今日の「しんぶん赤旗」にこんな記事が掲載されていました。
b0142158_16243871.jpg
 そこでこれまでに知られていることや、ウィキペディア「銃剣道」の項に掲載されていることなども含めて若干の検討、紹介をしておきたいと思いました。
 まず、道具です。b0142158_17040548.jpg
 攻撃の道具は「木銃」です。これは戦時中に一番よく用いられたという『三八式歩兵銃』に銃剣を着剣した長さ166㎝の銃の形をした木製の武具が使われます。防具は、左胸や喉を保護する「裏布団」、肩を保護する「肩」が用いられます。
 有効な攻撃は「刺突」のみとされています。これは、旧日本軍が用いた「日本式銃剣術」では、欧米人との体格差を考慮した結果、「突き技」が最も重要視された結果だと考えられています。
 銃剣道の全国組織は「全日本銃剣道連盟」で1956年(昭和31年)に結成。初代会長は旧陸軍大将今村均氏だったそうです。日本体育協会や日本武道協議会にも加盟していますが、積極的な勧誘は行われておらず、自衛官が競技人口の大半を占め、役員の多くも元幹部自衛官、一般部門も元自衛官やその子息が多いなど事実上『自衛官の競技』という状態です。自衛官が災害派遣された場合など人が揃わず大会が中止という事態もたびたび起きてきました。
 中学校への「銃剣道」導入には自衛官出身の国会議員が役割を果たした安保=戦争法強行で「大役?」果たした佐藤正久しは、今年3月15日、自身のオフシャルブログで「受験道を学習指導要領に」と題するカキコミをアップ。義家文部科学副大臣には説明を済ませ、政務三役にも働きかけると述べていました。

「沖縄全戦没者追悼式」で上原愛音(ねね)さんが詩を朗読されました。

青春期の上原さんの詩からは、子どもたちの詩とは一味違う迫力を感じさせられます。


     

b0142158_15423758.jpg
b0142158_15424540.jpg

*ウージ サトウキビ
*パーランクー 手持ちの革張太鼓
*甘藷 かんしゃとも。サトウキビの別名。


b0142158_09240926.jpg

 *一応、経過の報告をしておきましょう*
 一昨日に続いて、昨日は午前中自宅で難行苦行!
 午後は病院にて胃カメラ、そして大腸検査。
 胃カメラの時から鎮静剤を使ってもらったのですぐ眠ってしまい、気がつくと胃の検査は終わっていました。何箇所か組織検査用に摘出されたようです。
 大腸検査の方は、かなり奥までカメラが挿入されるため、あちこちのカーブで突き当り、痛くて思わず「ウン、ウン」と唸ってしまいます。モニター画面で進行が見れるので、その画面を眺めている方が気を散らすことができ、痛覚を抑えられます。ポリープなどがあれば即摘出をお願いしてあったのですが、一箇所も摘出せずに済んだようでした。
 主治医の先生の姿が見えたので、まだボンヤリしつつも「ありがとうございました」と声をかけると「今、結果を説明してもすぐ忘れるだろうから、またにしよう」と言われました。
 一連の検査が終わっても鎮静剤の効果は強く残っておりフラフラします。病院では最低2時間所用のベッドで横になってから帰ることになっています。この2時間がクセものでした。鎮静剤はある種の劇薬のようで、いろいろな夢めいたものを見たり、いろいろなことを考えたりするのですが、体が全く動かせません。こういう薬が濃厚に効くのは歳のせいだろうか?と考えたりしました。
 帰路、ホンの一口のお茶がうまかった。帰宅は遅くなり、念願の夕食だったがまだ鎮静剤の効果が残っているらしいことと、長時間にわたる絶食、排便の結果なのか、うまく食欲がわかない。フラっとする。就寝しても寝付けず今朝まで難行苦行は続きました。もうすぐ、昼食ですが、これで落ち着くかな〜?といった気分です。

 長らくアップしていなかったので、どうしたのか?と訝り、心配してくれた方々もおられるようです。
 申し訳ないことでした。が、当方は一応元気です。
 この間、特筆すべきことをあえて言えば、大阪革新懇、赤旗近畿のページ、大阪民主新報などに依頼されて寄稿したことでしょうか。
 しかし、今日のアップは少々なさけない話です。実は今日から明日にかけて難行苦行を強いられる日なのです。
 一つは先日町内会の会議後、懇談していた時、百円玉位の大きさのクラッッカーをかじって歯が欠けてしまったことです。今日はこの一週間入れていた仮歯を出来上がった本歯に入れ替えてもらいました。そのために半日まるまるかかったのです。
 もう一つは、今日から明日にかけての苦行です。明日は下部内視鏡スクリーニングと、上部内視鏡スクリーニングをうけることです。特に下部内視鏡の方は今日の朝食から食事制限があり、夜にはピコスルアルファー内容液の服用、明朝はモサプリドクエン酸錠の服用に続いてムーベンの大量服用と排便という大げさな準備をしなければなりません。
 こんな準備をしたうえで病院に赴き、スクリーニングを受けるのです。特に病状があるわけでなく、定期検査の一種なので心配はしていませんが、その手順の煩雑さは、慣れているとはいうものの苦行には違いありません。
 と…、ボクには珍しい私事のアップでした。でも、まぁ、同情は不要ですよ!