<   2015年 06月 ( 17 )   > この月の画像一覧

 ボクが「みるく世(ゆ)がやゆら」という詩のことをアップしていることを知っていた友人が、中島俊晴さん(ウィーン在住)のブログのコピーを送ってくれました。
 ブログを探すとありました。こんな内容でした。

 みるく世がやゆら
ウィーンは冬に逆戻りしたかのような寒さで、今日は14度しかありませんでした。
ウィーンから遠い東の島、沖縄は6月23日慰霊の日を迎えました。
70年の節目の年です。
高校生の詠んだ詩、『みるく世がやゆら』が僕の心を大きく揺さぶりました。
今の世は平和ですか?
という意味のこの言葉が、何度も何度も繰り返され、そのたびに色々なことを考えました。
痴呆が進んだおじいさんの姉に思いを馳せながら、彼なりの反戦の意思を切々と伝えています。
戦後70年となり、国民の多くは戦争を知らない世代になりました。
ニュースには、これまで重要な役割を果たしてこられた原爆や沖縄戦の語り部さんたちが亡くなられたことを知らせるものも増えました。
今は伝える側も、実際に戦争を体験した世代ではなく、子、そして孫の世代に代変わりしています。
僕のはじめての戦争体験談は、祖母の話でした。
小学校の夏休みの宿題で、ある戦争のお話について読書感想文を書いたとき、ふと祖母に戦争について尋ねたのでした。
いわゆる内地にいた祖母の話は、ふーん。というぐらいにしか聞いていなかったのですが、時間があったらこれを読みなさいと渡されたのが、祖父が寄稿していたビルマ戦線についての手記でした。
そこに書かれていたものは、それまでの僕の世界観をがらりと変えました。
まだ幼いながらに、はじめて戦争について深く考えるきっかけをくれた、そんな一冊でした。
それから何年も経ち、ウィーンに渡って語学学校の隣の席になったマリアンナ。
彼女は、ユーゴスラビア紛争を体験した人でした。
自分の国について話しなさいという課題が出たとき、彼女は堪えきれずに涙しました。
そして、こう言いました。
日本はすごい。戦争から立ち直った。私たちはたくさんあなたたちの国から学ばなければならない。
外国の人はそう思ってくれているけれど、本当に今、戦争から日本が立ち直ったと胸をはって言えるでしょうか。
新しい法案についての記事を読むたびに、本当にそれでいいのか?と考えます。
しないと決めたはずの戦争に、再び向かっているのではないか…。
誰もが持っているそんな不安を、慰霊の日に登場した一人の高校生は、
みるく世がやゆら
という言葉で、代弁してくれているような気がしました。
ウィーンに来て、戦争が身近だった人たちと知り合い、僕の価値観もまた大きく変わりました。
平和は当たり前のものではなくて、守り、反戦の意思を貫いてこそ、はじめて成り立つのです。
この夏は、沖縄の反戦の歌をいくつか歌います。
僕なりの反戦の意思を、その歌に乗せて、伝えられればいいなぁと思います。
これまでの70年が平和だったように、これからの70年、もっともっと長いこの先の未来が、平和であり続けるように、真剣に『みるく世がやゆら』と問い続けなければなりません。
                       2015年6月24日

 中島さんのブログはここです(クリック)
 「みるく世(ゆ)がやゆら」  
 昨日は6月23日。色々な思いの重なる日です。
 ボクは昼間、寺田町で会議と作業。
 夕刻、扇町公園での戦争立法に反対する集会とデモに参加。
 今朝、新聞で読んだこの詩。
 沖縄県全戦没者追悼式で、与勝高校3年の知念捷(まさる)君が朗読したそうです。
 どうしてもアップしなければ…との思いに駆られました。

  「みるく世(ゆ)がやゆら」
                 与勝高校3年 知念捷


   

