<   2014年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

 
b0142158_1624538.jpg PCのデスクトップに久しくこんなブログを保存していました。
 「世界にはこんなドデカイ像があるんだなぁ」と感心すること、しきりです。
 でも、「何だかな〜?」と思わなくもありません。
 ボクはそもそも「偶像」というものをあんまり好まないからです。
 思いついて、ウィキペディア、その他で「偶像」や「偶像崇拝」という言葉を調べてみました。

 ウィキペディアにはこんな記述があります。
 偶像(ぐうぞう、英 idol もしくは cult image)とは、
 木・石・土・金属(などの具体的なモノ)で作った像。神や仏などの存在をかたどって造られた像で、かつ崇拝の対象となっているようなもののこと。

 よくアイドル歌手だとか、アイドルとか言いますが語源は「偶像」の意で、正確には英語ではなく和製英語なんですねぇ。
 「偶像崇拝」については、多くの方が立ち入った解明をされており、勉強にもなりましたがが省略します。

 ここでは、世界にはこんな巨像があるのか、これは知ってるなぁ、これは知らなかった、日本のものもあげられている!など、自由にお楽しみください。ムダにはならないと思います。
  圧倒的なまでの大きさ…世界18の巨像 (クリック)
 
 嬉しいニュースです。
 安里有生くんの詩が絵本になったとのことです。
  *画像はクリックで拡大できます。適当なサイズになおしてお読みください*
 
b0142158_11184317.jpg

 ボクは6歳の少年が、こんなに素晴らしい詩をものにしてくれたことに感動。何回もこの作品にふれたブログをアップしていました。
 「平和のメッセージ」 安里有生(あさとゆうき)くんの詩(クリック)
 詩に登場する「ちょうめいそう」や「よなぐにうま」のことも調べました。
 「ちょうめいそう」のこと(クリック)
 「よなぐにうま」のこと(クリック)
 詩を熟読してボクなりの感慨・驚きについてもふれておきました。
 有生(ゆうき)くんの詩のこと(クリック)
 この詩のアップには、とても沢山の方々からのアクセスを頂き、驚きました。そのレコードは1年経った今も破られていません。
 有生(ゆうき)くんの詩のこと(クリック)

 ひるがえって、今どうなっているのか?
 憲法の解釈を曲げて集団的自衛権の行使を唱える人たちは、さらにエスカレートして集団安全保障にまで踏み込もうと策しています。アメリカと一緒に地球の裏側まで出かけて武力を行使。戦争で殺し、殺されることを厭わぬというわけです。
 これでは、憲法ジャック、クーデターと批判されるのも当然ではないでしょうか?
 明日23日、沖縄では69回目の「慰霊の日」、「沖縄全戦没者追悼式」が行われます。
 席上、知事が読み上げる「平和宣言」から普天間基地の「県外移設」の文言を削除する動きが表面化しました。これでは「慰霊の日」どころか「異例の日」になってしまうではありませんか!
 県民から怒りの声が噴出、与党内からも批判の声があがり、県と知事は文言復活にむけて、「再調整」とのことですが、全く見苦しい限りです。

 6歳の少年、有生くんのこの詩・コトバを再度心に刻みたい。
 * へいわっていいね。へいわってうれしいね
 * このへいわがずっとつづいてほしい。
   みんなのえがおがずっとつづいてほしい

 夕刻、友人からfaxが届きました。
 あなたの子や孫に
 お国のために死ねと言いますか?

 とあって、安倍首相や、自民党、公明党にファックスを!と呼びかけています。
 ボク一人の力が何ほどのものか?という思いはありますが、何かをしないと…という思いもあります。
 で、バタバタと短文を考えて、それぞれに送りました。
 火急を要するという思いもあるので、文面はシンプルを心がけました。ボクなりの良心です。
b0142158_20322825.jpg

 送付先は、友人が送ってくれたfax番号です。
 安倍首相 03 3581 6827
 自民党  03 5511 8855
 公明党  03 3353 0457

 急を要すると思います。みなさんもいかがでしょうか?
 サッカーW杯が始まりました。それはそれで楽しみもあるけれど…。忘れてはならない現実もある…。その両面を直視したい。
b0142158_1155564.jpg

b0142158_11562066.jpg

      飢えと街壊し!

 W杯報道にも、この画像にも心を寄せてほしい…!
ブラジルW杯の裏で。
ブラジル国民が街に描いた20のアートが心に刺さる
(クリック)
b0142158_12483718.jpg

  *画像はクリックで拡大できます。適当なサイズになおしてお読みください*
 ボクは鶴彬の川柳が好きですが、あんな風にはとても詠めません。
 彼の評論をを読んでいて印象深いのは、彼が川柳をホンモノの文学に育てたいと研鑽を重ねていたことです。
b0142158_13133066.jpg

   *画像はクリックで拡大できます。適当なサイズに直してお読みください*