<   2009年 06月 ( 12 )   > この月の画像一覧

第十二首 面影の

面影の忘らるまじき別れかな
     なごりを人の月にとどめて


 文字通り「いつまでも面影の忘れられそうにない別れだったよ。あの日以来、あの人がそのなごりを月の光のうちに留めてしまっている」と解される歌だ。璋子への思い、未だ断ちがたしということか。
 「おもかげ(面影)」は古語辞典に①顔つき、顔かたち、姿、ようす、②幻影、まぼろし。ぼんやりと目の前に浮かぶ人や物の姿・情景、とある。この歌では、どちらかといえば単なる姿・かたちというより②の意味と受けとめたい。
 「まじき」は打ち消し推量の助動詞「まじ」の連体形で、「そうなることはあり得ない」という話し手の判断をあらわしている。推量の助動詞「べし」の否定形ということだから、「〜するまい」、「〜しないだろう」、「〜するもんか」など、かなり強い響きがこもっていることになる。とすると、「忘らるまじき別れ」は「決して忘れることのできない別離」と読めることになる。
 「なごり(名残)」は「物事や人が過ぎ去ったあと、なおその気分・ようす・影響・面影などの残ること。また、その気分・面影など」をさすという。「なごり」はここでは石川河川公園の陶板どおりとしたが、漢字で「名残」としている資料も多い。
 「人の月にとどめて」の「の」は主語を表す格助詞で「人が」名残を「月に留めている」のである。

 面影の忘らるまじき別れかななごりを人の月にとどめて

 こう一行に書いてみると、「なごり」を漢字にした方が読みやすくなることがわかる。
  ☆ 面影の忘らるまじき別れかな名残を人の月にとどめて
 さて、この歌意はあまりにも明白で「深読み」の余地がないように見える。ところが、この歌は「山家集」では「月」と題した「恋歌の歌群」にあるのだが、「新古今集」では「題しらず」として「後朝(きぬぎぬ)の別れを詠んだ歌群」にあることを知った。大いに趣が異なるではないか。
 「山家集」は人の手を経てはいるが西行の「自撰」をもとに編まれている。「恋」の歌であれば「昔の恋人の面影を月光にいつまでも偲び続ける男の歌」と読める。西行は成就しなかった恋を忘れ、切り捨てることができなかった。直接には、璋子への断ちがたい思いをひきずっているともいえるが、もはや恋への憧れ、都への望郷といったものに昇華しているのかもしれない。いずれにせよ「恋」の歌である。
 「新古今集」は後鳥羽院の院宣を受けた藤原定家ら数人が選び、推薦(撰進という)した後鳥羽院「勅撰」の和歌集である。そこでは「後朝(きぬぎぬ)」の歌群に入れられているというのだ。
 「後朝」とは何か。「全訳古語辞典」(旺文社刊)を引いてみる。「きぬぎぬ」は「衣衣・後朝」と書き、「男女二人の着物をかけて共に寝た翌朝、それぞれの着物を着て別れること。また、その朝」とある。当時は「通い婚」が通例で「朝の別れがたい切ない気持ちを『きぬぎぬ』の言葉に託す」との解説もある。もしこの歌を、文字通り「きぬぎぬ(後朝)」の歌、つまり、明け方の別れをなごり惜しむ歌と読むなら、とても生々しい話になってしまうではないか。
 筆者はこの歌を「後朝」の歌群に入れて「撰進」した人々の「恋の歌とは認めたくない」という「作為」を感じる。当時、西行と藤原俊成らとの間に歌の評価、作風のあり方について激しいつばぜり合いがあったというエピソードを思い出すからである。
前回、西行絵巻第11首をアップしたのは14日だった。長い休みだ。
手を抜いていたのでは無いが、他用がたて込んでいた。
反戦川柳人鶴彬を描いた映画「心の軌跡」の特別上映実行委員会の席
でレポートする羽目になり、資料作成に追われていたからだ。
A4判で6枚のレポートを短時間で話すのも至難だった。
でも、まぁ好評だったと思う。
ここにアップを考えたが長すぎるなぁ…。
やっとレポートが済んだと思えば、
今度は某ローカル紙の編集長から出稿依頼がきた。
文字数の圧縮に悪戦苦闘、今日やっとひと作業終えることができた。
「喜多一児から鶴彬へ ー プロレタリア川柳作家への道のり」と題した。
A4判2枚、シンプルになり過ぎた気もするが…、 
この原稿をここにアップしようと思い至った。
ちょうどいい長さではないか?
小見出しに従って4回にわけて…。