 みるく世(ゆ)がやゆら
 平和を願った 古(いにしえ)の琉球人が詠んだ琉歌(りゅうか)が 私へ訴える
 「戦世(いくさゆ)や済(し)まち みるく世(ゆ)ややがて 嘆(なじ)くなよ臣下(しんか) 命(ぬち)ど宝(たから)」
 七〇年前のあの日と同じように
 今年もまたせみの鳴き声が梅雨の終りを告げる
 七〇年目の慰霊の日
 大地の恵みを受け 大きく育ったクワディーサーの木々の間を
 夏至南風(かーちーべー)の 湿った潮風が吹き抜ける
 せみの声は微(かす)かに 風の中へと消えてゆく
 クワディーサーの木々に触れ せみの声に耳を澄ます
 みるく世がやゆら
 「今は平和でしょうか」と 私は風に問う
 花を愛し 踊りを愛し 私を孫のように愛してくれた 祖父の姉
 戦後七〇年 再婚をせず戦争未亡人として生き抜いた 祖父の姉
 九十才を超え 彼女の体は折れ曲がり ベッドへと横臥(おうが)する
 一九四五年 沖縄戦 彼女は愛する夫を失った
 一人 妻と乳飲み子を残し 二十二才の若い死
 南部の戦跡へと 礎へと
 夫の足跡を 夫のぬくもりを 求め探しまわった
 彼女のもとには 戦死を報(しら)せる紙一枚
 亀甲墓に納められた骨壺(こつつぼ)には 彼女が拾った小さな石

 戦後七〇年を前にして 彼女は認知症を患った
 愛する夫のことを 若い夫婦の幸せを奪った あの戦争を
 すべての記憶が 漆黒の闇へと消えゆくのを前にして
 彼女は歌う
 愛する夫と戦争の記憶を呼び止めるかのように
 あなたが笑ってお戻りになられることをお待ちしていますと
 軍人節の歌に込め 何十回 何百回と
 次第に途切れ途切れになる 彼女の歌声
 無慈悲にも自然の摂理は 彼女の記憶を風の中へと消してゆく
 七〇年の時を経て 彼女の哀(かな)しみが 刻まれた頬を涙がつたう
 蒼天(そうてん)に飛び立つ鳩を 平和の象徴というのなら
 彼女が戦争の惨めさと 戦争の風化の現状を 私へ物語る

 みるく世がやゆら
 彼女の夫の名が 二十四万もの犠牲者の名が刻まれた礎に 私は問う
 みるく世がやゆら
 頭上を飛び交う戦闘機 クワディーサーの葉のたゆたい
 六月二十三日の世界に 私は問う
 みるく世がやゆら
 戦争の恐ろしさを知らぬ私に 私は問う
 気が重い 一層 戦争のことは風に流してしまいたい
 しかし忘れてはならぬ 彼女の記憶を 戦争の惨めさを
 伝えねばならぬ 彼女の哀しさを 平和の尊さを

 みるく世がやゆら
 せみよ 大きく鳴け 思うがままに
 クワディーサーよ 大きく育て 燦燦(さんさん)と注ぐ光を浴びて
 古のあの琉歌(うた)よ 時を超え今 世界中を駆け巡れ
 今が平和で これからも平和であり続けるために
 みるく世がやゆら
 潮風に吹かれ 私は彼女の記憶を心に留める
 みるく世の素晴らしさを 未来へと繋(つな)ぐ

*みるく世がやゆら 「平和でしょうか」という意味。
*「戦世や…」の琉歌(叙情短詩形の歌謡) 「戦争の時代は終わった。平和の世にやがてなるのだから、嘆くな臣下たちよ、命こそ宝」という意味。
*クワディーサー シクンシ科の大高木。和名モモタマナ(桃玉名)。公園や校庭によく植えられ、木陰は憩いの場となります。
 安保法制=戦争立法の怪!
 国際社会に通用しない概念!
 英訳できない不思議な言葉!
 一体化と駆けつけ警護

 
 安保法制=戦争立法にいう「一体化」の適当な訳語が見つからず、外務省の公式HPではittaikaという言葉がそのまま使われているという報道に接しました。
 ボクは学生時代以来長くナマの英語に接したことはほとんど無く、難しいのだけれど、由々しき事態だと思うので、あえて外務省のHPの該当部分を探して見ました。

 該当部分自体は比較的簡単に検索できます。でも、全文を引用するとなると大変なので、局所だけを書き留めておきます。

 所在は例の「閣議決定」です。
 国の存立を全うし、国民を守るための切れ目のない安全保障法 制の整備について 平成26年7月1日 国家安全保障会議決定 閣議決定
 英訳は次のようです。
 Cabinet Decision on Development of Seamless Security Legislation to Ensure Japan's Survival and Protect its People

