ宣言の該当項目を、国立国会図書館の資料で確認しておきましょう。

 先ず、ポツダム宣言の第6項と第8項です。
 六、吾等ハ無責任ナル軍国主義カ世界ヨリ駆逐セラルルニ至ル迄ハ平和、安全及正義ノ新秩序カ生シ得サルコトヲ主張スルモノナルヲ以テ日本国国民ヲ欺瞞シ之ヲシテ世界征服ノ挙ニ出ツルノ過誤ヲ犯サシメタル者ノ権力及勢力ハ永久ニ除去セラレサルヘカラス

 八、「カイロ」宣言ノ条項ハ履行セラルヘク又日本国ノ主権ハ本州、北海道、九州及四国並ニ吾等ノ決定スル諸小島ニ局限セラルヘシ


 次に、カイロ宣言です。
 「ローズヴェルト」大統領、蒋介石大元帥及「チャーチル」総理大臣ハ、各自ノ軍事及外交顧問ト共ニ北「アフリカ」ニ於テ会議ヲ終了シ左ノ一般的声明ヲ発セラレタリ

 三大同盟国ハ日本国ノ侵略ヲ制止シ且之ヲ罰スル為今次ノ戦争ヲ為シツツアルモノナリ

 日本国ハ又暴力及貧慾ニ依リ日本国ノ略取シタル他ノ一切ノ地域ヨリ駆逐セラルヘシ

 志位氏は、あえて「侵略戦争だったと認めよ」とは踏み込まず、安倍首相が「間違った戦争だった」と認識しているのか、と問い詰めました。
 安倍氏は「不戦の誓い」だとか「平和」だとか言葉を並べましたが、ついに「間違った戦争」だったのかどうかにすら答えることができませんでした。
 
 ですから、志位氏に「あの戦争を間違っていたのかどうかすら判断できない者に、何故今日のアメリカの戦争の善悪を判断できるのか。できないではないか」と切り込まれるとギャフンとなってしまうのです。議場の背後にいた民主党の枝野氏も「うまい切り込みだ」と言わんばかりの反応をしていました。

 カタカナなので読みづらいかも知れませんが、国立国会図書館の資料を添付しておきます。
 ポツダム宣言(クリック)
 カイロ宣言(クリック)
 大阪市解体をめぐる住民投票が17日に迫っています。
 この程、市選管による「投票公報」が発行されました。
 一読して、真摯な対話に活用できるできばえだと思いました。
 ぜひお読みください!(クリック)
b0142158_14534359.jpg

 安倍首相がアメリカで上・下両院議員を前に英語でスピーチをしたという。45分もかかったそうだが、動画で見ると実にたどたどしい。フェイスブックに画像を投稿した人がおられた。上記がその写真だ。

 ボクは思わず笑ってしまった。
 だって、大きな活字で印字した英文原稿の途中に日本語があり、そこには(顔上げ拍手促す)とあったのだから…!
 これはホンモノの写真なのか?と疑いたくなる画像だ。で、読める部分を参考に報道記事を探して見た。あるある!
 英文では
 58 years have passed. Today, I am honored to stand here as the first Japanese Prime Minister ever to address your joint meeting. I extend my heartfelt gratitude to you for inviting me.
 その訳は
 以来58年、このたびは上下両院合同会議に日本国総理として初めてお話する機会を与えられましたことを、光栄に存じます。お招きに、感謝申し上げます。申し上げたいことはたくさんあります。

 報道記事はさすがにこんな手の込んだところは書いていないが、この*印のところに(顔上げ拍手促す)とあったのだ。たどたどしいワケもわかった。一つのセンテンスをぶつ切りに書いてある。
 こんなことなら「日本語で話して、通訳してもらえ!」という厳しい声が充満している。ボクもその通りだと思う。

 だが、笑って済ませないことがある。TBSテレビのニュースにあったこんな解説のことだ。
 安全保障法制については、まだ国会に法案が提出されていませんが、「この夏までに成就させます」「この夏までに必ず実現します」と2回も宣言しました。法案の審議が始まる前に期限を切って成立させると他の国の議会で語ったことは、野党側から「国会軽視も甚だしい」と非常に強い反発を受けるのは確実だと言えます。(30日05:23)
 「安全保障法制」とは日本を海外で戦争する国に変質させる「戦争立法」のことじゃないか。国民の多くは反対しているし、自民党元副総理山崎拓氏や元幹事長の野中広務氏、古賀誠氏ら重鎮とも言うべき方々も手厳しく批判されていることは前にも紹介した。
 まして、法案はまだ国会に提出されてもいない。提出もしていない「議案」を「他国の国会」で、「期限をきって」「成立を約束」するとはどういうことか!

 ボクはこの発言は国民主権の冒涜、国民への侮辱であると思う。
 衆参両院議長はこのような手続きを誤った法案は受理すべきではないと考える。
 単なる「釈明」や言い訳では済まない。言論の府の冒涜だ。
 法案提出の前に安倍首相は辞任すべきだ!

 憤慨に堪えないボクです。
 
 フェイスブックにアップされていた記事です。
 FBにノートをとも考えましたがこちらの方が少し範囲が広いのでこちらから…!

 改憲への危機感から、毎日ブログを書き続けておられるという澤藤統一郎氏の憲法日記からの引用です。

 同氏は昨日、今日から「大阪・夏の陣」が始まる。本日(4月27日)、大阪市の「特別区設置住民投票」が告示になる。これも大きな問題。安倍自民に擦り寄った維新が、「大阪都構想」の実現と改憲への協力をバーターにしているから、看過できない。

 全国的には落ち目の維新だが、大阪での勢いは侮りがたい。いったんは葬られたはずの大阪都構想が、不可解な経過で復活しての住民投票である。もっとも、正確には大阪都を作る住民投票ではない。「大阪市解体」住民投票なのだ。

 400年前の元和元年(1615年)大坂夏の陣の前哨戦の始まりが4月26日。短期決戦で5月7日には落城している。私は、維新の党の落城を期待し、かつ予想している。
と書き起こされ論陣を張っておられます。

 論旨は極めて明快、気持よい語り口だと感じました。
 ぜひ、全文に目を通して欲しいと思います。
 澤藤統一郎の憲法日記(クリック)
 いっせい地方選挙後半戦が終わりました。良い成績をあげたところも、惜敗に泣いたところもあります。候補者として奮闘されたみなさんをはじめ、多くの方々の労をねぎらいたいと思います!
b0142158_18121356.jpg
 さて、息つく暇もなく大阪市解体をめぐる「住民投票」が告示されました。「反対」と書いてくださるみなさんが多数を占めるよう頑張りたいと思います。
 この度「明るい民主大阪府政をつくる会」が分かりやすい動画を作ってくれました。
 標題は大阪都構想「5つの偽善」です。
 でも、まだアクセス数は少ないようなので、ここでも紹介します。
 いずれも1分少々のものなので是非ご覧いただき、シェアなどもしていただくと良いがなぁ!と思います。
  それぞれ赤い文字のところをクリックしてご覧ください!
b0142158_184361.jpg

Ver 1 大阪都構想 黒字の地下鉄を売りとばす 何のため?誰のため?

b0142158_1852450.jpg
Ver 2 大阪都構想 公立の幼稚園・保育所をみんな民営化??
b0142158_18712.jpg

Ver 3 大阪都構想 「二重行政」解消で4000億円浮くってホンマ?
b0142158_1895643.jpg

Ver 4 大阪都構想 「ブラック企業特区」をつくるって?
b0142158_18104842.jpg

Ver 5 大阪都構想 庶民が育んだ歴史ある大阪を守ろう!