後ろから順にアップしたので、
お読みくださる皆さんは前から読める。
少しは読みやすいかも…。    
                          敬白
 近年、反戦・プロレタリア川柳作家鶴彬(つるあきら)がマスコミ紙にもしばしば登場、大阪城公園・衛戌(えいじゅ)監獄跡地に記念碑建立など、再評価の機運が盛り上がっています。今年に入って小説が上梓され、映画「鶴彬 こころの軌跡」(神山征二郎監督)も完成しました。

少年・喜多一児衝撃のデビュー
 
 鶴彬の本名は喜多一二(きたかつじ)。明治四二年(一九〇九年)石川県河北郡高松町の生まれ。幼くして父を亡くし、母は再婚して上京。女工十人ばかりを置く機場(はたば・羽二重を織る工場)を営む伯父の養子となります。成績優秀な少年でしたが師範学校進学の念願叶わず、家業を手伝うかたわら川柳に惹かれてゆきます。
 その一二が衝撃のデビューを果たしたのは僅か一六歳の時でした。この頃の作品に「暴風と海との恋をみましたか」、「神さまよ今日のごはんがたりませぬ」があります。
 私がとても驚いたのは「喜多一児」というペンネームで柳誌「影像」に掲載された「革新の言葉」という評論です。「如何なる時代においても、生活様式が、哲学が、宗教が、クライマックスに達した次の瞬間において必ずや革新運動の起立した事は過古(ママ)の歴史をたどる時において明瞭である。そしてその革新運動は伝統の域を護る人々から異端視され、虐待されつゝも、やがて次の新時代を樹立した事も見逃すべからざる事実である」と川柳革新の決意が述べられ、自身についても「『自我の革新』こそ真の革新である!」と書き、「『マッチの棒の燃焼に似たる生命』/これが本当の川柳ではなかろうか。/しかし私は、それを発表するだけの勇気はなかった。…指導者なく、参考書なく真に孤独の奮闘を重ねた私は、今漸く微かな光を認め得るようになった。私は此の内的必然進展を尊く思う。…私の革新意図は度を強めた。…今私は黎明をみとめたのである。…地を歩む詩人なれ/大地を踏破するネオ・ロマンチストなれ…こうした努力が私を『沈黙』にさすか。将亦よりよき生命詩人を生み出すかは知り得ない。/ただ私はひたすら前進する。前進する」と述べているのです。
幼少期から「暗黒政治」の世相かぎ取る