 その中に次の節がありました。
 (1) いわゆる後方支援と「武力の行使との一体化」
 1) So-called Logistics Support and "Ittaika with the Use of Force"

 
 文面を拾って行くと何カ所かに、次のような表現が出て来ます。
"ittaika with the use of force" (forming an "integral part" of the use of force)
 どう見ても、ヘンな言葉です。ボクなりの訳でも当たらずとも遠からずのはずですが…。
 "ittaika with the use of force" は 武力行使を持つittaika または武力行使をともなうittaika
forming an "integral part" of the use of forceとは武力行使の「不可欠な部分」を形成する
 と読めます。
 国会のやりとりでは安倍総理や中谷防衛相、岸田外務相らがあれこれ言い訳していますが、英訳してみればどうみても「武力行使」と一体「不可欠」と書かざるを得ず、何とか違いを強調しようとすると、ittaikaなどという造語を弄ばざるを得ないというワケです。

 同じようなことを「駆けつけ警護」という言葉についても発見しました。kaketsuke-keigoとあります。
 こんな具合です。
 "kaketsuke-keigo" (coming to the aid of geographically distant unit or personnel under attack)
 これはどんな意味でしょう?
 coming to the aid of geographically distant unit or personnel under attackつまり、地理的に遠いユニットの援助または攻撃下の人員のところに行く(来る)と読めるのです。
 とても「駆けつける」というニュアンスでないことは明らかです。「遠征」「派兵」そのものではないでしょうか。

 こんな姑息な言葉遣いを誰が「開発」したのでしょうか。国民をたぶらかすのは程ほどにしてもらいたい!改めて強く思った次第です。
 友人が「あなたの名前の本当の意味は?」というコーナーを見つけてきました。
 ボクのニックネームは、子どもの頃からちゃ〜ちゃんです!
 今も、仲間内では通用するニックネームです。
 で、面白半分にちゃ〜ちゃんと入れてみました。
b0142158_1714837.jpg

 ボクには過分の誉め言葉のように読めました。
 因みに「ちゃ〜ちゃん」の由来は以前アップしたことがあります。
 ちゃ〜ちゃんのこと(クリック)
 
 みなさんも試してみませんか?
 本名でも、ニックネームでもOKです!
 でも、幾通りかのパターンがあるはずで、誰かと誰かは同じものが返ってくるのでしょうねぇ!詳細はわかりません。
 所詮は暇つぶしかも…!
 あなたの名前の本当の意味は?
 お名前を入力してください
(クリック)
 今朝、ブログを開いてみると総訪問者数80,009人が記録されていました。ありがたいことです。でも、総訪問者数アクセス数の違いがよくわかりません。

 説明を見ると以下のことが書いてあります。
<訪問者とアクセス数の違い>
 訪問者数(UU)
  一定期間に複数回訪問した人も1人とカウントします。
  1人が5ページ見たら、訪問者数は1。この数値のことをUU(ユ
  ニークユーザー)数といいます。
 アクセス数(PV)
  単純にそのページが表示された回数です。
  1人が5ページ見たら、アクセス数は5になります。この数値のこ
  とをPV(ページビュー)といいます。

 分かりにくいのは、レポートを引いて見ると訪問者数(UU)は明示され、今回は80,009人が訪問くださったということですが、アクセス数(PV)は明示されていないので混同しがちになるということです。きっと総アクセス数は8万人の何倍にも上るのでしょう。

 なお、この欄には
記事別アクセスにつても説明があります。
 前日のアクセスのうち、アクセス数(PV)の多かった記事(タイト
 ル)上位10件を表示します。
 「前の日」「次の日」を操作することで、前日から7日前までの結果
 を表示することができます。

 興味深いのでレポートを見るときは、この記事別アクセスも必ず見るようにしています。コンスタントにトップを占めているのが以下の記事です。
 時々、話題性のある面白そうな記事をアップしたときに逆転することもありますが、新しい記事をアップしなかった日などは必ずと言っていいほど、この記事へのアクセスがトップになります。
 みなさん、心がけに注意されているのでしょうねぇ…!
 共感します!
 腹はたてずに心は丸く!(クリック)
 こんな映画があり、こんな曲があったことを覚えておられるとすれば、あなたはもうご年配です。
 そして、ボクらはもう大人、オジイ、オバアになりつつあります。
 今一度、この映画や曲のことを思い出しながら、若者たちに何かを伝えたくなりませんか?
 若者たち!こんな曲が流行った頃があったのですよ!
b0142158_20454023.jpg

