<   2011年 05月 ( 12 )   > この月の画像一覧

b0142158_1046379.jpg
b0142158_10434459.jpg
「安全神話」のでたらめさを日々に実感しているさなか、東電や保安院の発表にウソがあったことまで次々…。その上、被災地にも福島原発にもロクな梅雨対策・台風対策が講じられていない!まさに人災の様相に苛立ちを覚える日々が続きます。

ところで、「地震は俳句などで『ない』と読みます」と書いたところ、知人から「語源は?」との問いがありました。
広辞苑で「ない(地震)」をひくと…
「(ナは土地の意。ヰは場所またはそのものの存在をあきらかにする意)転じて、地震」とあり、「武烈記『ーが揺(よ)り来ば』。方丈記『おびただしく大ーふること侍りき』」とあります。
この「ないが揺り来る」および「大ないふること」に謎がありそうです。が、広辞苑ではここまでしかわかりません。
そこで、手元の「全訳古語辞典」をひいてみます。
「ない」 → 「なゐ」。こちらの方でわかります。
なゐ(ナイ)[地震](名)の項に…
[「な(=地の意)」に「ゐ(=居)」の付いたもので、原義は大地] 地震。 」とあります。
ここでも「方丈記二」の部分「恐れのなかに恐るべかりけるは、ただーなりけりとこそ覚え侍りしか」が引用されています。
「恐ろしいもののなかで、最も恐ろしいのは地震(なゐ)」というわけです。
そして「参考」のところに…
「『なゐ震(ふ)る・なゐ揺(よ)る(=大地が揺(ゆ)れる。地震が起こる)』から、のち「なゐ」だけで地震の意になった」とあります。
つまり方丈記の「大ないふる」は「大なゐ震る」だったのです。
「辞書的」には、大体こんなところでしょうか。

では、鴨長明が体験した「大ない」はどの地震なのか?だとか、「ない」の原義「大地」の意が喪われ、つまり「震る」「揺る」という接尾語なしの「ない」だけで「地震」の意が定着したのはいつ頃なのか?という興味・関心が湧きますねぇ!先学に学びたいものです。
パ・ド・ドゥ
b0142158_1304999.jpg

 これは連れあいが誕生日に贈ってもらったバラです。
 昨年あたりからぽつぽつ出始めたばかりの豪華な花です。
 パ・ド・ドゥはお気づきの通り、バレエの用語で「(男女)二人のステップ」のことです。
 豪華絢爛このうえなしですねぇ!

雪の下
b0142158_1313136.jpg

 こちらはわが家の鉢植えの雪の下。
 観賞用に少しは改良されているかも知れませんが、まだ野性味の残る可憐な花です。
 楚々とした美しさがありますねぇ!
 広辞苑では単に「雪の下」とありますが、俳句歳時記では「鴨足草」とか「虎耳草」とあるのが面白い。夏の季語です。
b0142158_2321389.jpg
 ネコの額ほどの庭に稲の芽が出ました。小春日和の朝など、雀が降りたっている様子を微笑ましく眺めていた所です。先日来、何の芽が出ているのだろうと思っていました。植えた記憶が全くなかったからです。よく見ると枯れた稲穂の先からぽつぽつと新芽が出ています。 思いもかけないことですがコメの新芽でした。
 昨秋、産直で頂いている野菜にひと束の稲穂が添えられていました。生産者の心遣いが嬉しく、しばらく花瓶に活けて楽しみました。枯れてからもゴミに出すのはしのびなく、そっと庭先に寝かせておきました。そのひと束の稲穂から芽が出たのです。水田でも、畑でもない狭苦しいこの庭先で芽を出してくれたのです。米どころ東日本を襲った地震・津波、原発危機。息苦しい日々が続くさなか、負けじとばかりに芽を出してくれた早苗。被災農家のみなさんの無念にひとしおの思いのするわが家の「珍事」です。
 大阪の農民運動の大先輩、西野恒次郎氏の訃報に接する数日前のことでした。
b0142158_1635644.jpg

 先日、知人から前触れのあったマンガを買ってきた。
 マンガ本を買うのは久し振りのことだ。
 「増補版・まんが原発列島(大月書店刊)」という。マンガというより「劇画」という方が適切なのだろう。
 22年も前の今日、1989年5月22日が初版第一刷発行日だ。


 原作は柴野徹夫氏というジャーナリスト。作画にはもちろんプロがあたり、内容については原子力の専門家が監修している。驚くほど質の高い内容なので感心した。
 お察しの通り、福島の原発危機にあたって増補・復刊の必要を痛感した人たちの思いがこもっている。
 柴野氏が「まんが原発列島」増補・復刊にあたって「原発依存、きっぱりやめるとき ーー『憲法』を軸足に救援・復興を急ごう」と題する序文を書きおろされた。
 また、「解説 福島原発事故について」安西育郎氏(立命館大学国際平和ミュージアム名誉館長)が「するべきことはたくさんある」と題する序文を寄せておられる。
 この二つの序文だけで充分読み甲斐がある。図表が幾つか増補されているが、作品そのものは原作どおりのようだ。
 その内容が素晴らしい!一気に読んでしまった。
 柴野氏は「あとがき」で「わたしがこのドラマを書いた目的は、原発の必要を訴えるためでも、逆に原発反対を説くためでもありません。ただ、十年以上も原発を追い、問題と正面から向き合ってきた一ジャーナリストして、原発をめぐる客観的な事実と状況を、少しでも知ってもらいたいと思いました。そして、ひとりでも多くの人たちーーとりわけ若いみなさんやお母さん方と、原発についてごいっしょに考えてみたかったのです」と作品化の動機を書いておられる。
 22年も前に、こんなに説得力のある、今日の事態に通じる作品があったのか!と驚き、視界の狭さに恐縮してしまった。
 作品としての完成度も高いが、要所に専門用語のひと言解説がくわえられており、原子力科学にまつわる基礎知識が得られる構成も納得できる。
 とにかく、お勧めしたい本だった!
   生には生命・生活・人生の三つがある 

