<   2015年 04月 ( 11 )   > この月の画像一覧

b0142158_14534359.jpg

 安倍首相がアメリカで上・下両院議員を前に英語でスピーチをしたという。45分もかかったそうだが、動画で見ると実にたどたどしい。フェイスブックに画像を投稿した人がおられた。上記がその写真だ。

 ボクは思わず笑ってしまった。
 だって、大きな活字で印字した英文原稿の途中に日本語があり、そこには(顔上げ拍手促す)とあったのだから…!
 これはホンモノの写真なのか?と疑いたくなる画像だ。で、読める部分を参考に報道記事を探して見た。あるある!
 英文では
 58 years have passed. Today, I am honored to stand here as the first Japanese Prime Minister ever to address your joint meeting. I extend my heartfelt gratitude to you for inviting me.
 その訳は
 以来58年、このたびは上下両院合同会議に日本国総理として初めてお話する機会を与えられましたことを、光栄に存じます。お招きに、感謝申し上げます。申し上げたいことはたくさんあります。

 報道記事はさすがにこんな手の込んだところは書いていないが、この*印のところに(顔上げ拍手促す)とあったのだ。たどたどしいワケもわかった。一つのセンテンスをぶつ切りに書いてある。
 こんなことなら「日本語で話して、通訳してもらえ!」という厳しい声が充満している。ボクもその通りだと思う。

 だが、笑って済ませないことがある。TBSテレビのニュースにあったこんな解説のことだ。
 安全保障法制については、まだ国会に法案が提出されていませんが、「この夏までに成就させます」「この夏までに必ず実現します」と2回も宣言しました。法案の審議が始まる前に期限を切って成立させると他の国の議会で語ったことは、野党側から「国会軽視も甚だしい」と非常に強い反発を受けるのは確実だと言えます。(30日05:23)
 「安全保障法制」とは日本を海外で戦争する国に変質させる「戦争立法」のことじゃないか。国民の多くは反対しているし、自民党元副総理山崎拓氏や元幹事長の野中広務氏、古賀誠氏ら重鎮とも言うべき方々も手厳しく批判されていることは前にも紹介した。
 まして、法案はまだ国会に提出されてもいない。提出もしていない「議案」を「他国の国会」で、「期限をきって」「成立を約束」するとはどういうことか!

 ボクはこの発言は国民主権の冒涜、国民への侮辱であると思う。
 衆参両院議長はこのような手続きを誤った法案は受理すべきではないと考える。
 単なる「釈明」や言い訳では済まない。言論の府の冒涜だ。
 法案提出の前に安倍首相は辞任すべきだ!

 憤慨に堪えないボクです。
 
 フェイスブックにアップされていた記事です。
 FBにノートをとも考えましたがこちらの方が少し範囲が広いのでこちらから…!

 改憲への危機感から、毎日ブログを書き続けておられるという澤藤統一郎氏の憲法日記からの引用です。

 同氏は昨日、今日から「大阪・夏の陣」が始まる。本日(4月27日)、大阪市の「特別区設置住民投票」が告示になる。これも大きな問題。安倍自民に擦り寄った維新が、「大阪都構想」の実現と改憲への協力をバーターにしているから、看過できない。

 全国的には落ち目の維新だが、大阪での勢いは侮りがたい。いったんは葬られたはずの大阪都構想が、不可解な経過で復活しての住民投票である。もっとも、正確には大阪都を作る住民投票ではない。「大阪市解体」住民投票なのだ。

 400年前の元和元年(1615年)大坂夏の陣の前哨戦の始まりが4月26日。短期決戦で5月7日には落城している。私は、維新の党の落城を期待し、かつ予想している。
と書き起こされ論陣を張っておられます。

 論旨は極めて明快、気持よい語り口だと感じました。
 ぜひ、全文に目を通して欲しいと思います。
 澤藤統一郎の憲法日記(クリック)
 カキコが続いたり、永らく休んでしまったり…。
 曲折を経ながら昨日、全体の訪問者数が77,823人になりました。
 ちなみに昨日1日の訪問者は143人でした。

 実は、内心77,777人の瞬間、ラッキーセブンのゾロ、ゾロ、ゾロ目の瞬間を捉えられないかと期待していたのですが、訪問者数のカウントは一日単位なのでオーバーしてしまいました。

