カテゴリ:松本春野さん!勝手に応援団!( 27 )

 松本春野さんが富田林に来られるという。
 比較的早い時期から彼女の活躍に期待し、ブログの場でだけだが「勝手に応援団!」を自称してきた身としては嬉しい限りだ。
 期待した通りの活躍をされている。もう大丈夫だ!と思ったので、最近は追っかけのようなことは慎んでいた。当日は、そっと片隅で彼女の話を聞きたいと思っている。
 どんな話が聞けるのか、楽しみの限りだ!
b0142158_2254123.jpg
b0142158_22543760.jpg

 松本春野さんが富田林に来られるという。
 比較的早い時期から彼女の活躍に期待し、ブログの場でだけだが「勝手に応援団!」を自称してきた身としては嬉しい限りだ。
 期待した通りの活躍をされている。もう大丈夫だ!と思ったので、最近は追っかけのようなことは慎んでいた。当日は、そっと片隅で彼女の話を聞きたいと思っている。
 どんな話が聞けるのか、楽しみの限りだ!
b0142158_2254123.jpg
b0142158_22543760.jpg

b0142158_1436365.jpg
 東京新聞に松本春野さんの投稿が掲載されたそうです。
 かつては「勝手に応援団」なんて言っておりましたが、最近は「もう立派な大人(!)なので、あんまりベタベタしない方が良さそうだ」と自重しているのです。で、この一文を読んで、その感を深くした次第です!
 良い文章だと思いました。
 が、原発をめぐる諸問題については、語るべきことはまだまだあると思います。政治のあり方についての切り込みの手をゆるめてはいけない、とも思います。
 福島の現実をしっかりと全面的に受けとめる必要がありますね〜!
 * 記事はクリックで拡大できます *
b0142158_1336328.jpg


 春野さんの真意を確かめるために、彼女のスピーチ原稿をブログからひいてきました。
 あわせてお読みください!
 3.8 NO NUKES DAY 反原発統一行動でのスピーチ原稿(クリック)
b0142158_11551454.jpg

 総選挙の投票日が近づいています。 
 ボクがブログに「松本春野さん!勝手に応援団!」というカテゴリーを起こして久しい。「駆け出し」と言っては失礼だろうが、初めての絵本を出される頃「これは応援しなくては!」と起こしたものだった。幾度かは関連記事をアップしていたけれど、もう一人歩きをされている、と思えるようになったなので、いい歳のおじさんがいつまでもうろうろしていたのでは迷惑だろうと考えて最近は控えていた。でも、今日はフェイスブックで「VOTE」という春野さんの3葉のイラストを見つけた。棄権せずに投票に行こうという呼びかけだ。彼女の良識だと思う。で、アップすることにした。拡散自由との注記があったので安心して…。
b0142158_1272097.jpg

 さて、ボクが地元の年金者組合の機関紙「しゅら」に川柳をよせるようになって数ヶ月が経った。ボクが駄句をこねていると知った人が、編集者に推薦してくれたらしい。僭越だとは思ったが「まぁいいか!」と観念して月に2句ずつ送っている。年金者組合に寄せる川柳なので最初の一句は「年金」にからめて、もう一句は時々の思いを句にしている。(クリックして頂けば読みやすくなります)
b0142158_12125074.jpg

 消費税、アベノミクス、集団的自衛権・秘密保護法、原発、沖縄・米軍新基地、政治とカネ、争点はいろいろある選挙なのだが、これをそらす政党・候補者も多い。有権者の関心をいぶかる報道も少なくない。ボクなりの意見は持っているが、春野さんの気持ちに添って、ここでは明示せず、投票に行こう!という呼びかけに留めておきたい。 
 ただ、重要な未来への選択だと言うことだけは強調しておきたい!