 小学生の頃から新聞に目を通していたという早熟、利発な少年一二は、日清・日露戦争時のことや「富国強兵(=近代的軍事力の創設・増強)」と「殖産興業(=資本主義的生産様式への移行)」のもとで後に「財閥」となる巨大資本の形成。その影に泣く職工や女工、農村の疲弊、軍や警察の横暴などの世相を敏感に嗅ぎ取っていたのでしょう。横暴を極める権力者達への諧謔・諷刺、虐げられる者への限りない共感・連帯の作風の土壌は幼い頃から培われてきたと言えるように思います。
 一児少年は当初、抒情風の川柳をものし、青年期の一二は「生命主義川柳」を経て、レーニンの「何をなすべきか」を模したであろう「僕らは何を為すべきや」という評論で「社会主義派川柳」に拠ることを宣言します。時に一八歳でした。
 その一二が本格的に「プロレタリヤ川柳」を標榜したのは一九二八年五月、柳誌「氷原」に「生命派の陣営に与ふ」という評論を発表した一九歳の時です。「別題ーブルジョア神秘主義川柳史観を克服ープロレタリヤ川柳の無神論的立場を明瞭にするの一文」という副題が付けられていました。別の評論では「新興川柳はいづこへー直ちに答へる。無産階級ー。来るべき新時代を創造するものは実にこのプロレタリア階級であるからである」とも書いています。
 この間、一二は家業の不振により大阪に出て、四貫島の町工場で重労働に耐える経験を積みました。また、「社会主義派川柳」を唱えていた森田一二という先輩柳人の感化も受け、東京に出て川柳の革新運動に尽くしていた井上剣花坊やその夫人信子、娘鶴子等とも親しくつきあう一方、無産者新聞社の仕事を手伝ったりしていました。
 一二が帰郷したのは二八年二月ですが、あの「三・一五大弾圧」の直後、三月二五日に全日本無産者芸術連盟(ナップ)が結成されています。一二は旬日をおかず「ナップ高松支部」を結成し、五月に「プロレタリア川柳」の旗を掲げたのです。
喜多一二「抹消」の事情は…

一二は二八年七月に「無産川柳の本質は既に出来上がっている。ある特殊な事情よりして、僕は本稿を最後にして、喜多一二の名を新興川柳界より抹消しなければならない」と書きました。「抹消」を要する「特殊な事情」とは何だったのでしょう。一二はこの頃、伯父の一家から「離籍」を考え、母に強くたしなめられたとされています。一見「恩知らず」と思われる「離籍」の決意は名実ともにプロレタリア(文化・芸術)運動に身を投ずる決意を固めた上で、伯父や兄弟達に迫害の累が及ばないよう配慮した結果だったのではないでしょうか。以後、川柳界から喜多一二の名は消え、鶴彬が登場します。大勢の見るところ鶴彬は日本共産党の「党員ではなかった」ようです。しかし、入党の呼びかけ(勧告)があればいつでもこれに応える準備は整っていたのではないでしょうか。これが果たせなかったのは、徴兵された軍の中で反戦的な言動、無産者新聞配布などで重営倉に放り込まれ(三〇年)、大阪の衛戌監獄に投獄(三一年)され、最後には「手と足をもいだ丸太にしてかへし」など六句が「治安維持法違反」として獄につながれたうえ、不審な病死(三八年・二九歳)に至るという転変の結果、その機会が失われたことによるものでしょう。
鶴彬の号にこめられた決意

 なお、鶴彬の号について田辺聖子氏は剣花坊の娘、鶴子さんにこと寄せたとする説を「研究者達はその〈伝説〉を信じたがっている」と優しい文章を書いています。が、かほく市で発行された「高松歴史新聞」は「鶴林(かくりん)の林にさんづくりをつけた彬」とし「悟りの境地」としています。鶴林とは広辞苑によれば「釈尊の入滅を悲しみ、沙羅双樹が鶴の羽のように白く変わって枯死したという伝説に基づく沙羅双樹林」とあります。また、彬という字は漢字源に「ひん」と読むこと、「彬彬(ひんぴん)とは、並びそろうさま。外形も内容もともによいさま」とあり、「文質彬彬、然後君子」という論語を引き、「文質彬彬として、然る後に君子なり」と読ませています。
 思うに、鶴彬は川柳を短詩形文学の位置に高め、時代を告発する「文質彬彬」たる川柳の境地を切り開く決意をこの号に込めていたのではないでしょうか。
職場のバルコニーに立って…
空を見上げる…。
日課のようなものだ…!
ん?
何だかわけがわからない…!
この変わりようにとまどうばかり…?
なんか、智恵子抄など思い出す!
「東京には空がない」なんてネ!