 以前も60000人突破の節目(2014-05-12 )4万人突破の節目(2014-02-04) にも報告してきました。でも、あんまり調子に乗りすぎても…、と思い、8万人まで待とうか?とも考えましたが、一応今日もアップすることにしました。

 ご愛読いただいているみなさん!今後ともよろしくお願いします!
 いっせい地方選挙後半戦が終わりました。良い成績をあげたところも、惜敗に泣いたところもあります。候補者として奮闘されたみなさんをはじめ、多くの方々の労をねぎらいたいと思います!
b0142158_18121356.jpg
 さて、息つく暇もなく大阪市解体をめぐる「住民投票」が告示されました。「反対」と書いてくださるみなさんが多数を占めるよう頑張りたいと思います。
 この度「明るい民主大阪府政をつくる会」が分かりやすい動画を作ってくれました。
 標題は大阪都構想「5つの偽善」です。
 でも、まだアクセス数は少ないようなので、ここでも紹介します。
 いずれも1分少々のものなので是非ご覧いただき、シェアなどもしていただくと良いがなぁ!と思います。
  それぞれ赤い文字のところをクリックしてご覧ください!
b0142158_184361.jpg

Ver 1 大阪都構想 黒字の地下鉄を売りとばす 何のため?誰のため?

b0142158_1852450.jpg
Ver 2 大阪都構想 公立の幼稚園・保育所をみんな民営化??
b0142158_18712.jpg

Ver 3 大阪都構想 「二重行政」解消で4000億円浮くってホンマ?
b0142158_1895643.jpg

Ver 4 大阪都構想 「ブラック企業特区」をつくるって?
b0142158_18104842.jpg

Ver 5 大阪都構想 庶民が育んだ歴史ある大阪を守ろう!
 いっせい地方選挙、後半戦たけなわです。
 ボクもこの一週間、乞われて久しぶりの街頭演説に出かける日々を過ごしています。
 訴えの骨子だけアップしておこうと思います。

みなさんの一票は、日本を絶対戦争する国にさせない、平和を守りぬく一票です!
 朝日新聞では自民党元副総裁山崎拓氏が「今回の安保法制は、米国のいわば『番犬』となるための法整備となりかねない。米国が国連決議なしに中東の紛争に関わる時、『番犬』として自衛隊が巻き込まれるのは馬鹿げている」「他国の戦争に出て行かないことこそ本当の平和主義」と語っています。
 テレビの対談で自民党元幹事長の野中広務氏は「自衛隊を海外へ出したら、必ず戦死者が出る。大変な過ちを犯そうとしている。本当に戦後70年は何だったのか。悔しくて、悔しくて夜も眠れないほど悔しい」と語り、同じく元幹事長の古賀誠氏が「とんでもない法制化がすすめられようとしている。自民党の先生方、何で黙っているんだ。ここで声を出さなければ日本の平和はどうなって行くのか」と応じました。しかし、この声に自民党や公明党、維新の候補者はまともに応えられません。「戦争あかん。平和でないといかん」と言える候補者はいないじゃありませんか。維新の橋下さんも大阪市をぶっ壊す住民投票を「憲法改悪の予行練習」とまで言い切り、安倍さんと意気投合しています。

みなさんの一票はみんなの暮らしを守る一票、大阪・富田林を守り、地方自治を守る一票です!
 安倍さんはアベノミクスと言って経済政策・景気対策を推進しているように見せかけています。でも、彼らの眼中にあるのは株価が上がったかどうかということばかり。肝心の庶民のフトコロ、モノを買う力、購買力があがったかどうかなんて眼中にありません。
 国民は消費税があがり、物価が上がり続けて困っているではありませんか。新聞世論調査では75%の方々が景気回復の実感無いと回答しています。富田林でも市民全体の所得は減り続け。ところが年収2000万円以上の人の所得は増えています。格差がどんどん広がっているのです。

みなさんの一票は住民こそ主人公つらぬき、みなさんのお役に立てる党・候補者を選ぶ一票です!
 先日の朝日新聞折々の言葉欄に「いい専門家とは、いっしょに考えてくれる人のことです」という言葉が紹介されていました。

どうかみなさん 平和のために、暮らしをまもるために、住民こそ主人公を貫き、身近に役立つ人を選んでください
 さて、このシリーズの最終回です。もう一度参加者の写真をアップしておきましょう。
b0142158_11552938.jpg

 左から、浜田さん、松本さん、溝江さん、金さん、ケイさん、立石さん、有川です!