    棄権は危険!選挙に行こう!
b0142158_12241340.jpg

 
 投票にいこう!

b0142158_18194735.jpgb0142158_1819949.jpgb0142158_18193314.jpgb0142158_18181341.jpg

分かっていたのだけれど、今頃のアップになってしまいました。申し訳ないことです。でも、まだ少々時間があります。
b0142158_14424291.jpg

 これが最終回だそうです。
 いちいち納得できる「珠玉!」とも言うべき言葉の数々…!
 引用は避けますけれど、ぜひ味読ください。
 手前ミソながら、いい人を応援しているなぁ…と実感しています。
 最終回はこれです。(クリック)

   *ボク自身はもう少しお休み(療養?)します。
b0142158_10425818.jpg

今回は少し立ち入ったお話で、読みがいがあります。
どうぞ!(クリック)

     *この連載は終わるまで続けます。お楽しみに…!
 ボクが最初に春野さんの存在に気づいたのはmichikoさんのブログを通じてでした。
 初期にはサイン本を送っていただいたり、このブログに「松本春野さん!勝手に応援団!」のカテゴリーを設定したりしました。
 一人の独立した作家として温かく見守りたいと考えたからです。
 その後、春野さんは多方面で活躍され、ブログやfacebookでも興味深い情報を発信。れうれしく思っています。
 彼女はまだお若いのでこれからもますます活躍されるだろうと期待しています。

 今回はその春野さんのインタビューです。
 インタビュアーの尹雄大さんが公式ウェブサイトにアップされたそうです。
b0142158_11272333.jpg
b0142158_11275442.jpg

 ぜひお読みください。(クリック)

*右欄の外部リンクからはどういうわけか、春野さんの最近のブログが読めません。
 ぜひこちらから訪問してください。(クリック)
最近は大活躍、引っ張りだこといっても過言ではないだろう。
で、大阪の片田舎のおっさんの出る幕はない!と眺めてきた!
だが、この話は紹介しておきたい。
モタさんと、黒柳徹子さん、さまよえる青年…!
そこに、希望や決意のあり方が透けて見える。
「人生は長いのだ。途中、一年や二年、人から見て『わけのわからない過ごし方』をしたところで、それで取り返しがつかなくなるなんてことはない。箸休めの体験が、その後の人生をしっかり支える可能性のほうが大きい」
がんばろう!という前に、ありのままでいいんだよ!というメッセージが聞こえる。
皆さんもお楽しみください。
モタさんの言葉 第23話(クリック)
*ボクは春野さんの絵が好きなんです。
 画材や気候、気分で微妙に色調やラインが変わるようで、そこは興味深く拝見しています。

b0142158_20415945.jpg 11.11の行動がどうなるのか、心配し続けていました。大阪は激しい雷雨が予測されたので中止となっていました。
 全国は…?
 翌12日は新聞休刊日だったので全国の動きがよくわかりません。
 13日、期待の報道を大きくアップしたのは「しんぶん赤旗」でした。
 こんなリードで始まっていました。

 「即時原発ゼロ」「再稼働反対」―。国会周辺・省庁前では11日、首都圏反原発連合(反原連)の主催で「反原発1000000人大占拠」が行われました。雨の降りしきるなか、のべ10万人(主催者発表)が参加。「こんなに大勢の参加者を見ることができて、高速バスで参加したかいがあった」(長野県諏訪市から参加した男性)…。同日、さらに運動を広げて原発ゼロを実現しようと、46都道府県でいっせいに行動がありました。

 読んでいると…。
 おや!
 松本春野さんが自筆のプラカードを掲げて参加しているじゃありませんか!
 「勝手に応援団!」を立ちあげている身としては嬉しい限りです。
 春野さんはこの頃、ブログやFaceBookで自ら発信されているので、ボクの方からは控えていましたが、この写真は今のところ彼女のブログにはアップされていないようなのでここにアップ!

 *春野さんのブログは
 松本春野 Haruno Matumoto (クリック)で検索できます。
  覗いてあげてください。
 *因みに
  春野さんは、かの「いわさきちひろ」さんのお孫さんですが、ボクはその「重圧」というか、「七光り」的な論評に耐えて独特の境地を切りひらかれていると、早くから確信し、面識はありませんが「勝手に応援」しているのです。