昨年末と今年5月、ほぼ同じアングルなんだよね!
ホントに「空が狭くなる」… (・o・)

b0142158_20582799.jpgb0142158_2058543.jpg


☆ 左は昨年12月、右は今年5月に撮影。右は全景を入れるため、少しだけアングルを変えざるをえませんでした。
春野さんにメールを送りました!
私は「ちゃ〜ちゃん」というHNでブログを開いております。
大阪富田林市在の64歳、男性です。
michikoさんの「自然と猫と私」で、春野さんのことを知りました。
早速ブログをさがして、ブックマークに登録し、
私のブログに以下のカキコをしました。
はた迷惑かも知れないのですが、「勝手に応援団!」です。
これからのご活躍を期待しています。

春野さんから返信をいただきました!
ちゃ〜ちゃん様
はじめまして。松本春野です。
ブログの中で私のHPを紹介してくださりありがとうございました。
そしてご丁寧にそれをメールでお知らせくださりありがとうございます。
まだまだイラストレーター、絵本作家としてのキャリアは始まったばかりなのに、お会いしたことのない方にまで、インターネットを通じて応援していただけるなんて感激です!
これからの絵を描いていく中での大きな原動力になっていきそうです。
私の活動はHPを通じてその都度告知、ご報告して参りますのでどうかこれからもよろしくお願いいたします。
そのうちブログもはじめようと思っていますので、そのときは時々ブログも覗きに来てください。
うれしいメールをありがとうございました。       
                         松本春野

みなさんもどうぞ!応援団に!
第十一首 知らざりき

知らざりき雲井のすそに見る月の
      影を袂にやどすべしとは


 この歌は石川河川公園の陶板に刻まれた通りに引用しているが、少しちがう表現のものがある。
 「知らざりき雲井のよそに見し月の影を袂にやどすべしとは」というものである。
 「すそに見る月」と「よそに見し月」の違いなのだが「たいして違わぬ」とみるむきも、「全く違う」と読むむきもあるようだ。筆者は大いに違うと思うが、どちらが正しいのか詮索する力がない。このシリーズはもともと門外漢の身を省みず、石川河川公園にある「西行絵巻」の紹介を企図して始めたものなのだから、当然のこととしてこの「河川公園」の歌を採用する。
 素直に読めば「大空にかかっている月の影が私の着物の袂に宿っているとは全く気がつかなかったよ」と読める。
 「知らざりき」は「気がつかなかったよ」でいいだろう。「雲井」は「雲居」とも書き、普通には「雲のあるところ、そら、雲」であるが、「遠く、高く離れていること、雲のうえ」、さらには「宮中、皇居、みやこ」などの意を含む。となれば、なにか妖しくなってくる。
 「すそ」か「よそ」か、「見る月」か「見し月」か、判然とはしないが、下の句に「袂」とくるのだからここは「すそ」つまり「裾」と解したい。また、「見る」、「見し」についても時制の問題として過去に「見た月」よりも、今「見ている月」を採りたい。
 但し、「見る月」を採ると「知らざりき」はホンの少し前まで「気がつかなかった」という短いスパンになるが、「見し月」を採ると「知らざりき」は「あの頃はまさか知らなかった」という長いスパンで読むことができ、これはこれで味わいは深い。

 知らざりき雲井のすそに見る月の影を袂にやどすべしとは

 ところで、筆者はもとより門外漢、浅学の身でありながら「西行絵巻」がここにあるからという理由だけで、西行の人生を考え、時代背景に思いを巡らし、作品の中にある妖しきものを嗅ぎ取って、「深読み」を試みてきたのだが今頃になって嬉しい発見をした。研究、研鑽を重ねてこられたその道の方々には「何をいまさら…」とお笑いぐさだろうが、ポイントだけを紹介しておきたい。
 「明恵上人伝記」という書に「西行法師常に来たりて云はく、『我歌を詠むは、遥かに尋常に異なり。花、ほととぎす、月、雪、すべて万物の興に向ひても、凡そ所有相皆是虚妄なること、眼に遮り耳に満てり。又詠み出すところの言句は、皆是真言にあらずや。花を詠めども実(げ)に花と思ふことなく、月を詠ずれども実に月と思はず。…(略)…一句を思ひ続けては秘密の真言を唱ふるに同じ』云々」という記載があるというのだ。詳解は省くが
 「花を詠めども花と思わず、月を詠ずれども月と思わず」、「秘密の真言を唱える」
というのだから、筆者が「西行の歌は花鳥風月の絶唱それ自体が味わい深いが、それとは別に折々の心象を深読みさせる不思議な魅力がある(第一首のくだり)」と書き、深読みを続けていることはあながち見当はずれの「物好き」でもなさそうではないか。
 さて、この歌「知らざりき…」も実は「月」と題した一連の「恋歌」の中にあるのだから、西行が「月」に仮託するのは「恋、恋人」とみて自然だ。すると、西行が遥かに眺める「月」、都におわす璋子への恋慕、忘れたつもりでも忘れきれず、その面影を未だに「袂」、胸の内に宿し、裳裾を涙で濡らす西行の詠嘆が見えてくる。都への、璋子への郷愁の歌なのである。
 


