<   2015年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

 今日のブログはフェイスブックにノートしようか、このブログに書こうか、迷ったのですがこちらからアップすることにしました。

 大阪市解体構想についてです。
 各地の知事選挙を皮切りにいっせい地方選挙が始まりました。
 大阪では前半の府議会・政令市議会(大阪市、堺市)議員選挙(4月12日投票)に続いて、後半に一般市議会・町議会議員選挙(同26日投票)があります。
 それぞれの地域で住民福祉の向上など重要な課題が問われるとともに、日本を海外で戦争する国にしてしまうのかどうか、沖縄の基地をどうするのか、原発再稼働を許すのか、消費税は…、TPPは…等々、安倍氏の暴走をくい止めるかどうかも問われることになるでしょう。
 加えて大阪市では、後半戦投開票翌日の4月27日告示、5月17日投票で「特別区設置」の賛否を問う住民投票が行われます。
 全体を通じて一ヶ月半を越える長丁場の選挙戦というわけです。

 大阪市解体が本質、「都構想」は強弁にすぎない
 橋下市長や維新は盛んに「大阪都構想」などと言いますが、これは全くの強弁にすぎません。
 大阪市のHPにアップされている「特別区設置協定書の要旨」(クリック)を見るとそれが一目瞭然にわかります。現行の大阪市と24区を解体し、5つの区(特別区)に再編成するというわけです。文中に「都」という名称で正式に出てくるのは以下の部分だけです。
 1.都区協議会
 大阪府及び特別区の事務の処理について、大阪府と特別区及び特別区相互の間の連絡調整を図るため、大阪府・特別区協議会(仮称)を設置する。

 なるほど見出しには「都区協議会」とありますが、その実は「大阪府・特別区協議会(仮称)」なのです。ボクは羊頭狗肉とすら言えない詭弁だと思っています。
 仔細に読んでみると、数カ所で「特別区及び大阪府」「大阪府及び特別区」という表現は出てきますが「大阪都」という用語はどこにもありません。
 なお、別表第3-1には職員の移管(イメージ)別表第3-2には特別区の組織体制(イメージ)別表第3-3には大阪府の組織体制(イメージ)(それぞれをクリック)がアップされていますが、これらのどこにも「大阪都」との表現は見あたりません。

投票用紙には◯╳ではなく賛成、反対を明記しましょう
 市選挙管理委員会がアップしている投票用紙は以下のとおりです。
b0142158_14241175.jpg

 大阪市における特別区の設置についての投票という表現には重大な疑問があります。この表記では大阪市がどうなるのかはっきりわかりません。大阪市を廃止し、特別区を設置することについての投票とすべきではないでしょうか。
 ともあれ、これまでの住民投票の多くが◯╳で賛否が問われる例が多かったことから、今回も賛成は◯、反対は╳と思われがちでしたが、選挙管理委員会は賛成、反対がコトバで明記されていないと無効としています。

 大阪市解体、3つのねらい
 大阪市解体のポイントは、論戦を通じて3点に絞られてきました。
1、大阪市も24区もなくしてしまう。
2、権限・財源を「大阪都」に吸い上げ、巨額を大型開発に注ぐ。
3、「一人の指揮官」(知事)でやりたい放題できる体制をつくる。

 議論を複雑にしないで、論点を明確にアピールすることがますます大事な段階に差しかかっていると思えます。
 JCP・OSAKAの最新のQ&Aは5点に絞っていました。分かりやすくて重宝するのではないでしょうか。
 Q1何のための「大阪都」?
 Q2くらしはどうなる?
 Q3大阪が発展する?
 Q4「二重行政」解消でムダがなくなる?
 Q5「特別区」になれば、住民サービスがよくなる?
 ここから訪問できます。(クリック)
b0142158_1558317.jpg

 今月の初め、浅蜊が手に入ったので酒蒸しにした(ボクがつくったのですぞ!)。とても美味かったので「産地はどこやろな?」なんて話しながら楽しんだ。
 そこで「浅蜊の酒蒸し」を川柳にと詠んでみたのがこの句だった。
 「あさり」と「浅蜊」、どちらがいいなぁ。産地はどこかなぁ。「故郷」には「くに」とルビをつけた。「故郷(こきょう)」と読まれるのは面白くないかな、かといって「ふる里」というのもヘンだしなぁという感覚だったからだ。