 今日は朝から(休みだというのに!)集中作業。資料を集め、読みこなし、レジメの構成を考える。あと2日ほどかかりそうだ。気休めに、先ほど届いた夕刊(朝日)を読む。
 「震災ドクター」連載が続いている。「『お大事に』と言わないで」という見出しが目をひく。生活不活発病の早期発見と予防にかかわる大川弥生さん(57)や永井幸夫さん(62)の奮闘を伝えている。

☆ 長い避難生活では「生活不活発病」が頻発する。動きにくいから、動かない。動かないから生活機能が落ち、ますます動きにくくなる。最悪の場合、寝たきりにつながる。
☆ 生活の活発化とは、運動を呼びかけることではない。動きやすい環境を工夫すれば、活動量は増える。
☆ 市内の避難所で緊急調査をした。(結果)日中、外に出ない高齢者の6割がすでに、震災前にできていた歩行や着替えなどの日常動作が不自由になっていた。
☆ 生命さえ救えればいいのではない。人生を大事にする全人間的復権こそ、リハビリテーション医学だ。

 冒頭の言葉は大川さんがリハビリテーション医学を学んだ東京大の恩師、上田敏(79)氏の言葉だそうだ。リハビリテーションには復興という意味もあるという。
 納得のいく言葉ではないだろうか。

* このブログを訪問くださる方が増えてきたので、今日から広告の掲載をはずせるようにしました。すっきりしましたね! *
どう読んでいただけるのか?
わからないが、最近の心境にかえて…!
b0142158_23195653.jpg

庭の椿がほぼ散った!
その花びらをカラーの葉が受けている。
白いカラー!
地震・津波・原発危機に戸惑う日が続く!
先日、紹介した画像と曲、歌詞(クリック)に感動してくれる人少なからず!
ボクも凄い歌詞、歌唱力だと思いましたが、歌っている人のことは知りませんでした…!
まぁいいか…とは思いながらも、気にはなるので探してみました!
Metisというんだ!この人・この娘!共感したねぇ…!
そして、新曲だったのだ!人間失格!
太宰の作品から、生きよう!生きろ!というメッセージを受け取るとは…!
映像から3.11直後に福岡でライブの予定だったことが分かる!

ローカルTV!長崎だ!
コマーシャルも入ったままだし、少し長いけど、このドキュメント!
パート1も2も全部見て欲しいなぁ!(クリック)
きっと、いいもの見た!と納得いただけると思います!
今朝、新聞を読んでいると、こんな言葉が目に入りました。

 宇宙開発は、その場に行って修理できないことを前提に考えられていますが、原発がそうではないことに驚きました。宇宙開発の考え方をもってくれば、より安全なものがつくれるはずです。分野横断的な取り組みなど、科学・技術が役に立っていくべきです。(小惑星探査機はやぶさ責任者 川口淳一郎さん)

まことに当を得た発言で感心してしまいました。
安上がりで雇った下請け会社の「作業員にその場に行かせて修理させる」という電力会社の横柄さをさりげなく糾弾する鋭い言葉ではないでしょうか。
本当に科学・技術に忠実・誠実であるならば福島原発の危機は回避できたはずです。

同氏は「宇宙開発と原発は、似た構造的な問題を抱えています」として、「外国からの技術導入で始まっているものが多く」、「コピー文化の悲しさを感じました」と述べています。
今朝、Swing Masaさんからチラシが届きました。
東日本大震災とそれに続く原発危機で開催をためらいつつ、決意を固め直し、新しいチラシもつくっての案内です。
ボクは昨年は行けなかったので、今年はぜひ行こうと準備しています。
▼ チラシをご覧ください!(クリックで拡大。適当なサイズになおしてご覧ください)
b0142158_16202516.jpg

▼ これはMasaさんのメッセージ・案内です。
b0142158_16205129.jpg

▼ そして、キャストのご紹介、会場案内です。
b0142158_16211259.jpg
☆ 追記 ☆
  ごめんなさい!
  いろいろ試みましたが、適当な大きさにできないようです。
  読みづらいですがイメージをつかんでいただくためこのままで!
今日は憲法記念日だ!
一昨日から、全文を丁寧に読みなおしてみた。
全文に流れている基調。それは戦争への反省と平和への希求。国民主権と基本的人権の尊重。何よりも生存権の保障という概念の確立に込められた国民の決意であり、原則だろう。

東日本大震災という国難にあって、その価値の重みを噛みしめる。
震災・津波による避難民と原発危機による避難民!
「難民」を生み出している国情を憂う。
「難民」には居住・移転の自由や職業選択の自由が奪われている。
「健康で文化的な最低限度の生活を営む権利」が侵されている。

国の責任は重い。「政府」はその責任を果たしうるのか?
国民は「政府」を監視し、督励し、「国民の不断の努力によって、これ(国民の自由及び権利)を保持しなければならない」。
誤解を怖れずにいえば、厳密には「国、即内閣(政府)」ではない。「内閣(政府)は行政権の行使」について責任を負っているのだ。
「行政権行使」の適否を論じ、判断し、評価するのは国民なのだ。
国難・危機打開にあたるべき「国の責任は重い」。
「権利の行使」を迫る国民の声こそ、さらに重い!
政府は国民の声に謙虚に耳を傾け、その声の実現に邁進しなければならない!
時の内閣、政府に心してもらわねばならない!

今一度、憲法全文(クリック)をここに記録しておく