最終回は鶴彬編です!
【ももっち対談】ケイ・シュガーさんの「未来へつなぐレクイエム」5 ・鶴彬編(ゲスト:有川功さん)(クリック)

 溝江さんの文章はコピーして貼りつけようか?とも考えましたが、雰囲気を見ていただくのも良かろうと考え、ブログそのものをアップすることにしました。
 お読みください!(クリック)

 また、話題を変えておつきあいしたい方々と巡り会えて光栄でした!
b0142158_1039424.gif

 溝江玲子さんの「ももっちおばちゃんのラジオお昼便」が毎週水曜日のお昼に「FMわいわい」で放送されています。
 この番組に治安維持法国賠同盟の4人が招かれて【ももっち対談】ケイ・シュガーさんの「未来へつなぐレクイエム」に登場しました。
 前回は小林多喜二編だけをアップしていて、その後の4回分のアップが大幅に遅れました。
 溝江さんの多忙と夫君の体調不良の由でしたが、この度残りの全編も無事アップされました。ここでも、大急ぎでアップします。
 長いのでどうしようかと迷いましたが、5回目の「鶴彬」の件には溝江さんの文章も入手できているので、別途アップすることにして、今回は2、3,4回分をアップすることにしました。

菅野須賀子編です!
【ももっち対談】ケイ・シュガーさんの「未来へつなぐレクイエム」2 (ゲスト:立石泰男さん)(クリック)

山本宣治編です!
【ももっち対談】ケイ・シュガーさんの「未来へつなぐレクイエム」3 (ゲスト:浜田紀男さん)(クリック)

阪口喜一郎編です!
【ももっち対談】ケイ・シュガーさんの「未来へつなぐレクイエム」4 (ゲスト:松本喜久夫さん)(クリック)

 前回にも紹介しておきましたがfmわいわいはとても意欲的で刺激的なローカル局です。ぜひその意のあるところも確認してください。
 FMわいわい(クリック)
 中心になっている金千秋さんもとてもファイトのある素敵な方だとお見受けしました。

 *なお第1回の多喜二編はここから読めます*(クリック)
 今日はいっせい地方選挙前半戦投票日!
 朝から投票に出かけ、午前の所用ひと段落。
 午後に備えてちょっと休憩…。

 安倍さんこわい橋下さんむちゃくちゃ
 
 そんな声が広がっていることを実感する!
 その気分のままに詠んでみた。
b0142158_11413671.jpg

 2015年4月8日!今日はとても寒い!正午になっても室温14度!
 一旦は春らしくアンダーシャツを薄くしたが、たまらず毛糸のセーターを着込むことにした。
 千早赤阪村でカフェ「ウッディハート」を営む義弟がフェイスブックに3枚の写真をアップしていた。「桜と雪のコラボ」だという。見ると、なるほど小雪がつもっている。寒いわけだ。
 友人らしい人からコメントあり。「千早から来るクルマに雪がのっている」という。
 大阪で最も寒い地域の一つではあるが、こんな季節の雪は珍しい。で、義弟がアップした写真の一枚を加工してみた。
b0142158_12593896.jpg
 テラス付近の雪!わかるでしょうか?
 安倍内閣が準備する「安保法制」は戦争立法にほかなりません。「安倍さん、怖い」という声が拡がるのも当然でしょう。
 自民党の元幹事長や元副総裁からも厳しい懸念と批判の声があがっていることに注目したいと思います。
b0142158_10243950.jpg


*本文読みにくそうなので、再掲しておきます*
3月29日のTBS・自民党元幹事長の野中広務、古賀誠両氏
 野中氏は「自衛隊を海外へ出したら、必ず戦死者が出る。大変な過ちを犯そうとしている。本当に戦後70年は何だったのか。悔しくて悔しくて夜も眠れないほど悔しい」。
 古賀氏も「とんでもない法制化がすすめられようとしている。自民党の先生方、何で黙っているんだ。ここで声を出さなければ日本の平和はどうなって行くのか」。
4月4日朝日新聞。自民党元副総裁 山崎 拓氏
 「今回の安保法制は、米国のいわば『番犬』となるための法整備となりかねない。米国が国連決議なしに中東の紛争に関わる時、『番犬』として自衛隊が巻き込まれるもは馬鹿げている」「他国の戦争に出て行かないことこそ本当の平和主義」。