<   2015年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧

 温ねる(たずねる)とは難しい使い方もあるものだ。どうやら<表外音訓>というもので、普通は「尋ねる」と書くべきもののようだ。
 意味は「おさらいする。ならう」ということのようで、「温故知新」つまり「故きを温ねて新しきを知る(ふるきをたずねてあたらしきをしる)」という用例に通じているらしい。
 ボクはこの一年、ある機関紙の巻頭言を担当することになって、文章の冒頭に各月の異称のうちもっともポピュラーな異称を紹介してきた。長期にわたる連載を覚悟したので、何年かは数多くある異称を紹介し続けることは可能だろうという確信があったからだ。
 幸いにもこの連載は一年で終え、今後は交代で書くという見通しになったので、異称の紹介は中断することになるだろう。
 で、この一年の巻頭言の冒頭に書いたポピュラーな異称の部分だけをまとめることにした。

 正月は年の一番目の月。異称は睦月(むつき)。「互いに往来して睦まじくする月」と言われます。心のこもる互いの交流が始まり、深まる年初めの月としたいものです。

 二月。寒い日々が続きます。冬は「冷ゆ」に、異称如月(きさらぎ)は「衣更着」つまり「着物をさらに重ね着する」に由来するとも言われます。
 その寒さに耐えて頑張る私たちを励ます言葉に「冬来たりなば、春遠からじ」というシェリーの詩の訳と伝えられる言葉があります。

 三月の異称は弥生(やよい)。「弥」にはいよいよ、ますますの意味があるそうです。「草木がいよいよ生い茂る月」とのことですが、十日になっても雪が降りました。でも、庭のツツジやバラには花芽がしっかりついています。雪解けの春です。

 四月の異称は卯月(うづき)。「卯木(うつぎ)の花が咲く月」とされますが、逆に「卯の月」に咲く花だから『卯の花』という説もあります。月々の異称は旧暦のためやや違和感を伴います。まして、八日には六甲山や金剛山で雪と桜のコラボが見られたとあってはなおさらです。

五月の異称は皐月(さつき)。「早苗月(さなえつき)」の略で、早苗を植える月のこと。が、田植えの最盛期は北が早く、南は遅い。沖縄県の三月五日に始まり、遅い所は六月中旬と長期間です。

 六月の異称は水無月(みなづき)でした。梅雨の月、田植えの月です。上代に「な」という言葉は「の」という意味がありました。「水の月」というわけです。この用語法は「水な門(港)」、「水な本(源)」、「目な子(眼)」、「手な心(掌)」などに僅かに残っています。
 さて、もう七月中旬です。異称は文月(ふみづき)。「含(ふふ)み月」の意で稲の穂がふくらんでまだ開かない月とも、七夕に詩歌を供える月とも言われます。

 麦酒や冷酒はともかく、甘酒や焼酎、泡盛まで夏の季語と知って驚いたことがあります。いずれも暑気払いの妙薬というわけなのでしょう。
 八月の異称は葉月(はづき)。一般には「穂発(ほはり)月」のことで、稲の穂を張る月ですが、「葉落(はおち)月」の駱で葉が落ちる月とも言われます。猛暑のさなかですが、季語では秋とされます。

 九月の異称は長月(ながつき)。夜長月の略です。陽暦では10月上旬から11月上旬にあたり、季節感をこめて「菊月」とも称されます。

 十月の異称は神無月(かみなづき・音便かんなづき)。この「無」は水無月の「無」と同じで「の」という意味。「神の月」です。出雲の国に八百万(やおよろず)の神々が集う月です。よく「無」との対称で「神有月」とされますが、「神在月」、つまり神の在す(おわす)月とするのが本来のようです。

陰暦十一月の異称は霜月(しもつき)。「霜降り月」の略です。本来「陽暦では12月頃のこと」でしたが、今は陽暦でも11月の異称とされています。十月に出雲に集まった神々が、それぞれの国に帰るので「神帰月(かみかえりづき)」とも言われます。大阪の初霜は12月5日頃。最も早い記録は36年の10月24日(大阪管区気象台)でした。月も半ばを過ぎると、年末に向かって慌ただしい日々が始まります。

 十二月師走。発音通り「しわす」と書きますが、古語では「しはす」です。由来については「師馳せ」が最有力ですが、他に年が果てる「年果つ(としはつ)」、四季が果てる「四極(しはつ)」、一年の最後に為し終える「為果つ(しはつ)」など諸説があります。広辞苑を見ると、師走坊主、師走比丘尼、師走浪人などはいずれも「落ちぶれてみすぼらしい」僧や尼、浪人のこととあります。安倍政治や維新政治のもとで師走国民、師走府民、師走市民にはなりたくないものですね。
 11月30日の「朝日新聞」の記事を読んで、自民党アベ執行部は、自民党員の気持ちからもかけは離れているのではないか?との大いなる疑問にとらわれました。
 「結党60年を迎えた自民党について、朝日新聞は党員・党友を対象に電話で意識調査を行った」とあり、「電話で全国を対象に」アンケートを実施。「党員・党友と確認できた1245人から回答を得た」としてその結果が掲載されていたからです。
 89万余の党員のうち1245人からの回答という数値は、統計的にみて通常の世論調査より遥かに精度の高い内容だと言えるでしょう。

 その内容を拾ってみると
 憲法改正
  早く実現した方がよい 34%
  急ぐ必要はない    57%
 憲法9条
  変える方がよい    37%
  変えない方がよい   43%
 一番力を入れて欲しい政策(拓一で選択)
  景気・雇用      30%
  社会保障       30%
  原発・エネルギー    6%
  教育          9%
  外交・安全保障    16%
  憲法改正        6%
 安全保障関連法の成立
  「よかった」     58%
  「よくなかった」   27% 
 *同法の国会での議論
  「尽くされた」    28% 
  「尽くされていない」 57%
 党の運営や政策に党員・党友の意見
  「十分反映されている」 28%
  「十分反映されていない」54%
 「国民政党」として、自民党以外も含めて幅広い意見を尊重しているか
  「十分尊重している」  41%
  「十分尊重していない」 44% 
 などの設問と回答の数値が列挙されていました。

 憲法改定に熱をあげるアベ自民党の姿に戸惑っている自民党員がかなりの率を占めていることが読み取れるではありませんか。
 
 キーワードにはこんなことも書いてありました。
 ◆キーワード
<自民党の党員・党友> 年額4千円の党費を納めて構成員になる「党員」と、党の政策に賛同する外部の「党友」があり、いずれも総裁選で投票権がある。党員数は1991年の約547万人がピークで、今秋時点で党員・党友合わせて89万2521人。

 記事のとおりだとすると、この25年間(四半世紀)で自民党員は457万7千余人も減退したことになります。
 アベ執行部の強引な手法ではこの長期低落傾向をくい止めることはとてもできそうにありません。
 国会開会を逃げ回って、自民党員の意向すら耳を貸さずにことを進めるようでは、早晩、自民党の中からさえ、「暴走」との批判が高まるのは必至ではないでしょうか。

 多分読めるだろうと思うので記事の参照先をアップしておきます。
 改憲「急ぐ必要ない」57% 自民60年、党員意識 朝日新聞社調査(クリック)
 自民党員への朝日新聞社調査 質問と回答(クリック)