   

 ボクら大人の世代は「戦争を知らない」ながらもベトナム戦争への反対を叫び(少しのてらいはありつつも)ささやかな行動を、懸命に続けていました。

 いま、国会では安保法制の議論が大詰めに差しかかっています。日本を戦争する国へと変質させる由々しき問題です。圧倒的多数の憲法学者が「違憲」と批判しています。
 先日、街頭で若い女性からこんな意見を聞きました。
 「私は若くて、戦争を知らない世代です。でも、ず〜っと戦争を知らない世代でいたいと思います」
 安保法制をめぐる議論のさなかに「18歳選挙権」が確定しました。来夏の参議院選挙から執行されます。
 ボクは若者たちに、心から呼びかけたい!
   戦争を知らぬ世代を永遠に

b0142158_16425652.gif2015/06/17 公式動画
自民党
村上誠一郎議員が涙を流して独白  安倍政権の安保法制を批判

b0142158_16454512.jpg ボクは本当に驚いた。村上氏が頑張っていることは知っていたし、貴重な人だとは思っていたが、本当に義憤の涙を流して語っているではないか

 朝日新聞で自民党元副総裁山崎拓氏が「今回の安保法制は、米国のいわば『番犬』となるための法整備となりかねない。米国が国連決議なしに中東の紛争に関わる時、『番犬』として自衛隊が巻き込まれるのは馬鹿げている」「他国の戦争に出て行かないことこそ本当の平和主義」と語っていました。
 テレビの対談では自民党元幹事長の野中広務氏が「自衛隊を海外へ出したら、必ず戦死者が出る。大変な過ちを犯そうとしている。本当に戦後70年は何だったのか。悔しくて、悔しくて夜も眠れないほど悔しい」と語り、同じく元幹事長の古賀誠氏が「とんでもない法制化がすすめられようとしている。自民党の先生方、何で黙っているんだ。ここで声を出さなければ日本の平和はどうなって行くのか」と応じていました。

 しかし、現役の自民党国会議員がここまで語るのは見上げたものだと思わざるを得ません。
 ボクはとっくりとこの発言を視聴し、記事を読んだのです。いちいち頷ける話で感心しました。
 みなさんもぜひご覧下さい。願わくば「拡散」も…!
 自民党・村上誠一郎議員が涙を流して独白(クリック)
憲法学者に聞いた
    ~安保法制に関するアンケート調査の最終結果

 とても興味深い、考えさせられる資料です!
 これでも安倍氏や自民、公明は強行するというのでしょうか!
 どうやら、維新・橋下氏も相乗りしそうな気配ですが…!
b0142158_0152394.jpg
b0142158_0154118.jpg
b0142158_0155570.jpg
b0142158_0162036.jpg
b0142158_0163529.jpg


 出所はこれです。個々の研究者の意見も読めます!
 憲法学者に聞いた~安保法制に関するアンケート調査の最終結果(クリック)
<FB友達の林 慶照さんがこんなコメと画像をアップしていました>
 安倍首相はポロシェンコ大統領夫妻と共に出席した閲兵式で、昭恵夫人の隣に立つべきところを大統領のマリーナ夫人の隣に立ってしまい、大統領に腕をつかまれ、間違いを指摘された。安倍首相は間違いに気が付いていない様子だったが、昭恵夫人は「やってしまったな」といった表情を浮かべていたという。
b0142158_1015295.jpg

<この吹き出し!セリフがない!挑発的ですよね?>
 で、ちょいとイタズラをして、アップしておきました。
 面白がってくれた方、多少あるようです。
 「いいね!」がたくさんついていました。
b0142158_1017575.jpg
    *画像はクリックで拡大できます*
 履き物と傘の物語
 ご承知の人も多いと思うけれど…!
 そこはかとないユーモア!
 そこはかとないペーソス!
 参ってしまいました!