<   2012年 05月 ( 9 )   > この月の画像一覧

お遊びついでにもう一つ!
b0142158_22405981.jpg

b0142158_17272739.jpg

今朝、わが家の新聞に「大阪市をよくする会」のチラシが折り込まれていました。つらつら読み、マンガを眺めていて口をついて出てきた言葉を川柳風にしたててみました。

橋下氏は4月2日、新入職員を前に「国民に命令する立場だ」と訓辞したとのことですが、とんでもありません。その直前に女性が新入職員を代表して朗読した「宣誓」を聞いていなかったのでしょうか?
この「宣誓(書)」は時々の思いつきや気まぐれで書かれたものではありません。
憲法や地方自治法にもとづいてしっかりとね練り上げられ、職員の服務の宣誓に関する条例(昭和26年4月1日・条例第21号)として例規集に掲載されている、ある意味とても重々しい厳かなものなのです。

* 条例本文をあげておきます *
市議会の議決を経て、職員の服務の宣誓に関する条例を次のように制定する。
職員の服務の宣誓に関する条例
(目的)
第1条 この条例は、地方公務員法第31条の規定に基き、職員の服務の宣誓に関して規定することを目的とする。
(職員の服務の宣誓)
第2条 新たに職員となつた者は、次の宣誓書に署名してからでなければ、その職務を行つてはならない。
宣誓書
私は、ここに、主権が国民に存することを認める日本国憲法を尊重し、且つ、擁護することを固く誓います。
私は、全体の奉仕者として、市民の信託による公務を民主的且つ能率的に運営すべき責務を深く自覚し、誠実且つ公正に職務を執行することを固く誓います。
                      年  月  日 

  < 以下略 >

記録動画で確かめましたが、代表宣誓した女性はこの文章と一言一句も違わぬ宣誓書を朗読されていました。
明らかに橋下市長がこの宣誓にそむく訓辞をしたのです。
橋下氏はその後も次々と「主権が国民に存すること」を否定し、日本国憲法の「尊重、擁護」を怠る言動に明け暮れています。
「市民の信託による公務」など何のそのという勢いです。

今こそ橋下市長に強く言いたい!
ハシズムはお断り
先ずあなたが公僕の原点に帰りなさい


* 最初にアップしたマンガはPDFから取ったため見にくくなっていました。そこで現物のチラシからスキャナで撮り直しました。見やすくなったと思います。なお、現物はこちらからご覧になれます。ぜひご一読ください(クリック) *

(^-^)昨日(2012年5月21日)の朝は白馬村に居ました(^-^)

金環食は見えませんが日食は見えました。
蒸し器の中底で写すとこんな具合…!
きれいでした!
一枚目は7:30分頃、三枚目は7:44分頃です!
b0142158_2133721.jpg
b0142158_21324388.jpg
b0142158_2132377.jpg

  *長距離運転なのでカメラは持参せず、携帯で撮ったのが残念、惜しかった!
外のコメントを書こうと思っていましたが、
こんなのを見つけたので、こちらを先に…!
嘉門達夫氏の「国会議員体操」です。

笑ってしまいますねぇ…!
だけどホントにこんな国会議員もいる…!
だから、笑ってばかりはいられませんねぇ…!
叱ってやらなければ…!

ではご覧ください!
国会議員体操(クリック)です。
今日は母の日ですね。
娘からメール、息子夫婦からファックスが届きました。
細君はテレながらも喜んでいます。
b0142158_21465435.jpg

娘のメールにはMetisの母讃歌(クリック)が添付されていました。
メール、ファックスのキーワードはありがとう!という言葉です。
その細君は先月末、古稀を迎えたばかり…。
橋下大阪市長が記者にケンカを売るの図!

内容も問題なのですが、政治家は自分の信条に確信を持ちつつも、異論のある人たちの意見も冷静に聞き取るべきものです。


強引な論難!けんか腰!(クリック)!

見たくもありませんねぇ…!
でも、見ておいていただきたい…!

彼の論難の筋立ては「条例に基づいて」、具体的な指示を出したのは教育委員会だから「文句があるなら教育委員会に聞け!」というものであり、あからさまな責任逃れだ。
この問題では分が悪いことを承知しているのであろう!

橋下氏の末期症状と見えなくもない…。
b0142158_16393540.jpg

こんな記事が配信されています。
新たな攻防の開幕が実感されますねぇ…!

泊3号機5日に停止、原発ゼロに 北海道電力、定検入り
                 2012年5月4日 16時56分
 北海道電力は5日深夜、国内の商業用原発50基のうち唯一稼働している泊原発3号機(北海道泊村)の発電を停止し、定期検査に入る。政府は全原発の停止を回避するため、関西電力大飯原発3、4号機(福井県おおい町)の運転再開を急いだが、間に合わなかった。1970年以来、42年ぶりに国内で稼働する原発はゼロになる。
 東京電力福島第1原発事故で原発への信頼は崩れており、全原発停止は長期化の可能性もある。原発を再稼働させずに2010年並みの猛暑となった場合、電力各社は十分な供給力を確保できない見通しで、家庭や企業は一段の節電を求められる懸念が強い。(共同)

その日は、時あたかも子どもの日です!
b0142158_18494356.jpg

いよいよ明日から富田林・寺内町案内が数回続きます。
先日このブログに「少々の雨なら風情もありますが、土砂降りだと歩きにくくなるでしょう」と書いたところ、「カッパを持って行くからへっちゃら」との連絡がありました。
別の便では「晴れても、雨でも、『雨に西施がねむの花』、きっとすてきな町だろうと思います」ともありました。

芭蕉ですねぇ!
象潟や雨に西施がねぶの花(クリック)にかけておられるのです。

たどっていくと…!
えんぴつで奥の細道(クリック)という本の紹介がありました。

一見、普通の広告のようなのですが…!
とてもうれしいニュース(クリック)を読んでビックリ!
あの松坂大輔投手が「なんとなんと『えんぴつで奥の細道』をなぞる作業をキャンプ中に日課としていた」というではありませんか。

ボクは野球・大リーグの大ファンではありませんが、イチローやダルヴィッシュ、松井や松坂選手らの近況はやはり気にかかります。
戦績はもちろんですが、それにも増して彼らの努力ぶり、人間として大きくなっていく姿に敬服するのです。
松坂についていえば、右肘の大手術から復帰を目指し、マイナーで公式戦に参加。着実に成果をあげ、この4日(日本時間5日)には一段上のマイナー、3Aポータケットに登板予定だといいます。

その松坂が心の修行を意図して「えんぴつで奥の細道」をなぞっていたのだとすれば、こんなに驚き、感激することはありません。
松坂大輔投手の一刻も早い完全回復を…と願う気持が一層強くなりました。