 

 
第十首 惜しむとて


惜しむとて惜しまれぬべきこの世かは
    身を捨ててこそ身をも助けめ


 詞書きに「鳥羽院に出家のいとま申し侍るとて詠める」とある。出家を訝る鳥羽院に確たる理由も述べず、この歌を奉ってお茶を濁したのだ。故井上靖氏はシンプルに「いくら惜しんでも惜しみとおすことのできないこの世である。いっそのこと世を捨て、出家してこの身を助けようと思う」と訳した。
 とは言え、少しきわどいところもある歌だ。こってりと訳せばこんな風にもなる。「いくら惜しみ執着したところで惜しみとおすことのできる世の中ではない、そんなに惜しむほどのこの世だろうか。こんな時代だからこそ世間から身を引き、出家するほうがきっとこの身を助けることになるにちがいない」。
 「この世」はもちろん現世、今の世の中ではあろうが、出家するにあたっての言葉だから「当代」つまり「この時代」、「今の時代」と長めのスパンで見ることに意味が出てくる。
 「…かは」には疑問の「…か。…だろうか」とも読めるが、反語の「…(だろう)か(いや、…ではない)」と読む方が妥当ではないか。「こってりと訳す」と言ったのはその意味だ。
 「助けめ」は「助く」の活用形「危難・病苦などから救う」と「む」という意志・意向「…う、…よう、…つもりだ」の已然形「め」で「助けよう、助けるつもりだ」ということになる。
 「身を捨つ」はもちろん「出家する」、「世間から身を引く」ことだ。しかし「世を捨つ」ではない。「世を捨つ」も「出家する」との意をもつが、「隠遁」の語感が強い。広辞苑に「捨身(しゃしん)」は仏教用語だとある。西行は「捨身の身」ではあるが、決して「世捨て人」たろうとはしていないのである。

惜しむとて惜しまれぬべきこの世かは身を捨ててこそ身をも助けめ

 西行の出家の背景については、さらに見ておくべきことがある。
 西行(佐藤義清)は北面の武士として直接には鳥羽院に仕える身であった。しかし、鳥羽の中宮である待賢門院璋子と懇ろな仲になった。鳥羽は璋子との間にできた崇徳院を祖父の子と疑い、璋子を疎んじ、崇徳院を疎んじるようになる。あげくの果てに崇徳は半ば謀略に近い形で譲位を押しつけられ、保元の乱が起こる。
 西行(義清)はその争い、戦の兆しを見ていた。鳥羽に仕え、璋子や崇徳に親しい西行(義清)は名門佐藤一族の当主として、領地や資産を守るべき立場にある。鳥羽にも崇徳にも与(くみ)するわけにはいかない。この間(はざま)に立って中立を装おうこともできない。出家する以外に一族とその領地を守る道はない。西行は時勢をそう読んだのである。戦乱が起こってからでも、その直前でもいけない。この兆しが兆しである内に決断しなければならない。
 西行は「捨身(しゃしん)」にことよせて合法的に鳥羽から離れ、崇徳や璋子にも距離をおいたのである。