 下旬になってまた浅蜊が手に入った。前回と同じように、丁寧に洗って、塩水でしっかり砂出しもした。今回も酒蒸しかなぁと思っていたが、「ナベにしよう」との提案があったので、目先を変えてナベにした。出汁も少し加えてうまくできた。が、すこしジャリジャリする。「まぁいいや」とあまり気にもせず食べてしまった。

 さて昨日、少し日は経ったがこの句をアップしようと思いたった。念のため少し検索してみた。ここから話がヘンになってしまう。

 ググった先から「中国産や韓国産の浅蜊を熊本産と偽装したものがあったので当局が指導した」とか、「蓄養」という方式があって外国産をしばらく蓄養すれば「国産」と表示できるなどの話がでてくるではないか。で、まだ捨てずにおいてあった包装を探してみた。表示には「熊本産」とある。が、生産者は三重県松阪市の業者だ。店名は出ているが、HPを誘導しているのに辿りつかない。小さな業者なのかも知れない。住所を頼りにGoogleMapでストリートビューを見るが店らしい看板も何もない。確かに作業場らしいものは写っているのだが、単なる倉庫のようにも見える住宅街の一角なのだ。
 さらに、ポンプで吸い上げた浅蜊は「砂出しできない」などの記述も見つけた。「少しジャリジャリしたのはそのせいなのか」と勘ぐってしまう。美味かったし、あたったわけでも何でもないから大げさに騒ぎ立てるつもりはないけれど…。

 「浅蜊の故郷を詮索す」とは詠んだが、まさか「原産国」を詮索するつもりなど毛頭なく、話の話として「国内のどこか」を尋ねているつもりの句が、とてもヘンな具合の句になってしまった。苦笑いの極みではある。
 辺野古への米軍基地移転の問題が大きな話題になっています。ボクは関連の報道をず〜っと見守っていますが、余りにも目まぐるしくてこのブログにまとまったことを書く余裕がありませんでした。

 県民を代表する翁長知事に政府・閣僚はまともに応対していません。県民切り捨てと批判されても仕方がないでしょう。辺野古ではコンクリートブロックが投入されて珊瑚の海が大変なことになっています。県民の抗議の声を無視するばかりか、強権をふるい、弾圧も辞さない日々が繰り返されています。海保の横暴極まれりと言いたくなる事態も多発しています。

 ボクは日頃、あまりテレビを見ないのでこんな報道があることに気づいていませんでした。この頃のマスコミ、特にテレビはつまらないという思い込みがあるからです。でも、この番組を紹介してくれた人がおり、訪ねてみました。で、結構がんばる番組もあるんだなぁと新鮮な気持ちになりました。

 ご覧になった方も多いのでしょうが、ボク自身の記録、そしてささやかな紹介をかねてここにアップすることにしました。

 辺野古の海にコンクリートブロック「サンゴ破壊」の現場(報道ステーション)(クリック)

 そもそも“日本の民主主義”と“沖縄の民意”は相いれないの?(クリック)

 絶賛とまではいかなくても、かなり頑張って制作された番組だというのが率直な感想です。
 吉井英勝氏は、口はばったいけれどボクの友人です。元気にわが町で暮らしています。彼が福島原発事故の予見を国会で本格的に指摘・追及したことはある種、ボクの誇りでさえあります。でも、その活躍ぶりも風化するのかも知れないなぁ…と残念に思っていました。
 しかし、soden takaoka氏(この人もボクの友人)がフェイスブックにアップしてくれた2015 年3月11日の記事によって、吉井氏の国会論戦の意味が再確認されたことを本当に嬉しく思っています。とは言え、事態の悲惨さに思いを寄せれば、苛立たしく無念の思いではあるのですが…。
 目新しい論点があるわけではないけれど、この日に、この論考がアップされていたことを評価したいと思います。

 それぞれクリックで読めます。少し長いのですがぜひご一読を!
【特別企画】思い出せ! 安倍首相は福島原発事故の主犯だった!
安倍首相が原発事故前に「全電源喪失はありえない」と地震対策を拒否していた(前)


【特別企画】思い出せ! 安倍首相は福島原発事故の主犯だった!
安倍首相ら“フクシマの戦犯”は責任追及からどう逃げたか? 捏造攻撃、スラップ訴訟も(後)

 他にも重大な課題はあるがな〜とも思いつつ、風化させてはいけないと、このリーフを掲げ続けてきました。
 これからも…続けないとねぇ!
b0142158_2127698.jpg

 で、こんな感慨もあるのですが…!
b0142158_21293064.jpg

 拡大してご覧いただけるといいのですが、できるのかどうか、今はわかりません。