昨日、2019年5月11日、「管野須賀子を顕彰し名誉回復を求める会」の第7回総会が開かれ、鯵坂真先生による記念講演「幸徳秋水の思想〜大逆事件とその時代背景」があった。詳細なレジメに基づくその講演を聞いてボクは「わが意を得たり」との思いを禁じえず、いささか感想めいた発言をした。
 レジメは「天皇専制主義の明治政府は、この抜群の理論家、抜群の名文家、幸徳秋水を最も恐れ、これを抹殺しようと大逆事件を捏造したのである」との言葉で結ばれていた。先生は「幸徳秋水は片山潜と対立したまま殺された」と言外に生き抜いていたならばきっと和解できたに違いなかったとの確信も述べられた。
 ボクは当該の本を持参していなかったので、不正確ではあったが二つのことを発言した。その文献の一つを紹介しておきたい。
 不破哲三氏の「党綱領の未来社会論を読む」という冊子のことである。「月刊学習」に連載され500円で手に入る冊子になっている。この中に「『共産主義』の言葉は日本でいつ登場したか」というくだりがある。ぜひ、お読みいただくようお勧めする。
 引用しておきたいのは「20世紀に入ると、マルクスの理論を本格的に吸収して未来社会を論じる画期的な著作が世に出るようになります。1903年(明治36)、ほぼ同じ時期に出た幸徳秋水『社会主義神髄』と片山潜『我社会主義』はその代表的なものですが、『生産手段の社会化』を土台とした未来社会のとらえ方などは、幸徳秋水の著作の方が、マルクスの未来社会論をより正確にとらえていました」としたうえで、幸徳と片山の略歴を紹介。幸徳が「資本論」、「共産党宣言」、「空想から科学へ」を英文で読み、「社会主義の中心問題は『一切の生産機関を公有にし、一切の産業を管理する』ことにある」としていたことなどを詳しく紹介されていることです。
 不破氏が「幸徳と片山が相容れぬ立場をとっていた」ことを承知の上で、「生産手段の社会化・未来社会のとらえ方」について「幸徳の方がより正確にとらえていた」と明言されていることにボクは素直な興奮を覚えていました。これが発言の第1のポイントです。
 第2のポイントは、幸徳が直接行動派であり、片山が議会政策派であり、意見・見解を異にしていたという点についてです。確かに二人は見解を異にしていたと言えるでしょう。が、後のアナ・ボル論争に見られたようなアナーキスト、そしてつい最近まで見られたような極左冒険主義と同類のものとして「直接行動派」を見るべきなのでしょうか?
 ボクは当時のつまり「初期社会主義」の特徴、限界をここに見るべきだろうと思います。未分化の初期社会主義を特徴づけるならば確かに「直接行動派」、「議会政策派」と分類できるかもしれないが、それ以前に「どちらも社会主義を標榜していたこと」をしっかり掴むことが大事ではないかと考えるのです。
 そして、そこから演繹されることは「大逆事件」の再評価です。「直接行動派だからあんな短絡的なことをした」「幸徳秋水も一枚噛んでいた」という批判は当たらないのではないでしょうか。ボクは大逆事件を後のアナーキーな行動、極左冒険主義者の妄動と同列において敬遠することを差し控え、正当な評価に立ち返ることを願ってやまないのです。


 昨日は5月1日、メーデーの日だったがマスコミは新元号「令和」の発効、天皇「代替わり」の報道に明け暮れていた。「忖度」したのであろうか、批判的な言辞はほとんど無かった。その中で「しんぶん赤旗」は「天皇『代替わり』儀式の問題点 識者に聞く」と題する特集を組んでいた。唯一、正面から取り上げた報道だったといっても過言ではないだろう。
 語っているのは島薗進氏(宗教学者・上智大学特任教授)と中島三千男氏(歴史学者・神奈川大学名誉教授)のお二人である。FBには全文をアップしてくれた方がおられたのでシェアしておいたが、長文なのでここにはアップしない。雰囲気だけは画像で引用しておく。
b0142158_11280960.jpg
 中島氏は「4月1日の新元号『令和』の決定・公表過程にみられるように、天皇『代替わり』関連の儀式・行事を政権の絶好の浮揚策として、最大限に利用しようとしています。まさに天皇の政治利用、一政権による天皇の私物化といえます」と喝破されている。
 島薗氏は「皇室祭祀を公的なものとするのは、信教の自由と政教分離を定めた憲法20条に反します。現憲法の下では、特定の宗教や信念体系が国民に押し付けられてはならないのです」と批判するとともに、日本会議などの運動に触れ、「歯止めとして、思想・良心の自由を保障した憲法19条、それと結びついた20条、公金の宗教団体への支出を禁じた89条があります」と述べておられる
 で、該当の条項を復習しておきたい。先ず、19条と20条だ。
 第十九条には「思想及び良心の自由は、これを侵してはならない」とある。
 第二十条は3項からなっており「信教の自由は、何人に対してもこれを保障する。いかなる宗教団体も、国から特権を受け、又は政治上の権力を行使してはならない」との第1項に続いて「2 何人も、宗教上の行為、祝典、儀式又は行事に参加することを強制されない」、「○3 国及びその機関は、宗教教育その他いかなる宗教的活動もしてはならない」とある。
 さらに第八十九条では「公金その他の公の財産は、宗教上の組織若しくは団体の使用、便益若しくは維持のため、又は公の支配に属しない慈善、教育若しくは博愛の事業に対し、これを支出し、又はその利用に供してはならない」と明記されている。
 マスコミの狂乱ぶりを苦々しく受け止めざるをえなかったボクは、両氏の危惧を真正面から受け止める必要があると痛感した。
 曰く、「戦後の変革、『国のかたち』の転換の意味をあいまいにすることにつながるこうした動きに対して、私たちは厳しい目で見つめる必要があると思います」中島氏。 
 曰く、「戦前、天皇崇敬が猛威を振るった時代の記憶が薄れゆるみが出ている。あらためて歴史を認識しなおすことが求められています」島薗氏。


 ブログに以下の記事をそのままアップしたところ、クレームがつきました。「著作権」にかかわることでした。迂闊でした。お詫びします。
 再度、「使用許諾」について問い合わせたところ以下の方法なら許されるとのことでした。お詫びして、指示に従いURLをアップしなおします。

 以下をクリックして記事をご確認ください!
 https://digital.asahi.com/articles/ASM4D4J8FM4DPTIL015.html?iref=pc_ss_date

 今朝の朝日新聞大阪、東部・河内版に上記の記事が載っていた。富田林署といえば昨年「拘置所からの逃亡」で物議をかもした警察署だ。功を焦っているのかもしれないが、自己資金を下ろしたからと自動的に警察へ通報させるのは頷けない。ちょっとやりすぎでは無いのか?と疑問と批判の声があがっても当然だろう。ボクとしては全く頷けない!


b0142158_14255730.jpeg
 我が家のひと隅に変わった花が咲いている。朱色の花びらに黒い枠がついている。その真ん中に別の花かと見まがうような黄色い花がある。離れてみると別の花のように見える。近づいてよく見るとその花々全体が一つの花だ。
 何の花かわからないので調べてみると、スパラキシスという花らしい。アヤメ科の花で、和名はスイセンアヤメと言うそうだ。
 我が家の花は上のとおりだが、色合いは数種あるらしい。南アフリカ原産の秋植え球根だということだ。大事にしなければ…!


b0142158_11301260.jpg